• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 九州保健福祉大学
  • 先生・教授一覧
  • 明石 敏 教授(獣医・畜産学)

私立大学/宮崎

キュウシュウホケンフクシダイガク

先生・教授

動物の皮膚病の原因菌を探り、薬の効果を教えてくれる 先生

明石 敏 教授

薬学部  動物生命薬科学科

【獣医・畜産学】
微生物学(感染症学) ・薬理学 ・病理学

本学へ来るまでは、企業で感染症治療薬の研究や開発に従事してきました。その創薬・開発研究、臨床開発、特許出願など、これまで体得してきた経験を生かし、「薬学(薬理)に強い学生」の育成を目指しています。微生物学、薬理学、病理学、実験動物、獣医臨床など幅広い知識および技能を通じて、個々の学生の人材育成に貢献したい考えです。今は教育活動が主体ですが、主な研究活動としては、犬や猫などの伴侶動物の「薬剤感受性の年次変化」について取り組んでいます。これは、皮膚病の原因菌に対し、薬の効果を調べるものです。他にも、動物生命薬科学科や薬学科の先生たちと協同した研究も行っており、今後、ゼミの学生にもサポートに加わってもらえるとうれしいですね。

薬学部の先生たちとの協同研究では、肺炎球菌を採取した研究活動を行っています

授業・ゼミの雰囲気

チームで取り組む研究活動を大切に、強みを持つ専門家を育成

明石教授が担当するゼミは、「微生物・感染症学研究室」を掲げ、“薬に強い動物の専門家”の養成を目指した研究活動に取り組んでいます。主な研究テーマは、動物医療の基礎となる微生物学をはじめ、臨床現場で必要な病理学です。動物の病気に対し、抗生物質の効果を調べる実験などを行っています。また将来、学生たちが動物医療の現場など社会に出たときに、大きな強みを持つリーダーとなれるよう、チームで取り組む研究を心掛け、社会人に必要とされる人間性や基礎学力の向上、真面目に努力することの大切さについても伝えています。

病理学の授業では、顕微鏡を使い、病理組織の診断を行ったりします

キミへのメッセージ

卒業後の夢が広がる学科。幅広い職業選択が目指せます!

本学科は、動物看護師や実験動物技術者、動物園の学芸員、食品メーカーや行政での品質管理職・開発職、獣医師、フィリピン大学への編入留学など、幅広い職業選択が可能です。将来の夢を一緒に切り拓きましょう!

この先生・教授に出会えるのは…

九州保健福祉大学 薬学部 動物生命薬科学科

薬学を土台に動物の生命を学び、認定動物看護師や実験動物などの専門家として活躍…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
九州保健福祉大学(私立大学/宮崎)