• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 新潟医療福祉カレッジ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 社会福祉科

新潟県認可/専修学校/新潟

ニイガタイリョウフクシカレッジ

社会福祉科

募集人数:
30人

ifで大学生になれる!福祉ニーズが高まる今、社会に求められる国家資格「社会福祉士」を目指します

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

目指せる仕事
  • 児童指導員

    児童福祉施設での“親がわり”

    児童指導員は、養育放棄などのさまざまな事情で入所してきた子どもたちやしつけや学習指導、生活上のアドバイスを行う。また、児童相談所や子どもの通学する学校との連絡や、子どもの引き取りをめぐって親と連絡をとったり、面接をするなど、子どもの養育と社会関係の調節も必要な仕事。

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • ケースワーカー

    社会生活上、困っている人に相談・助言を行う

    障害者、児童、高齢者など、地域で福祉サービスを必要としている人の相談に乗り、保育所などの福祉施設の入所や生活保護を必要とする人への適用手続きをすることなどが主な仕事。各地方自治体の福祉事務所で相談・援助の第一線で勤務する公務員のことをケースワーカーと呼ぶ。

  • 医療ソーシャルワーカー

    患者が社会復帰するための援助・助言をする

    入院患者やその家族が直面するさまざまな問題解決のための援助を行う。例えば保健や治療費の減免制度活用の援助、患者とその家族の人間関係の調整、受診・受療を促進するための心理的・社会的援助、退院後の福祉施設の選定や在宅ケアサービスの調整など、患者やその家族の話に親身になったアドバイスを行う。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

  • 福祉・介護職員

    食事、入浴からレクリエーションまで、要介護のお年寄りや障害者の生活を支える仕事

    介護が必要なお年寄りや障害者に対して、食事、入浴、排せつ、衣服の着脱、移動などのサポートをする。さらに散歩や買い物の援助、レクリエーションの企画・実施など仕事の内容は幅広い。老人福祉施設や障害者福祉施設などに就職して、入居者をサポートする場合もあれば、訪問介護サービス事業者に就職し、利用者の自宅でサポートを行う場合もある。

初年度納入金:2017年度納入金(参考) 97万円  (教科書、教材、行事費等別途必要/併修する場合は併修費用別途必要)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

専門学校に通いながら、大学卒業と国家資格『社会福祉士』取得を目指します
日常生活に問題を抱える人の相談に応じ、援助を行うソーシャルワーカー。その国家資格である「社会福祉士」を目指して学びます。卒業後、社会福祉専攻科(2年制)に進み、同時に東北福祉大学(通信教育部)との併修制度により無試験で3年次に編入でき、大学卒業と社会福祉士国家試験の現役合格を目指します。

授業

安心できるifの社会福祉士国家試験受験対策
社会福祉科と社会福祉専攻科を合わせた4年間で、社会福祉士国家試験に合格するために必要な知識をしっかり学ぶことができます。ifの国家試験対策授業を担当する先生は、全員が社会福祉士。専門知識や自らの経験に基づく対策授業で、国家試験対策も万全です。
1年生から社会福祉に関わる専門的な知識や技術が学べる!
ソーシャルワーカーの基本的な知識や技術を習得していくためには、早めの学習が大切です。社会福祉科では1年次から福祉の授業を多く取り入れているので、専門知識や技術を早期に習得できます。さらに、「福祉住環境コーディネーター検定試験(R)」「手話技能検定」など、併修前から福祉系の資格も数多く取得可能です。

卒業後

専門分野への就職を叶える手厚い支援体制
クラス担任と就職課が連携して就職情報をタイムリーに提供するので、進路選択がしやすく、福祉分野への確実な就職を目指すことができます。また、ビジネスマナーの授業や面接練習などの就職指導を行い、就職活動の不安を解消しています。

クチコミ

明るくて一生懸命な大切な仲間に出会えたif
社会福祉士の合格率が良かったことと、雰囲気の良さでifを選びました。頑張りたい人にとっては、一生懸命やれる環境が整っています。親身な先生、同じ目標を持った仲間と出会えるのもいいところ。国家試験前の大変な時期を乗り越えられたのも仲間と先生の存在が大きいです。(児童指導員/社会福祉専攻科 2013年3月卒業)

イベント

社会福祉科のミニ授業が体験できるオープンキャンパスを毎月開催
<ifのオープンキャンパス 5つのメリット>【1、1年後の仲間と出会える! 2、先生・先輩と距離チカになれる! 3、ifの校舎で授業が体験できる! 4、入試のおトク情報がGetできる! 5、ifの先生や先輩になんでも相談できる!】 詳しい日程や内容は学校HPへ。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 社会福祉士<国> (※) 、
    • 社会福祉主事任用資格 (※) 、
    • 児童指導員任用資格 (※) 、
    • 手話技能検定 、
    • 福祉住環境コーディネーター検定試験(R) 、
    • NPO日本教育カウンセラー協会認定ピアヘルパー 、
    • ビジネス文書検定試験 、
    • 秘書技能検定 、
    • 日本漢字能力検定

    知的障害者福祉司任用資格(※)
    精神保健福祉相談員任用資格(※)
    福祉事務管理技能検定
    (※)社会福祉専攻科に進み、東北福祉大学通信教育部を併修することで受験資格が取得可能

就職率・卒業後の進路 

目指す就職先:老人福祉施設、障害者福祉施設、児童福祉施設、医療機関、社会福祉協議会、福祉行政機関など

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒950-0911 新潟市中央区笹口2-9-41
TEL/0120-42-2033 フリーコール
info@if-college.com

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新潟市中央区笹口2-9-41 「新潟」駅から徒歩 約1分

地図

 

路線案内


新潟医療福祉カレッジ(専修学校/新潟)