• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 全日本ウィンタースポーツ専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • スキー専攻科・3年制

新潟県認可/専修学校/新潟

ゼンニホンウィンタースポーツセンモンガッコウ

スキー専攻科・3年制

募集人数:
10人

スキーのプロフェッショナルを目指す!

学べる学問
  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

目指せる仕事
  • テーマパークスタッフ

    夢を与えるテーマパークの顔として接客する

    各地にあるテーマパークの中で働くスタッフ。受付案内や切符販売、乗り物を動かしたり、誘導したり、人員整理を行ったり、飲食物を販売したりと、各テーマパークによって仕事内容はさまざま。ただしどの仕事においても、そのテーマパークのスタッフとしてのイメージを崩さないことが大事。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

  • スポーツプロモーター

    観客が喜ぶ企画を実現するスポーツイベントの仕掛け人

    さまざまなスポーツの国際試合や、ボクシングのタイトルマッチなど、観客が喜ぶ大きなスポーツイベントを企画し、実現にむけて活動する。団体や選手との交渉から、開催場所、日時設定、宣伝方法など、成功させるためにやらなければならないことはたくさんある。

  • スポーツジャーナリスト

    スポーツをテーマに報道する

    スポーツに関わる色々な話題を独自の切り口で報道する。選手や試合を取材し、雑誌の原稿を書いたり、本を出版したりする。この仕事は取材力が重要で、自分なりの興味・関心を追う中で、選手や関係者との人脈を作ったり、専門知識を身につけていく。

  • プロスポーツ選手

    専門のスポーツ競技の分野で、自分の実力で勝負

    プロ野球、サッカーのJリーグ、ボクシングやゴルフなどプロスポーツの世界はさまざまな分野がある。どの分野でやるにしても、スポーツでお金を稼ぐということは並大抵のことではない。憧れの大きい分、競争社会であり、実力次第で天と地の差がはっきりでる。でもスター選手を目標に頑張るだけの価値がある魅力的な仕事だ。

  • スポーツ雑誌編集者

    スポーツ雑誌を編集する

    スポーツ雑誌の記事を企画をし、取材・記事づくりなどの編集作業に携わる。選手へのインタビューや試合の速報、そのスポーツが上達するためのアドバイスなど、取り上げる話題は雑誌によって多岐にわたる。ライターやコラムニストに転身する人もいる。

  • スポーツ雑誌記者

    スポーツ業界の動向をいち早くキャッチし、最新情報を盛り込んだ記事を書く記者

    サッカー、野球など特定のジャンルに密着して取材・原稿執筆を行う場合が多い。常に業界の動向を把握しておくことは最低限必要。選手やそのほか関係者と信頼関係を築き、より深い話を引き出すコミュニケーション能力、フットワークの軽さも大切な素養である。

  • 監督・コーチ

    スポーツ選手の強みや弱みを把握し、勝てる選手になるよう鍛え、試合を導く

    野球やサッカー、バレーボールなど、プロおよびアマチュアスポーツの監督・コーチとして、選手の育成や試合の指導を行う。医学やスポーツ科学など科学的なアプローチのし方から、メンタル面の支援など、幅広い知識と経験も問われる。個々の選手の強み・弱みを把握し、より強くなるよう指導したり、「勝てる」試合運びを指導したりする。Jリーグでは日本サッカー協会が認定する指導者資格(コーチライセンス)のS級を取得していないと監督になれないなど、競技によって、コーチ育成のための研修・資格認定を受ける必要があることも。

  • スポーツ審判員

    各種競技によって審判員制度がある。実績を積みながら大きな試合の審判員へと成長する。

    野球やサッカー、バレーボール、テニス、柔道など競技によってそれぞれ審判員の制度があり、資格を取得して審判を行う。中には弟子入りして修業を重ねるものもある。ただし、スポーツ審判員を主な収入源として仕事にできるのは、プロ野球、相撲、一部の格闘技、競馬・競輪の判定程度。ほとんどは本業を別に持ち、ボランティアとして協力するのが一般的。とはいえ審判員の経験や知識は重要で、実績を積みながら次第に大きな試合の審判へと成長する。ちなみにプロ野球の場合は、セ・パ両リーグがそれぞれ不定期で採用試験を行う。

初年度納入金:2017年度納入金 126万円  (別途実習費などが必要となります)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

確かなスキー技術と深く幅広い専門知識を身につける
3年間の競技力向上トレーニングによって全日本スキー選手権大会出場レベルの競技力を習得します。あわせて、マテリアル・チューンナップ・滑走技術などについての専門理論、イベントの企画・運営等でスキー業界に求められる専門技能を身につけ、インターンシップや企業研修を通じて業界就職を実現します。

先生

学生とともにウィンタースポーツ業界を支えていく、強い意思を持った熱い先生による指導
様々な大会への出場経験や、指導現場での経験を持ち、スキー業界の最新の情報を持った先生による充実の直接指導で、技術だけではなく、業界で活躍するための意識や心構えなど、職業人として必要な姿勢についても学びます。

実習

最新の業界情報やニーズを肌で感じ、社会との交流によって人間力を身につける充実の実習
スキー場やメーカー・ショップでのインターンシップ実習、企業訪問研修、地域イベントへの参加、大会企画運営ボランティア、インストラクター実習、バックカントリー実習等の多彩な実習で、即戦力としての知識・技術にあわせ、ビジネス感覚を身につけます。

資格

指導者、ビジネスの両サイドから資格取得をし、活躍の場を広げます
SAJ公認スキー準指導員やC級検定員など指導者として必要な資格を取得するとともに、SAJ公認スキーパトロールや販売士検定、S・B・Bバインディング認定整備技術者資格、各種パソコン検定、実用英語などスキー場やショップへの就職を有利にする資格取得を目指します。幅広い資格取得をすることで、活躍の場を広げます。

施設・設備

専門技術を身につけるための充実の環境
新潟県妙高のスキー場を中心に、種目に合わせたスキー場で雪上トレーニングを約5カ月間実施し、競技力向上を目指します。校舎には、チューンナップ&ワクシング専用ルームやマテリアルルーム、持久力・筋力・コンディショニングなどそれぞれ専用トレーニングルームを完備し、専門技術向上をサポートします。

雰囲気

全国各地から熱い気持ちを持った良きライバルが集結
時には良き理解者、時には良きライバル。自分一人ではできないことも仲間と切磋琢磨することによってやり遂げられます。また、身長をはるかに超える程の積雪がある妙高での学生生活を通じて、自然の厳しさを知り、人間として大きく成長することができます。

募集コース・専攻一覧

  • アルペン

  • インストラクター

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 公認スキー指導員 (準指導員) 、
    • 公認スキーバッジテスト (テクニカルプライズ・クラウンプライズ)

    スキーパトロール
    バッジテスト検定員
    C級コーチ
    セッター
    日本赤十字社救急法救急員
    日本商工会議所販売士検定3級
    OA資格 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    スポーツショップ 、 リゾートホテル 、 スキー場 、 スキー・スノーボード雑誌社 ほか

※ 想定される活躍分野・業界

スキー競技者・メーカー所属ライダーとして活躍する卒業生も輩出しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒949-2219 新潟県妙高市原通76
TEL:0120-707-630(フリーコール)JWSC進路サポートデスク

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県妙高市原通76 「関山」駅からタクシー4分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

全日本ウィンタースポーツ専門学校(専修学校/新潟)