• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 九州保健福祉大学
  • 他の卒業後のキャリア一覧
  • 諸問題に向けて具体的な解決策を講じて支援するMSWの仕事をしています

私立大学/宮崎

キュウシュウホケンフクシダイガク

諸問題に向けて具体的な解決策を講じて支援するMSWの仕事をしています

日向高校
中城 加奈子さん
高校生のころ
吹奏楽部でスネアドラムやシンバルなどの打楽器を担当、学業との両立に悩む時期もありましたが、最後まで全力で取り組みました。進学に関しては好きだった英語が専門的に学べる公立大の国際学部にも合格しましたが、人々と直に関わって支援するための知識と技術、そして社会福祉士の国家資格が得られる九保大を選びました。

九保大生のころ
4年間を通じて現場で学ぶ機会が多く、実践力を着実に身につけていきました。また、社会福祉実習先の病院では九保大の卒業生がMSW(医療ソーシャルワーカー)をされており、人々の支援に尽くされている姿に感動すると同時に、私自身の目標も定まりました。山﨑きよ子先生のゼミを通じて、福祉の“こころ”が養えたのも大きな成果です。

今のこと
退院後に生じる諸問題に向けて具体的な解決策を講じて支援するMSWの仕事をしています
救急での受け入れをふくめ、病院には経済的な問題を抱えた方や独居の高齢者も入院されます。そういった方々が急性期を脱して退院される際に相談を受け、経済的な課題をふくむ諸問題の解決策を具体的に講じるのが、私たちMSW(医療ソーシャルワーカー)の仕事です。それには他院や在宅での療養に向けた関係機関との連携はもちろん、ご本人やご家族への心理的な支援も必要であり、九保大で懸命に学び、かつ現場を数多く体験していなければ、務まらなかった仕事だと日々感じています。これからも引き続きMSWとしての経験を積み重ね、一人でも多くの方に“安心”につながる支援をしていきたいと思っています。
九州保健福祉大学(私立大学/宮崎)