• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 新潟医療福祉大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • リハビリテーション学部

私立大学/新潟

新潟医療福祉大学

ニイガタイリョウフクシダイガク

リハビリテーション学部(2018年4月設置予定)

チーム医療の一員として活躍する理学療法士・作業療法士・言語聴覚士・義肢装具士を目指す

募集学科・コース

身体障害からスポーツリハビリまで全ての領域に専任教員を配置し、あらゆる現場で活躍できる理学療法士を育成

身体障害、高齢者、子ども、こころの支援など、幅広い領域で人の生活に密接に関わりながら支援できる作業療法士を育成

コミュニケーションや食べることを支援するスペシャリストへ。一人ひとりの心に寄り添い支える言語聴覚士を養成

義肢装具士(国)に加え、福祉用具・機器全般に関連する知識・技術を修得し、複数資格の同時取得を目指す

キャンパスライフShot

Photo
日本最大規模の理学療法士養成校。最先端機器を配置し、より高度な実習や研究活動を行うことができます
Photo
学内に言語発達支援センターを設置し、学生も積極的に参加・協力することで実践力のある言語聴覚士を育成します
Photo
世界最高水準の実習環境で、義肢装具士(国)と福祉用具関連資格の同時取得を目指します

学部の特長

学ぶ内容
理学療法学科
「運動療法」や「物理療法」を体験的に学ぶ実習設備を完備し、高い実践力を持った【理学療法士】を育成します。またスポーツ障害に関わる科目や強化指定クラブの選手に対するサポート活動により【スポーツリハビリ】について専門的に学ぶことができます。
作業療法学科
「作業活動」を通じて、日常生活を送るためのリハビリを行う【作業療法士】を育成します。「からだ」の機能回復だけではなく、「こころ」「子ども」「高齢者」など、ますます広がるニーズに対応できる、高い専門性と実践力を身につけた【作業療法士】を目指します。
言語聴覚学科
「ことば」「聞こえ」「発声」「発達面の遅れ」などのコミュニケーション障害、「食べること」の障害などに関する専門科目を配置し、幅広い領域で活躍できる【言語聴覚士】を育成します。また学内「言語発達支援センター」との連携で、“子どもへの支援”を学びます。
義肢装具自立支援学科
義手・義足などの製作・適合を行う義肢装具士の育成に向け、医学と工学を融合したカリキュラムで「人を診る」能力と「モノづくり」の能力を修得します。さらに、福祉用具関連資格の同時取得で、幅広い分野で活躍できる【義肢装具士】を育成します。
資格
受験資格が得られるもの
■理学療法学科/理学療法士(国) 
■作業療法学科/作業療法士(国) 
■言語聴覚学科/言語聴覚士(国) 
■義肢装具自立支援学科/義肢装具士(国)
目標とする資格
■義肢装具自立支援学科/福祉用具専門相談員 、 福祉住環境コーディネーター検定試験(R)、福祉用具プランナー(学内試験に合格し、申請することにより取得可能)、車いす安全整備士
平成27年度国家試験合格率・合格者数
■理学療法学科/ 理学療法士(国)93.5%・86名(全国74.1%) 
■作業療法学科/ 作業療法士(国)97.6%・40名(全国87.6%) 
■言語聴覚学科/ 言語聴覚士(国)92.3%・36名(全国67.6%) 
■義肢装具自立支援学科/ 義肢装具士(国)86.7%・39名(全国84.1%)
施設・設備
最高水準の実習・研究設備
三次元動作解析装置/VICON(理学療法)や、体圧分布測定装置(作業療法)、ドイツのオットーボック社による作業環境(義肢装具)など、学生数に応じた最高水準の学内環境を備え、一人ひとりの実践力を高めます。

就職率・卒業後の進路 

■就職実績
★平成28年3月卒業生 就職率100%達成★ (就職希望者204名/学部全体※改編前実績)
■活躍の場
病院等医療機関、介護老人保健施設、訪問リハビリテーションセンター、特別支援学校、義肢装具製作所、福祉用具・機器関連企業 他

問い合わせ先・所在地

〒950-3198 新潟県新潟市北区島見町1398番地
025-257-4459 入試事務室

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県新潟市北区島見町1398番地 「豊栄」駅から無料スクールバス 20分
「新潟」駅から車 30分

地図

 

路線案内


新潟医療福祉大学(私立大学/新潟)

大学・短期大学・専門学校を探すならスタディサプリ進路