• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 近畿大学附属看護専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 新 真衣さん(看護学科/看護師)

大阪府認可/専修学校/大阪

キンキダイガクフゾクカンゴセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

看護師  として働く  新 真衣さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

救命救急センターの看護師です。幅広い知識で、さまざまな角度から患者さまを支えたい

この仕事の魅力・やりがい

私が所属している救命救急センターには、重篤の患者さまもいらっしゃいます。そのため、看護師1名に対して患者さま2名の体制をとり、私たちは常に患者さまのそばに寄り添います。そして、少しの変化も見逃さないように、細心の注意をはらっています。そんな患者さまが転院や退院をされるということは、もっとも危険な状況を乗りこえられたということ。そんなときはホッとして、「回復されて良かった」としみじみ思います。仕事をしていると、患者さまに「新さん」と名前で呼んでいただいたり、「ありがとう」と温かいお言葉をいただいたりすることがあります。嬉しくてありがたくて、患者さまのためにもっとがんばりたくなります。

看護師として働く新 真衣さん

「患者さまの立場に立って考える」を心がけています

看護師として働く新 真衣さん
私の学生時代!

経験がそのままスキルになるので、日々の業務を大切に

私の学生時代!

学生時代で思い出深いのは、附属病院での初めての実習です。自分の力不足が情けなくて、泣いてしまったこともありました。でも、家族が一生懸命応援し、先生が温かく支えてくださったおかげで、なんとか最後までがんばることができました。在校中は、救命救急センターでも実習をさせていただきました。最新の設備が整っていて、先輩方が明るくて優しくて、「ここで働きたい!」と感じました。念願かなって、今は同センターで働かせていただいています。入職した後、実習中にお世話になった患者さまが、わざわざ私に会いに来てくださったことがありました。「あのときはお世話になりました」と言ってくださって、本当に感動しました!

これからかなえたい夢・目標

先輩方も明るくて、雰囲気の良い職場。働きやすいです

これからかなえたい夢・目標

今後の目標は、患者さまのお役に立つような勉強をして、必要な資格も取得することです。救急看護には、その分野専門の「認定看護師」や「専門看護師」という資格があります。それをめざすのも良いですが、私はあえて異なる分野の勉強がしたいです。たとえば、人工呼吸器をしている患者さまが多いので、そのリハビリ方法を学んだり、むくみを訴える患者さまも多いので、皮膚ケアの知識を学ぶとか。そうすることで、患者さまをさまざまな角度から支えることができるのではないかと考えています。これから看護の勉強をする皆さんは、看護学校の授業一つひとつを大切にしてください。学校で学ぶ知識は、予想以上に現場で役に立ちますよ!

プロフィール

新 真衣さん のプロフィール

近畿大学医学部附属病院 勤務/看護学科/2013年3月卒/近畿大学医学部附属病院で生まれた。小学生のときから人のお世話をするのが好きで、看護師になりたいと考えていた。高校生のとき、近畿大学附属看護専門学校に進学した先輩から「熱心な先生が多いし、実習先も近いし、良い学校だよ」と教わり、入学を検討する。他の学校も受験したが、「生まれた病院の附属学校ということで、ご縁も感じました」と、近畿大学附属看護専門学校への入学を決める。学生時代の思い出については「戴帽式ができて良かったです。キャンドルの灯りの中、先生にナースキャップをかぶせていただく儀式は感動的で、気持ちも引きしまりました」と語る。

この先輩が卒業したのは…

近畿大学附属看護専門学校 看護学科

学校イメージ

3年間で、看護師の資格取得をめざします。本校は、近畿大学附属の専門学校なので、主に近畿大学医学部附属病院で臨地実習を受けることができます。新しい施設・設備が整った附属病院では、最先端の医療や看護にふれることが可能。現場で必要な知識や技術を、しっかり学ぶことができます。また、卒業後は「近畿大学医学部附属病院」「近畿大学医学部奈良病院」に就職する道も開かれています。奨学金制度としては、「独立行政法人 日本学生支援機構奨学金」など公的奨学金のほか、本校独自の奨学金制度「近畿大学医学部附属病院看護師等修学資金」もあります。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

近畿大学附属看護専門学校(専修学校/大阪)