• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 横浜栄養専門学校

神奈川県認可/専修学校/神奈川

横浜栄養専門学校

ヨコハマエイヨウセンモンガッコウ

学校photo

栄養について楽しく学びながら“食のスペシャリスト”をめざす!

栄養士として必要な基礎教育や実験実習を重視したカリキュラムと、実践経験が豊かな講師陣により、即戦力となる栄養士を育成。集団実習やイベントなどがあり、クラス全員で協力しながら楽しく学習していきます

横浜栄養専門学校の特長

実践力重視!実技科目重視のカリキュラムで実務的な力を確実に身につける

食の関心が高まるなか、食についてのさまざまな知識・技術が要求される栄養士。1年次では基礎的科目である栄養学・食品学及び、実験や調理に関わる実習科目を規定時間より多く学び、しっかりとした基礎力を体験的に身につけます。2年次には病院や事業所、福祉施設などで給食管理校外実習を2週間たっぷり行い、実際の仕事を体験。他にも管理栄養士<国>の受験に必要な科目を取り入れた授業や実務に直結した献立作成、ホテルでのテーブルマナー講習会など、将来役に立つ実践的なカリキュラムが組まれています。

管理栄養士の受験対策や就職のバックアップも万全。個別指導でしっかりフォロー!

1年次から学生の希望調査や適性調査をしっかり行い、学生ひとり一人を確実に把握。個別に面談を行い、常に学生の立場に立った就職指導を行っています。常時開放している就職相談室には、いつでも自由に閲覧できる企業別・過去の採用試験問題等のファイルのほか専用のコンピューターを設置し、企業情報などの情報もリアルタイムで入手可能。また、卒業後の転職や再就職もサポートし、管理栄養士をめざす卒業生を対象とした管理栄養士国家試験受験の対策講習会なども実施しています。

幅広い年代の仲間と共に学ぶ!ひとり一人の絆を感じる学生生活

調理実習や集団給食実習など、クラス全員で協力しあって一つの事を成し遂げることが多い学校生活。高校卒業後そのまま入学する人・短大卒・4年制大学卒・社会人経験者など、さまざまな年代の仲間と共に学ぶことで、実際の勉強以外のことも多く学ぶことができます。入学後すぐに行われるバーベキュー大会は「学生同士が交流でき、先生との距離も近くなる」と大好評。ひとり一人の講師が進路や勉強のことはもちろん、個人的な相談まで快く引き受けてくれる、アットホームな雰囲気の校風です。

横浜栄養専門学校の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】125万6000円(入学金20万円、施設費20万円、授業料63万円、実験実習費22万6000円)※その他の費用として学用品代、傷害保険料、校友会費など2年間で約20万円(2016年度参考)が必要。

問い合わせ先・所在地・アクセス

横浜栄養専門学校

〒240-0035 神奈川県横浜市保土ケ谷区今井町1447-1
TEL:045-351-0514

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県横浜市保土ケ谷区今井町1447-1 「東戸塚」駅から西口発バス 5分
「東戸塚」駅から徒歩 20分

地図

 

路線案内

横浜栄養専門学校(専修学校/神奈川)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    授業の5割が実習と実験。実践を意識したカリキュラムが、未来の「栄養士」を育む。

  • Photo

    世界初の栄養学校!栄養バランスも良く、心から美味しいと思う食事を提供する栄養士に

  • Photo

    「食と栄養と健康」のスペシャリストの養成校

  • Photo

    校内・校外の実習で栄養管理、給食管理を学び、卒業後は即戦力となれる栄養士へ!

  • Photo

    授業・実習をエンジョイしながら、国家資格「栄養士」を取得、将来有望な食のプロに!

  • Photo

    一流の栄養士・調理師・パティシエになる。学習環境と食材にこだわり「食育」を実践!

  • Photo

    実践重視の授業で、9年連続就職率99%超。管理栄養士科・栄養士科の2学科を設置

  • Photo

    医療、福祉、スポーツの場で健康に貢献する管理栄養士・栄養士、即戦力の調理師を育成

  • Photo

    みんなの健康を支える知識と技術を磨こう。実践重視で、実力ある「栄養士」を育成!

  • Photo

    日本・中国・西洋料理から製菓や給食まで、幅広く学び、世界に通用するシェフになる!

次へ