• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 西武文理大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 吉田 有里さん(看護学部/保健師)

私立大学/埼玉

セイブブンリダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

保健師  として働く  吉田 有里さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

保健師に大切なのは、相手の意見や考えを聞きながら信頼関係を築いていくこと!

この仕事の魅力・やりがい

地域の方々の病気予防や健康を保持・増進していくこと、心身に障がいのある方の生活を支えるのが保健師の役割です。看護師と異なり、保健師は健康な方も対象で、行政や病院、学校、民生委員などと連携して住民の情報を共有していきます。卒後2年目の私の主な仕事は担当地域の乳幼児訪問や成人訪問、がん検診などの受診促進のための活動です。中でも訪問の仕事で大切にしていることは、保健師の立場だけで物事を考えるのではなく、ケアを必要とする方やその家族の意見を聞きながら最良の方法を見つけることです。定期的に訪問しお話をすることで徐々に心を開いていただき、信頼関係が築けたと実感できたときに、この仕事にやりがいを感じます。

保健師として働く吉田 有里さん

相手の立場になって一人ひとりの話を聞いていきます!

保健師として働く吉田 有里さん
後輩への応援&アドバイス

学生とアットホームな教員との距離に安心感があります

後輩への応援&アドバイス

看護の勉強をするなら保健師の資格も取得したいと考えるようになり、西武文理大学を選びました。何度か参加したオープンキャンパスで先輩の優しさにふれ、安心して学べると思ったことも大きな理由の一つでした。看護師と保健師の両方の資格を取得するのは簡単ではありません。しかし、西武文理大学では早い時期から国家試験に向けての講習が行われるなど、国家試験対策がしっかり取られており、サポート体制も万全です。また、学生と教員との距離が近く、気軽に相談できる環境が学習意欲を高めてくれ、看護師になる、保健師になるという意欲を持ち続けて目標を達成できる大学です。

これからかなえたい夢・目標

先輩からの的確なアドバイスはとても勉強になります

これからかなえたい夢・目標

保健師の仕事は幅広く、ケアを必要とする方を訪問するだけではなく、多くの方にがん検診などを受けていただくためにチラシを作ったり、健康に関する講演会開催のための準備もします。今は、一つひとつに取り組み、仕事を覚えることに集中しています。一人では解決できない困難なケースなどがあっても経験豊富な先輩方に相談にのっていただき、いつでもアドバイスをいただくことができます。このような恵まれた環境で、私自身も様々な経験を積んで、早くケースワークを一人でもスムーズに行えるようになりたいと思います。そして、地域住民の方々から頼られる保健師になりたいです。

プロフィール

吉田 有里さん のプロフィール

毛呂山町保健センター 勤務/西武文理大学看護学部/2016年3月卒/埼玉県立松山女子高等学校出身。医療系の職業に興味を持っていた吉田さんが看護師を意識し始めたのは高校1年生のとき。「『看護1日体験』に参加し、看護師さんと安心しきった表情で話しをされている患者さんの姿を見て、看護師の仕事に感動したのがきっかけです」。目標を高くかかげ、看護師と保健師2つの資格取得を目指そうと考えた吉田さんは、「学ぶことも多く大変な時期もありましたが、先生方の手厚いサポートのおかげで目標を達成でき、今の私があるのだと感謝しています。振り返ってみると大学4年間は、安心して学習に没頭することができました」。

この先輩が卒業したのは…

西武文理大学 看護学部

学校イメージ

臨地実習で実践力を養う

西武文理大学看護学部では、看護の対象となる人を一人の人間として理解し、おもいやり、支えるために、ホスピタリティ教育を基盤として豊かな人間性を育み、専門的な知識と技術に裏付けられた的確な判断力と問題解決力を身につけた看護職を育成します。看護の現場を体験する臨地実習は、1年次から段階的に実施しています。1年次後期「基礎看護実習」、2年次後期「看護援助実習」、3年次以降は8つの専門領域の実習を通して実践能力を培います。また、少人数の学生に対して、1名の教員がつき指導にあたるアドバイザー制度を導入し、きめ細かいフォローアップ体制の中で、学生の学びを支援しています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

西武文理大学(私立大学/埼玉)