• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 近畿大学附属看護専門学校

大阪府認可/専修学校/大阪

近畿大学附属看護専門学校

キンキダイガクフゾクカンゴセンモンガッコウ

近畿大学医学部や附属病院のネットワークを活かし、医療現場で即!活躍できる看護師に

隣接している近畿大学医学部附属病院で主な臨地実習を実施。卒業後は「近畿大学医学部附属病院」「近畿大学医学部奈良病院」に就職可能です。助産学科への内部進学制度で助産師への道も。

近畿大学附属看護専門学校の特長

学校の特長1

臨地実習先の病院が同じ敷地内。移動時間が短い分、学習時間にあてられます!

2年次後半からは、臨地実習による学習がメインとなってきます。当校では、同じ敷地内にある近畿大学医学部附属病院がおもな臨地実習先。通い慣れた環境で行うことができ、通学時間を割くこともないので学習時間の確保につながります。附属病院は特定機能病院として認定され、平成25年には救急災害センターも開設。在学中から先端医療に触れることができます。また、学校より徒歩5分なので、困ったときには専任教員がすぐに足を運び、学生の不安を取り除くために一緒に考え、支えることのできる申し分のない実習環境で学ぶことができます。

学校の特長2

卒業生が臨地実習を指導。目標となる看護師像が身近に感じられます!

当校は、創立40年を超える歴史ある学校です。卒業生の数は4500人を超え、国内だけでなく海外でも、医療の第一線で多くの先輩たちが活躍中。専門職として卒業生が、最新の医療現場や看護について講師として教授してくれる科目があるのも大きな魅力です。臨地実習先の附属病院では、実習指導者として後輩の育成に尽力して、学生の実習をサポートしてくれています。特定機能病院で高度な先進医療に対応できる高い技術と知識を持ち、生き生きと現場で働く卒業生の姿は、学生にとって看護師像が身近に感じられ、大きな目標となっています。

学校の特長3

公的な奨学金制度のほかに、本校独自の修学資金制度も利用できます!

看護学科の初年度納入金は、入学金・授業料・実習費・共済会費を合わせて75万4500円(2017年度)となり、実習ユニフォーム・基準服・指定運動服・教科書・教材費は、別途必要となります。本校には、学校生活を経済面からサポートする本校独自の「近畿大学医学部附属病院看護師等修学資金」があり、卒業後、近畿大学医学部附属病院、近畿大学医学部奈良病院で貸与した年数就業すれば返還は全額免除となります。その他に日本学生支援機構など公的な奨学金を受けることができます。

学校の特長1

臨地実習先の病院が同じ敷地内。移動時間が短い分、学習時間にあてられます!

2年次後半からは、臨地実習による学習がメインとなってきます。当校では、同じ敷地内にある近畿大学医学部附属病院がおもな臨地実習先。通い慣れた環境で行うことができ、通学時間を割くこともないので学習時間の確保につながります。附属病院は特定機能病院として認定され、平成25年には救急災害センターも開設。在学中から先端医療に触れることができます。また、学校より徒歩5分なので、困ったときには専任教員がすぐに足を運び、学生の不安を取り除くために一緒に考え、支えることのできる申し分のない実習環境で学ぶことができます。

学校の特長2

卒業生が臨地実習を指導。目標となる看護師像が身近に感じられます!

当校は、創立40年を超える歴史ある学校です。卒業生の数は4500人を超え、国内だけでなく海外でも、医療の第一線で多くの先輩たちが活躍中。専門職として卒業生が、最新の医療現場や看護について講師として教授してくれる科目があるのも大きな魅力です。臨地実習先の附属病院では、実習指導者として後輩の育成に尽力して、学生の実習をサポートしてくれています。特定機能病院で高度な先進医療に対応できる高い技術と知識を持ち、生き生きと現場で働く卒業生の姿は、学生にとって看護師像が身近に感じられ、大きな目標となっています。

学校の特長3

公的な奨学金制度のほかに、本校独自の修学資金制度も利用できます!

看護学科の初年度納入金は、入学金・授業料・実習費・共済会費を合わせて75万4500円(2017年度)となり、実習ユニフォーム・基準服・指定運動服・教科書・教材費は、別途必要となります。本校には、学校生活を経済面からサポートする本校独自の「近畿大学医学部附属病院看護師等修学資金」があり、卒業後、近畿大学医学部附属病院、近畿大学医学部奈良病院で貸与した年数就業すれば返還は全額免除となります。その他に日本学生支援機構など公的な奨学金を受けることができます。

学校の特長1

臨地実習先の病院が同じ敷地内。移動時間が短い分、学習時間にあてられます!

2年次後半からは、臨地実習による学習がメインとなってきます。当校では、同じ敷地内にある近畿大学医学部附属病院がおもな臨地実習先。通い慣れた環境で行うことができ、通学時間を割くこともないので学習時間の確保につながります。附属病院は特定機能病院として認定され、平成25年には救急災害センターも開設。在学中から先端医療に触れることができます。また、学校より徒歩5分なので、困ったときには専任教員がすぐに足を運び、学生の不安を取り除くために一緒に考え、支えることのできる申し分のない実習環境で学ぶことができます。

学校の特長2

卒業生が臨地実習を指導。目標となる看護師像が身近に感じられます!

当校は、創立40年を超える歴史ある学校です。卒業生の数は4500人を超え、国内だけでなく海外でも、医療の第一線で多くの先輩たちが活躍中。専門職として卒業生が、最新の医療現場や看護について講師として教授してくれる科目があるのも大きな魅力です。臨地実習先の附属病院では、実習指導者として後輩の育成に尽力して、学生の実習をサポートしてくれています。特定機能病院で高度な先進医療に対応できる高い技術と知識を持ち、生き生きと現場で働く卒業生の姿は、学生にとって看護師像が身近に感じられ、大きな目標となっています。

学校の特長3

公的な奨学金制度のほかに、本校独自の修学資金制度も利用できます!

看護学科の初年度納入金は、入学金・授業料・実習費・共済会費を合わせて75万4500円(2017年度)となり、実習ユニフォーム・基準服・指定運動服・教科書・教材費は、別途必要となります。本校には、学校生活を経済面からサポートする本校独自の「近畿大学医学部附属病院看護師等修学資金」があり、卒業後、近畿大学医学部附属病院、近畿大学医学部奈良病院で貸与した年数就業すれば返還は全額免除となります。その他に日本学生支援機構など公的な奨学金を受けることができます。

近畿大学附属看護専門学校の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

看護師

新 真衣さん

救命救急センターの看護師です。幅広い知識で、さまざまな角度から患者さまを支えた…

キャンパスライフレポート

詳細を見る

看護学科

岡 亮佑さん

勉強も遊びも全力投球!患者さまを一番近くで支える看護師になりたい

他の先輩一覧を見る

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 【看護学科】75万4500円 (入学金30万円、授業料30万円(2期分納/前期15万円、後期15万円)、実習費5万円(2期分納/前期2万5000円、後期2万5000円)、教育充実費10万円(2期分納/前期5万円、後期5万円)、共済会費4500円)
(実習ユニフォーム、基準服、指定運動服、教科書、教材等の代金が別途必要)

問い合わせ先・所在地・アクセス

近畿大学附属看護専門学校

〒589-0014 大阪府大阪狭山市大野東102-1
TEL:072-366-6389

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪狭山市大野東102-1 「泉ケ丘」駅から南海バス乗車 15分 大野口下車 徒歩 5分
「金剛」駅から南海バス乗車 15分 近大病院前下車 徒歩 5分

地図

 

路線案内

近畿大学附属看護専門学校(専修学校/大阪)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ