• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 九州保健福祉大学
  • 学校の特長

私立大学/宮崎

キュウシュウホケンフクシダイガク

就職に強い

社会的ニーズが高い医療・福祉業界の“専門職”に就職多数。将来へつながる大学です!

長引く不況で厳しい就職戦線が叫ばれていますが、九保大では高い就職率を維持しています(2016年3月卒業生の就職率99.22%・就職希望者数258名)。さらに注目なのが、社会福祉学部では就職者の61.82%(就職希望者数85名)、保健科学部100%(就職希望者数74名)、薬学部82.83%(就職希望者数99名)の学生が医療・福祉分野の専門職として就職している点。少子高齢化に伴いますます進む人材ニーズと、それに応える形で本学が養成する医療・福祉のスペシャリストたちが見事に適合した結果といえます。1年次に就職支援サポートが始まり、2年次後期には希望業種の業界研究も始まるので、一人ひとりに合った就職指導で、将来へとつながる道を見つけられます。学校の特長1

資格取得に有利

学生一人ひとりがもつ能力を最大限に引き出し、引き伸ばし、国家試験合格を目指す!

専門的な資格は就職に有利なだけでなく、取得に向けた努力と達成感が自信に結びつき、個人の可能性をさらに大きく伸ばします。本学では各学部学科専攻での医療・福祉系国家資格・認定資格の取得に加え、社会福祉士国家試験対策講座、介護職員初任者研修、MOS(Word)対策講座などの課外講座のほか、「時事福祉学」も開講し様々な資格取得を支援しています。学生と教員がいつもマンツーマン・コミュニケーションを取れる「チューター制度」を採用し、学生の能力を最大限に引き出しています。薬学科の実習施設は、模擬病院薬局、模擬調剤薬局、ベッドサイド実習室など、実践力を身に付ける充実の設備環境で、6年後の薬剤師国家試験合格を目指します。学校の特長2

施設・設備が充実

現場実習を視野に入れた本物の実習機器や薬剤。障がい者支援のスキルを磨く仮想の街も

各学部ごとに、現場実習を視野に入れた最新の設備機器や検査道具や教材が豊富に揃う実習室を完備。現場さながらの実習や専門技術の習得、実験や実習の積み重ねを通して、専門知識や技術を高めることができます。中でも言語聴覚療法学科には、ハンバーガー店や映画館、スーパー、バス、銀行、信号機などを再現した仮想の街「ゆめまち」を設置。社会生活の中で障がい児・者がもつ問題を体験し、より社会生活に近づけた支援を実施できる、全国でも珍しい設備です。さらに、学生食堂、部活動の練習場、宿泊施設も備えた大学会館、学内無線LAN環境など、快適な学生生活を支える設備環境が整っています。学校の特長3
九州保健福祉大学(私立大学/宮崎)