• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 埼玉学園大学
  • 奨学金

私立大学/埼玉

サイタマガクエンダイガク

【給付型】さいがくサポート奨学金(全学部共通)

対象
次のいずれかに該当し、本奨学生を希望する者
(1)指定校推薦入試第I期受験者で、在学中の全体評定平均値が3.8以上の者(通信制課程は4.5以上の者)
(2)公募推薦入試第I期受験者で、在学中の全体評定平均値が3.8以上の者
給付額
年間50万円
人数
10名(学部学科不問)
備考
継続条件
(1)2年次以降は、前年度の成績が学部学科を問わず当該学年の上位10分の1以内であること。
(2)毎年度申請し、継続審査を受けること。

【貸与型】あしなが育英会(全学部共通)

対象
次の条件のいずれにもあてはまる人
1.保護者(父親、母親、親権者、後見人、里親、保護受託者)の方が病気や災害(道路上の交通事故をのぞく)または自死(自殺)などで死亡、あるいは著しい後遺障害のため働けない。
※著しい後遺障害とは、次の障害認定を受けている場合をいいます。
(1)国民年金法による第1~2級
(2)身体障害者福祉法、厚生年金保険法、精神保健及び精神障害者福祉に関する法律等による第1~3級
(3)労働者災害補償保険法等にもとづく第1~3級
2.家庭の生活事情が苦しく教育費に困っている。
貸与(月額)
一般:40,000円
特別:50,000円
返還詳細
返還期間:貸与終了後6か月後から20年以内
利子
無利子
人数
予約:380人
在学:170人
募集時期
予約:5月31日
在学:5月25日

【貸与型】茨城県奨学資金(全学部共通)

対象
茨城県内に居住する人の子弟であり、大学に在学し人物学業ともに優良で経済的理由により修学が困難な人
貸与(月額)
36,000円
返還詳細
返還期間:10年以内
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
貸与期間
在学する大学の正規の修業期間
備考
日本学生支援機構の奨学金との併給はできません。

【貸与型】茨城県奨学資金(全学部共通)

対象
茨城県内に居住する人の子弟であり、大学に在学し人物学業ともに優良で経済的理由により修学が困難な人
貸与(月額)
40,000円
返還詳細
返還期間:20年以内
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
貸与期間
在学する大学の正規の修業期間
備考
日本学生支援機構の奨学金との併給はできません。

【貸与型】財団法人交通遺児育英会(全学部共通)

対象
保護者の方(主に父親か母親)が道路上の交通事故で亡くなられたか、または後遺障害者(自賠保施行令別表第1および別表第2の第1級から第7級の障害。または、身体障害者福祉法の第1級から第4級の障害)になったため、働けず経済的に困っている家庭の子女で、高等学校以上の学校に在籍している生徒・学生であること。
貸与(月額)
4万円、5万円または6万円から選択
貸与(総額)
入学一時金|40万円、60万円または80万円から選択
利子
無利子
人数
月額|300人
入学一時金|200人
貸与期間
正規の卒業期までです。(最短修業年限内となります。)

【貸与型】新潟県奨学金(全学部共通)

対象
新潟県内居住者の子弟で、人物学業ともに優秀で経済的理由によって修学が困難な人
貸与(月額)
51,000円
貸与期間
在学する大学の正規の修業期間
備考
日本学生支援機構奨学金(第一種)との併給はできません。第二種との併用は可能です。

【貸与型】川口市奨学資金貸付制度(全学部共通)

対象
1.市内に引き続き3年以上居住する世帯に属する方で、修学意欲が極めて旺盛であること。
2.学校長の推薦があり、成績優秀・品行方正であること。
3.高校・高等専門学校・大学・短期大学・専修学校(正規の修学期間が2年以上の高等課程又は専門課程に限る)に入学予定又は在学中で、学資の支出が困難であること。
4.本人との同居・別居を問わず、生計が同一な方全員の市県民税課税標準額の合計が「200万円未満」であること。
貸与(月額)
在学者貸付金額|24,000円以内
貸与(総額)
入学者貸付金額|入学一時金(私立)500,000円以内
返還詳細
返還期間:10年以内
利子
無利子

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
学業・人物とも優れ、健康であって経済的理由により修業困難な学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
3万円、5万4千円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅
手続き
予約採用|毎年春、高校等を通じて行います。
在学採用|4月頃に募集を行います。
緊急・応急採用|家計に急変があったと認められる場合(随時受付)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第一種(無利子貸与)(全学部共通)

対象
学業・人物とも優れ、健康であって経済的理由により修業困難な学生
奨学金の種類
第一種
貸与(月額)
3万円、6万4千円
利子
無利子
自宅・自宅外の別
自宅外
手続き
予約採用|毎年春、高校等を通じて行います。
在学採用|4月頃に募集を行います。
緊急・応急採用|家計に急変があったと認められる場合(随時受付)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 第二種(有利子貸与)(全学部共通)

対象
学業・人物とも優れ、健康であって経済的理由により修業困難な学生
奨学金の種類
第二種
貸与(月額)
3万円、5万円、8万円、10万円、12万円のいずれか
利子
利子
手続き
予約採用|毎年春、高校等を通じて行います。
在学採用|4月頃に募集を行います。
緊急・応急採用|家計に急変があったと認められる場合(随時受付)

【貸与型】日本学生支援機構奨学金 入学時特別増額貸与奨学金(有利子)(全学部共通)

対象
第1学年(編入学時の入学年次を含む)において奨学金の貸与を受ける人
奨学金の種類
入学時特別増額貸与
貸与(総額)
10万円・20万円・30万円・40万円・50万円の中から選択した金額を増額貸与
利子
利子
手続き
予約採用|毎年春、高校等を通じて行います。
在学採用|4月頃に募集を行います。
緊急・応急採用|家計に急変があったと認められる場合(随時受付)

【貸与型】福島県奨学資金(全学部共通)

対象
福島県内の高等学校を卒業した人または保護者が県内に居住している人
貸与(月額)
40,000円
返還詳細
返還期間:卒業6ケ月後20年以内
貸与期間
在学する大学の正規の修業期間
備考
卒業6ケ月後から貸与を受けた奨学資金の総額に応じて20年以内に全額を半年賦で返還。
同種(貸与)の修学資金を他から受けていないことが条件となります。

【貸与型】本多静六博士奨学金(埼玉県)(全学部共通)

対象
学習活動その他生活全般を通じて、態度・行動が学生としてふさわしく、修学に十分耐え得ると認められる者で、かつ、将来良識のある社会人として活動できる見込がある者
奨学金の種類
入学一時金
貸与(総額)
入学一時金|300,000円以内
人数
35名
備考
本多静六博士奨学金(埼玉県)入学一時金と併用できます。

【貸与型】本多静六博士奨学金(埼玉県)(全学部共通)

対象
学習活動その他生活全般を通じて、態度・行動が学生としてふさわしく、修学に十分耐え得ると認められる者で、かつ、将来良識のある社会人として活動できる見込がある者
奨学金の種類
月額
貸与(月額)
月額|30,000円以内
人数
35名
備考
本多静六博士奨学金(埼玉県)月額と併用できます。

産経新聞奨学会 東京事務局

東京新聞奨学会

日本経済新聞育英奨学会

毎日育英会(東京)

学費(初年度納入金)
埼玉学園大学/奨学金