• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 青森県立保健大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 健康科学部
  • 社会福祉学科

公立大学/青森

アオモリケンリツホケンダイガク

社会福祉学科

募集人数:
50人

あらゆる分野の個別相談援助から福祉政策まで対応できる専門的な力量を備えたジェネラル・ソーシャルワーカーを育成!

学べる学問
  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • 児童指導員

    児童福祉施設での“親がわり”

    児童指導員は、養育放棄などのさまざまな事情で入所してきた子どもたちやしつけや学習指導、生活上のアドバイスを行う。また、児童相談所や子どもの通学する学校との連絡や、子どもの引き取りをめぐって親と連絡をとったり、面接をするなど、子どもの養育と社会関係の調節も必要な仕事。

  • 精神保健福祉士

    精神障がいのある人の生活を援助し、社会復帰をサポートする

    精神病院や社会復帰施設、および保健所などに勤務して、精神障害者に対し、社会復帰のための手助けする。また家族の相談相手になったり、医師や看護師、作業療法士などの治療チームの調整役を務めるなどさまざまな役割を持つ。精神障害者の福祉向上のためにニーズは高まっている。

  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

初年度納入金:2016年度納入金 76万1400円~87万4200円  (県内者:76万1400円、県外者:87万4200円 ※実習費、ユニフォーム代、後援会費等が別途必要です。)

学科の特長

学ぶ内容

社会福祉の価値・倫理、専門的知識・技術を体系的に修得し、高度な判断力・実践力を身につける
基礎となる人権感覚などを醸成し、社会福祉専門職の価値・倫理に関する学習と、具体的な生活問題や高齢者・児童・障害者等の社会福祉課題およびその解消・軽減支援のための専門的知識・技術の学習を行います。これらを通じ、社会福祉士、精神保健福祉士の国家試験受験資格が取得できるカリキュラム構成となっています。

先生

学生約3名に1名の少人数制で、きめ細かな指導・相談体制の下、学生の自立・成長を支援
1学年50名定員に対し20名弱の教員で充実した指導と相談を受けられる体制を整備。学生個々人にあわせた、人間的成長と自立のための支援的係わりを基礎として、学習面はもちろん、在学中の学生生活から就職活動に関する相談、そして卒業後も多くの先輩たちが教員のもとを訪れる関係が築かれています。

実習

体系的な事前・事後学習を充実させることによってこそ、深められる実習からの学び
「実習」は単に社会福祉施設等に出向く機会のことではなく、学内でのグループ学習の運営や学習記録の取り方など「意識的・意図的に実際に行うことからの学習」全般と考えます。例えば、1年次の基礎実習Iでは見学・体験的な施設実習が中心になりますが、その前後に数ヶ月に及ぶ充実した事前・事後学習の機会を設けています。
1年次から4年次まで段階的に行われる実習教育
国家試験受験資格に必要とされる時間を超えて、1年次から4年次まで見学体験的なものからより専門的な実習へと、段階を追って学べるように実習カリキュラムは構成されています。また、関連する講義や演習ともリンクしながらも、一方で必修実習は1年次のみとし、学生の多様なニーズに応えられるように工夫されています。

卒業後

相談支援職や福祉系公務員への数多い就職、多様化する進路をバックアップする支援体制
本学科では近年、卒業後すぐに施設や医療機関等の相談支援職に就く割合が多いです。また、家庭裁判所の調査官(補)などの福祉系公務員や一般公務員等になる者も増えています。その他、一般企業への就職も少なくありません。そこで本学では、これら多様な進路希望に応えられる早い時期からの教育・支援体制を整えています。

資格

社会福祉士、精神保健福祉士国家試験、全国有数の合格率!
本学科では社会福祉士と精神保健福祉士の国家試験受験資格が取得できます。どちらも国家試験に合格して初めて意味があるもの。社会福祉士の現役合格率76.6%(2013年度合格者数36名、受験者数47名)は受験者40名以上の学校83校中第2位という好結果でした。そこには、先輩達のやる気と普段からのきめ細かな指導があります。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 社会福祉士<国> 、
  • 精神保健福祉士<国>

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数39名 )

主な就職先/内定先

    青森県庁、青森市役所 、 八戸市役所 、 五所川原市役所 、 一部事務組合下北医療センターむつ総合病院 、 医療法人清照会湊病院 、 社会医療法人松平病院 、 社会福祉法人小坂町社会福祉協議会 、 社会福祉法人八戸市社会福祉事業団 、 社会福祉法人七峰会 、 社会福祉法人平元会 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒030-8505 青森市浜館字間瀬58-1
青森県立保健大学事務局教務学生課 入試担当 TEL:017-765-2144
E-mail : nyushi@auhw.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
青森県青森市浜館字間瀬58-1 「青森」駅から青森市営バス 約20分 「県立保健大学前」下車徒歩 約1分
「小柳(青森県)」駅から徒歩 約10分
「東青森」駅から徒歩 約10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

青森県立保健大学(公立大学/青森)