• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 札幌ビジュアルアーツ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音響学科
  • 総合音楽専攻

北海道認可/専修学校/北海道

センモンガッコウ サッポロビジュアルアーツ

総合音楽専攻

It's a Creative life. ミュージシャン、バックステージ両方のスキルを学び、デビューの夢、業界就職のチャンスを掴む

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 芸能マネージャー

    タレントを生かすのも腕次第

    担当するタレントのスケジュール管理から、雑用までを一手に引き受ける。時間の拘束が長く、体力が要求されるハードな職業だが、コンサートやイベントなどが成功したときの喜びも大きい。たくさんのタレントの世話係などの下積みを経験後、1人のタレントを任される。

  • ベーシスト

    バンドやスタジオで活動するベース奏者

    グループを作り、メジャーデビューできるのはごくわずか。スタジオミュージシャンとして、レコーディングスタジオで演奏している人もいるが、多くの場合は、音楽学校の講師などの本業を別に持ち、ライブハウスなどで活動している。

  • ギタリスト

    センスとテクニックでギターをあやつる

    同じ曲でも、その人のテクニックはもちろん、感性によっても、曲のイメージが変わってくる。ギタリストとして、バンドやソロでCDを出したり、コンサート活動していく場合や、多くの場合は、スタジオミュージシャンや、音楽学校の講師などをしながら生計を立てている。

  • ドラマー

    ドラムを叩いて、リズム感とスピード感を生み出す

    バンドのメンバーとして活躍する。それ以外の活動としては、スタジオミュージシャンとしてメンバーに加わって演奏したり、音楽学校の講師などの道がある。本業はほかに持ち、ライブハウスなどで活動するなど、ドラマーだけで生計を立てていくのは難しい。

  • 歌手・ボーカリスト

    歌で人を感動させる。めざすジャンルは様々。

    歌の基礎を学び、オーディションに応募して合格し、本格的なボーカルトレーニングを受けて、デビューとなる。素質や実力に加えて、運や時代感覚も必要。また、クラッシック、ジャズ、ロックなどどんなジャンルを専門にするかによってもそのプロセスはちがってくる。

  • シンガーソングライター

    自作の歌を、思いをこめて自ら歌う

    作詞、作曲など自分で作った曲を自分で歌う。曲を作る感性と同時に歌唱力も必要。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

  • コンサートプロモーター

    コンサートの宣伝、チケット販売等を担当

    芸能プロダクション等からコンサートの開催依頼を受け、その実施を請け負う。まず会場を予約し、日程や場所が決まり次第、各地域での宣伝や各種許可の申請、チケット販売と管理、集計などを担当する。制作、進行状況を随時チェックし、当日は観客の誘導や警備、出演者の送迎の手配なども行う。

初年度納入金:2018年度納入金 116万円  (教材費・研修費など別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

音楽業界の仕事をまるごと学ぶ
ミュージシャン系、バックステージ系のスキルを両方学びながら、本当にやりたい道を探せるのはもちろん、ミュージシャン側、バックステージ側双方の視点で学べるため、音楽的な視野も広がり、幅広い知識とテクニックを兼ね備えた業界人を目指せます。

カリキュラム

自分に一番ピッタリくる専攻へ「変更」できる
「音楽業界に興味はあるけれど、どんな仕事があるのか?」「ミュージシャンになりたいけれど楽器初心者でイマイチ自信がない」総合音楽専攻はそんな人のための専攻コース。学ぶうちに見えてくる自分に一番ピッタリくる専攻へ変更が可能です。

実習

実習という名の「ライブ」経験を積み上げ、テクニックを磨く
入学後2カ月でライブ実習を行い、2年間で数多くのライブを開催。スタッフは、アーティスト選出から進行・本番・撤収まで行い、プロデュース能力を習得。ミュージシャンとしてはバンドやソロとしてステージに立ち、実績を重ねます。

施設・設備

プロのアーティストも使用できる本物の環境で学ぶ
スタンディングや着席でのライブ両方に対応したライブホール「メディアホール」、400名以上収容可能な「大通公園ホール」、最高峰のミキサーSSL-SL9000やDAW(デジタル・オーディオ・ワークステーション)PRO TOOLS HDXなど、プロ仕様のレコーディングスタジオ、音響機材が充実したサウンドブースは放課後も使用できます。

制度

プロと接することで在学中から業界に触れ、テクニックを磨く
音楽業界を目指す学生がプロアーティストと接することができる貴重なセミナー「クリエイティブセミナー」は、プロのテクニックを間近で見ることができ、在校生とのライブセッションもあります。プロのステージパフォーマンスに触れる環境で即戦力となる技術を磨きます。

イベント

学校独自の多彩なオーディションでプロへの道をサポート
ヤマハ主催をはじめ、多彩なオーディションを開催。また、大手レーベル、音楽事務所の方々をお招きする、本校独自のオーディション「HIDE&SEEK」も開催。このオーディションからメジャーデビューを果たした卒業生もおり、業界からも注目されているオーディションです。

学べる学問

目指せる仕事

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒060-0042 北海道札幌市中央区大通西9丁目3-12
フリーダイヤル 0120-326-276
info@visualarts.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道札幌市中央区大通西9丁目3-12 地下鉄東西線「西11丁目」駅4番出口より徒歩 約2分
地下鉄東西線・東豊線・南北線「大通」駅1番出口より徒歩 約7分
JR「札幌」駅徒歩 約20分

地図

 

路線案内


専門学校 札幌ビジュアルアーツ(専修学校/北海道)