• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 秋田県立大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 生物資源科学部
  • アグリビジネス学科

公立大学/秋田

アキタケンリツダイガク

学校情報は旺文社パスナビの内容に基づいています(2016年8月時点)。最新内容は募集要項でご確認ください

アグリビジネス学科

募集人数:
40人

農業・農村を新たなビジネス視点で再構築する

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

  • 獣医・畜産学

    動物の病気の診断や予防、動物生産の効率化や高度化を研究する

    獣医学は、家畜やペットの病気の診断や予防、治療の在り方を研究していく学問。畜産学は、実験や実習を通じて、おいしい肉や牛乳、品質のいい革製品などをいかに効率よく生産するか、つまり、人間の生活を豊かにするための動物生産を研究する学問。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 経営コンサルタント

    経営の専門アドバイザー

    企業の経営に関するトータルコンサルティングを行う。主に、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをする仕事。経営者の心強いパートナーともいうべき存在だ。

  • 農業

    お米や野菜などさまざまな作物を生産する

    農地としての自分の土地をもち、農作物を育て、出荷する。季節や地域、周辺環境によって、つくるものがかわったり、気候や水害などの天候にも大きく影響を受けるので、長年の知識や技術の蓄積が必要。もともと家が農家の場合などが多いが、最近では、仕事をやめて都会からあえて地方にうつり、専門家の指導を受けて農業を始める人たちも出てきている。

  • 農業技術者・研究者

    効率的な農業経営のため、農機具や農薬、肥料、種などの開発・研究を行い、技術指導や生産相談にのる。

    農業技術者は、都道府県の農業試験場で増殖技術や肥料、環境に配慮した農薬の開発などで農家を支援する。また、地域の農業改良普及センターでは、農業技術者が農業改良普及員として活躍し、より農家と密着した作物栽培へのアドバイスを行ったり、農機具や経営の相談に乗ったりする。種苗会社や肥料、農薬、農機具などのメーカーでも、農業技術者がよりよい製品の開発などで活躍している。一方、農業研究者(農学研究者)は、バイオテクノロジーを活用した作物の改良や、土壌改良など、科学的な研究によって農業を支える。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2018年度納入金(予定) 81万7800円~95万8800円 

学科の特長

学ぶ内容

未来を見据えた豊かな地域環境や地域活性化、アグリビジネスの進展に貢献する能力を身につける
アグリビジネスとは、農業生産を基幹としつつ、流通、消費までを見通し、時代の新たなニーズを読み取って実現する農業・農村にかかわる多様な社会的・経済的活動を意味し、農畜産物生産の技術革新、新たな農業農村整備と地域環境の保全方策、農業・農村・食産業の将来の姿を提案するための教育・研究に取り組んでいます。

カリキュラム

新たな生産活動を展開できる人材の育成を目指した講義と実習
専門的な方法論と知識・技術を体系的に学ぶため、講義のほかに実践的なプロジェクト科目(実習・演習・実験など)を学習。さらに、習得した学識やスキルを統合し、農業・農村の問題解決・改善または新たな創造に取り組むプロジェクト卒業研究を行います。

研究室

研究・教育グループ
複数の指導教員と学生が連携して実施する「プロジェクト」という教育組織を設けており、8つのプロジェクトで専門性を高めることができます。大規模農業経営プロジェクト/園芸作経営プロジェクト/家畜資源農業経営プロジェクト/生産環境プロジェクト/アグリビジネスマネジメントプロジェクト/農業政策研究プロジェクト

卒業後

活躍が期待される分野
農業起業/食品・農業経営マネジメント・商品提案、農産物・食品流通、行政、地域振興・農業振興、栽培技術/飼育技術/技術営業、資源循環/生物環境アセスメント、農業農村整備

教育目標

先進的な農業技術やアグリビジネスを提案する能力を養う
農業・農村および食産業の未来を切り拓き、持続可能な地域社会構築を目指して、先進的な農業技術やアグリビジネスを提案する能力を習得します。

制度

学生自主研究
新入生と2年生が自ら興味を持っているテーマやこれから取り組もうとする分野に積極的にチャレンジできる制度。教員がアドバイスを行い、実験スペースや機材、研究資金を交付してバックアップ。興味が研究に変わると課題が見えてきます。自ら積極的に取り組むことにより、「課題発見能力」と「問題解決能力」を伸ばせます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 高等学校教諭免許状【農業】<国> (一種) 、
  • 毒物劇物取扱責任者<国> (任用資格)

食の6次産業化プロデューサー(認定資格)

受験資格が得られる資格

  • 危険物取扱者<国> (甲種)

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数36名/就職希望者数36名 )

主な就職先/内定先

    たかえん、伊徳、生活協同組合コープあきた 、 全国農業協同組合連合会秋田県本部、よねや商事、自営【花卉】 、 秋田県庁【農学】【畜産】、国家公務員【一般・農業農村工学】 、 青木商店、アグリたかの、アトム、伊藤忠飼料 、 AIカンパニー、カタノピッグファーム、鴻新、コハタ 、 生活協同組合コープふくしま、コメリ、JA全農北日本くみあい飼料 、 国立大学法人静岡大学、十文字チキンカンパニー、DCMカーマ 、 ドン・キホーテ、にいがた南蒲農業協同組合、日本郵便 、 ベイシア、堀川、水戸農業協同組合、南東北クボタ 、 横浜丸中青果、ローズコーポレーション、渡辺パイプ


※ 2016年3月卒業生実績

【大学院進学者】北海道大学大学院、東北大学大学院、名古屋大学大学院

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒010-0195 秋田県秋田市下新城中野字街道端西241-438(秋田キャンパス)※1・2年次のみ
TEL:018-872-1535
E-mail:koho_akita@akita-pu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
秋田キャンパス : 秋田県秋田市下新城中野字街道端西241-438
(1-2年次)
JR奥羽本線「追分(秋田県)」駅下車、徒歩20分

地図

 

路線案内

大潟キャンパス : 秋田県南秋田郡大潟村字南2-2
(3-4年次)
JR「八郎潟」駅 →バス〈大潟村行き〉(約20分) →カントリー公社事務所下車 →徒歩(約5分)

地図

 

路線案内

※ 秋田キャンパス/●秋田空港→車(約1時間)●JR秋田駅→車(約30分) 
大潟キャンパス/●秋田空港→車(約1時間半)●JR秋田駅→JR奥羽本線(約30分)、JR八郎潟駅→車(約20分)
両キャンパス間のシャトルバス有


秋田県立大学(公立大学/秋田)