• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • アール医療福祉専門学校
  • 他の先生・教授一覧
  • 学外実習の多さがアールの特長。自分の意見をしっかり言える学生を育てたい。

茨城県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/茨城

アールイリョウフクシセンモンガッコウ

学外実習の多さがアールの特長。自分の意見をしっかり言える学生を育てたい。

高田 祐先生
私が授業で心掛けているのは、「自分の考えを相手に伝える機会を増やす」ということです。教員からの一方通行にならないよう、4人一組のグループワークで課題に取り組み、ディスカッションをして自分達の意見をまとめるという形式でえ授業を行っています。はじめは消極的な学生もいますが、こちらから声を掛け、学生との距離を近づけて、まずできたことに対して評価するという指導をしています。1年次から授業を通して、受身ではなく自分の意見を述べられるようになれば、自信がつき、3年次11月から始ます臨床実習でも積極的に取り組めるはずです。私はアールでの授業の他に、介護老人保健施設で理学療法士として働いています。1年次のうちから現場を学生に見せて、職業意識を高めるということを行っています。学校で学んだことを実習先で理解し成長していきますが、時には課題解決に悩み、夜中でも私に相談の電話をしてくる学生もいます。実習先から戻ってくると、達成感や自己肯定感に満ちて、目が変わります。アールはそうした学外学習の場が多いですね。1年次から、ボランティア活動や地域イベントで様々な経験ができます。楽しいことばかりではなく、苦労することもたくさんあります。しかし、その分成長できる学校なのです。実習生がお世話になる病院や施設には、たくさんの卒業生がいます。卒業生が、後輩である学生の指導者として直接触れ合う場にもなっており、共に成長していく姿を見ることができるのが何よりの喜びですね。
アール医療福祉専門学校(専修学校/茨城)