• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 札幌ビジュアルアーツ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音響学科
  • PA&レコーディング専攻

北海道認可/専修学校/北海道

センモンガッコウ サッポロビジュアルアーツ

PA&レコーディング専攻

It's a Creative life. ライブ音響とレコーディング両方を学べる!

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

  • マニピュレーター

    求められるデジタルサウンドをつくり出す

    シンセサイザーやデジタルサンプラーを駆使してサウンドをつくり、コンピュータに音を打ち込んでいくのが仕事。音楽の素養が不可欠なので、ミュージシャンやアレンジャーがこの職種を兼ねている例も多い。デジタル音楽隆盛で需要は増加傾向。

  • ミキサー

    音を生み出すエンジニア

    レコーディングスタジオやコンサート会場などで楽器の音やアーティストの声をミックスするエンジニア。コンサートミキサーはPAとも呼ばれる。音響機器を操作して、音質や音量を調節するほか、スピーカーなどの機材のセッティングも仕事。知識や技術だけでなく、感性と理解力も重要。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

  • MA(マルチオーディオ)ミキサー

    映像と一体化した音づくりを演出

    MA(マルチオーディオ)ミキサーとは、映像と音楽が一体化した作品の中で、音をメインに扱うスペシャリストのこと。扱うものはテレビ番組からCM、ビデオ作品までさまざま。作業はコンピュータのハードディスクに音を取り込んだ後、映像に合わせた選曲をし、その映像と音をミキシングマシーンで微調整する。

初年度納入金:2018年度納入金 116万円  (教材費・研修費など別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

ライブ音響(PA)とレコーディングのスキルをマスターする
マイク、ミキサー、モニターなどのPA機材のセッティングからサウンドチェックまでのオペレートを習得。さらに、アーティストの歌や演奏をより良い音で録音するための技術を学び、音楽制作になくてはならない力を身に付け、PA&レコーディングのエンジニアを目指します。

カリキュラム

音楽業界を知る魅力的な授業と、業界標準の「ProTools」を使用した実習
「PT編集」や「PT録音」では音楽編集ソフトProToolsの基本的な使用方法からエフェクト加工など、本格的なテクニックを学び、録音技術を身に付けます。また、「業界研究」や「音楽史」など、音楽業界全体を学ぶ魅力的な授業も実施し、奥行きのあるエンジニアを育成します。

実習

「ライブ」で経験を積みあげる!実習重視のカリキュラムでプロを目指す
レコーディング実習をはじめ、多くの実習を実施。この実習を基に音楽技術やライブ音源のレコーディング、オペレートを学び専門技術を身に付けます。また、入学2カ月でライブ実習を行うなど、2年間で数多くのライブを開催。さらに、他専攻と合同で毎週メディアホールでのライブを実施するなど、多彩なテクニックを磨きます。

施設・設備

業界トップクラスのレコーディング環境を整備
最もスタンダードなミキシングコンソール「SSL-SL9000」と業界標準の「ProTools」は最高標準と称され多くの有名アーティストのレコーディングに携わってきました。本校学内のレコーディングスタジオには業界標準機材はもちろんレコーディングに必要な各種マイク、エフェクターを多く揃えた充実した設備となっています。

制度

入学した時から分野ごとの専任スタッフが就活をサポート!
キャリアセンターでは個別指導や、卒業生とのネットワークを活かした企業研究、求人企業の新規開拓により、学生の就職活動をきめ細やかにバックアップ。さらにインターンシップ制度(企業研修)や、卒業後の就職サポートなど、夢を実現するために万全の体制を整えています。

イベント

学生の手で作り上げる定期ライブ!
年間を通じて数多く開催する音響学科の「定期ライブ」はライブレコーディング、PA(ハウス、モニターオペレーター)、ローディーなど、音響に関わる全てのセッションを学生の手で作り上げる「ホンモノ」のライブを開催しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    Pro Tools技術認定試験

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ソニー・ミュージックアクシス 、 ナッツハウス 、 ジョーダウン 、 北海道共立 、 音楽処 、 イメージランド 、 シグマコミュニケーションズ 、 キタエンタープライズ 、 アートブレーンカンパニー 、 ケイツースクエア ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西9丁目3-12
フリーダイヤル 0120-326-276
info@visualarts.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道札幌市中央区大通西9丁目3-12 地下鉄東西線「西11丁目」駅4番出口より徒歩 約2分
地下鉄東西線・東豊線・南北線「大通」駅1番出口より徒歩 約7分
JR「札幌」駅徒歩 約20分

地図

 

路線案内


専門学校 札幌ビジュアルアーツ(専修学校/北海道)