• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 九州保健福祉大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 壱岐 昌広さん(社会福祉学部 スポーツ健康福祉学科/体育教師)

私立大学/宮崎

キュウシュウホケンフクシダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

体育教師  として働く  壱岐 昌広さん  にインタビュー!

  • 教育業界
  • 公務員業界
  • 教育系専門職
  • センスを表現するのが好き
インタビュー

妥協せず、常に全力投球。失敗を恐れず、新しいことに挑戦し続けることで成長できる

この仕事の魅力・やりがい

中学校の個別支援学級で2年生の担任をしています。この仕事の魅力は“子どもの成長とともに、自分自身も成長できること”。子どもとの関わりを通じ、試行錯誤を繰り返しながら、めざす教師像を追求しています。子どもは、私たちが思っている以上に教師のことを見ていますよ。たとえば日々の授業など、事前にきちんと準備ができていなかった時は、話を聞いてくれないこともありました。しかし、子どものことをしっかりと考えて入念に準備をすると、積極的な姿勢を見せてくれるのです。子どもは教師の鏡ですね。一人ひとりの個性や性格を理解し、それぞれに合ったやり方を考えることは難しいことですが、同時に強いやりがいを感じています。

体育教師として働く壱岐 昌広さん

スポーツや身体を動かすことの楽しさを伝えたい

体育教師として働く壱岐 昌広さん

私の学生時代!

教育の奥深さと面白さを学んだ4年間。在学中は教員養成課程で学ぶとともに、ゼミでは高齢者スポーツの研究に取り組みました。学外での実践の豊富さに惹かれて所属したゼミでしたが、高齢者スポーツについての理解が深まるほどに、将来、教師として子どもたちの教育に取り組むには、より子どもに特化した知識が必要なのではないかと考えるようになりました。やがて進学について悩むようになった私の背中を押してくれたのがゼミの先生。先生の「何事も、まずやってみなさい」という言葉が大きな後押しとなり、大学院への進学を決意できました。九州保健福祉大学の魅力は、学生一人ひとり対して親身になってくれる先生の存在だと思います。

これからかなえたい夢・目標

目標は“子どもとの距離が近い教師”になること。信頼関係を築き、子どもにとって近い存在であることで、子どもの可能性をより引き出せるのではないかと考えています。子どもの自発的な挑戦を促すことができる教師になりたいですね。そのために心がけているのが、教師になった時の初心を忘れないこと。「何事も、まずやってみる」という姿勢、そして妥協しないこと。経験を積み、仕事の流れが分かると、余裕ができる分つい手を抜いてしまいがちですが、子どもは教師のそうした姿勢を敏感に察知します。だから私は常に全力投球。その分失敗も多いですが、新しいことに挑戦しながら子どもの反応を見て、という試行錯誤はとても楽しいですよ。

プロフィール

壱岐 昌広さん のプロフィール

横浜市立上白根中学校勤務/社会福祉学部 スポーツ健康福祉学科/2012年3月卒/九州保健福祉大学を卒業後、より子どもに特化した学びを深めたいと日本体育大学大学院へ進学。さらに学びを修め、現職に就いた壱岐さん。身体を動かすことと年下の子どもと関わることが好きで、両方を活かせる仕事として見出したのが「体育教師」でした。現在は個別支援学級を担任し、保健体育はもちろん全ての教科を教えながら、さらに部活動の顧問も務めています。多忙な毎日を過ごしながらも頑張れる原動力は「子どもたちの成長」。日々の積み重ねを経て“テストでいい点がとれた”、“部活動で成績が伸びた”といった小さな成長が、壱岐さんの喜びにつながっています。

この先輩が卒業したのは…

九州保健福祉大学 社会福祉学部 スポーツ健康福祉学科

学校イメージ

2つのコースを設置し、“福祉のこころ”を備えた教員や社会福祉士、はり師・きゅう師を育成するスポーツ健康福祉学科。人体の仕組みを深く理解し、スポーツや健康、運動の専門家としての活躍をめざします。「スポーツ健康福祉コース」ではスポーツと健康に関する専門科目を選択・履修することで、健康に関する幅広い知識を持ったスポーツ指導者や支援者、中学校・高等学校の保健体育教師、社会福祉士としての活躍が期待されます。「鍼灸健康福祉コース」では、福祉の知識を基盤とした鍼灸治療のスキルを修得。スポーツ・健康運動の知識を併せ持ち、スポーツ・福祉・美容など幅広い分野で活躍できるはり師・きゅう師をめざします。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
九州保健福祉大学(私立大学/宮崎)