• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪医専
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 井波 斗志さん(救急救命学科(昼)/救急救命士)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカイセン

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

救急救命士  として働く  井波 斗志さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 公務員業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

同じ現場は1つもない。救急隊員として、すべての出動に全力をかけています。

この仕事の魅力・やりがい

私たち救急隊員がかけつける場所に、「同じ現場」は存在しません。10人の傷病者がいれば、10通りの病気やケガがあります。傷病者が助けを待つ場所も、部屋の中、道路、工事現場など、様々です。現場へ行くたび、臨機応変な判断と行動が求められ、さらに、その結果が、傷病者の命を左右することもあります。1日10件程度の出動がありますが、毎回気持ちを引き締め直して、現場へ向かっています。やりがいを感じるのは、お礼の言葉をいただくとき。以前、骨折で病院へ搬送した子供さんが、後日消防署へ来て、元気な姿で「お兄ちゃん、ありがとう」と笑ってくれた時は、本当に嬉しい気持ちでいっぱいになりました。

救急救命士として働く井波 斗志さん

昔から憧れていた職業。もっと経験を積んで成長したい

救急救命士として働く井波 斗志さん
私の学生時代!

救急車で現場へ!運転を任されることもあります

私の学生時代!

大阪医専の授業で最も印象的だったのは、救急救命士としての礼節や規律について学ぶ『礼式』です。敬礼などの動作を厳しく指導され、当時は「どうしてこんなことを学ぶのだろう…」と戸惑ったことも。しかし、礼式は救急職員の基本的な姿勢です。学校でその基礎をたたき込んでもらえたのは、本当に良かったと思っています。大阪医専には現場経験の豊富な先生方が多く、元・救急隊員の先生には、実際の仕事について教えていただき、とても参考になりました。また、看護師や保健師だった先生からは、救急救命とは違う角度から医療について教えていただき、視野を広げるきっかけになりました。

これからかなえたい夢・目標

車輛内を点検し、設備や機器が万全かを確認します

これからかなえたい夢・目標

救急隊員になったばかりの頃は、現場で思うように動くことができず、「自分は救急隊員に向いていないのでは…」と悩んだこともありました。でも、先輩方が温かく支えてくださったおかげで、いろいろな壁を乗り越えることができました。最近は、私にも後輩が増えてきて、今度は自分が先輩として後輩を支える番です。彼らが迷ったり困ったりしているときは、精いっぱい手助けしたいと思います。また、数年後には後輩たちをまとめる隊長になる可能性もあります。今は、隊長を務める先輩方の仕事をよく観察し、勉強させていただいています。何事にも冷静に対応できる隊長になれるよう、多くの経験を積んでいきたいです。

プロフィール

井波 斗志さん のプロフィール

大阪市消防局 東淀川消防署 勤務/救急救命学科/2009年3月卒/大阪府出身。中学生のとき、職場体験で消防署へ行き、救急隊員に憧れるようになる。その後、知人が不慮の事故にあう出来事があり、現場へ一番に到着する救急隊員の責任の重さを実感。これがきっかけで、救急救命士になる決意を固めた。大阪医専に在学中も、「現場を経験したい」と考え、介護施設でボランティアをしたり、海水浴場でライフセーバーをしたり、様々なことに挑戦。それらの経験を通して、「人の役に立つ仕事がしたい」という気持ちを再確認した。救急救命士をめざす後輩たちには「学生時代は、関心のあることにどんどんチャレンジしてほしい」とメッセージを送る。

この先輩が卒業したのは…

大阪医専 救急救命学科(昼)

学校イメージ

大阪駅から徒歩9分。医療・福祉からスポーツまでの分野を網羅する複合的学科編成で、座学だけでは身につかない「生きたチーム医療」を実践する大阪医専。救急救命学科では、数多くの医療シミュレータや本物の救急車を実習設備として完備し、現場で通用する技術を徹底的に身につけます。また、厚生労働省が指定する本校の学科において卒業認定を受けた人で、国家試験に万一合格できなかった場合、学費免除で5年間は引き続き資格取得の勉学を継続できる『国家資格 合格保証制度』や、卒業時に万一就職できない場合に就職が決定するまで勉学を継続できる『完全就職保証制度』など、サポート体制も万全です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

大阪医専(専修学校/大阪)