• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 平成音楽大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音楽学部
  • 音楽学科

私立大学/熊本

ヘイセイオンガクダイガク

音楽学科

募集人数:
60人

音楽を追求し、創る楽しさを学ぶ。ジャンルにとらわれず、個性を大事にした教育を実施

学べる学問
  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

目指せる仕事
  • ピアニスト

    感情をのせながらピアノを奏でる

    自分の感情をのせながらメロディを奏でていく。数々のコンクールなどで優勝し、プロのピアニストとしてコンサートを開いたり、オーケストラやバンド等に所属して活躍する場合もある。

  • ギタリスト

    センスとテクニックでギターをあやつる

    同じ曲でも、その人のテクニックはもちろん、感性によっても、曲のイメージが変わってくる。ギタリストとして、バンドやソロでCDを出したり、コンサート活動していく場合や、多くの場合は、スタジオミュージシャンや、音楽学校の講師などをしながら生計を立てている。

  • ドラマー

    ドラムを叩いて、リズム感とスピード感を生み出す

    バンドのメンバーとして活躍する。それ以外の活動としては、スタジオミュージシャンとしてメンバーに加わって演奏したり、音楽学校の講師などの道がある。本業はほかに持ち、ライブハウスなどで活動するなど、ドラマーだけで生計を立てていくのは難しい。

  • 歌手・ボーカリスト

    歌で人を感動させる。めざすジャンルは様々。

    歌の基礎を学び、オーディションに応募して合格し、本格的なボーカルトレーニングを受けて、デビューとなる。素質や実力に加えて、運や時代感覚も必要。また、クラッシック、ジャズ、ロックなどどんなジャンルを専門にするかによってもそのプロセスはちがってくる。

  • 音楽プロデューサー

    歌手や演奏家の力を引き出す

    歌手、タレントの発掘をはじめ、音楽の方向づけやテーマを決めて作詞・作曲家の選定、売り出し方にいたるまでを総合的に担当する。最近では、ミュージシャンが自ら、他の人をプロデュースするケースも多く、ヒット曲を生み出している。

  • 作曲家

    どんな曲づくりも、オリジナリティやセンスが必要

    歌謡曲などのメロディーに重点をおいた曲作りをするソングライタータイプや、映画やラジオ、TVのテーマ音楽やCMを手がける仕事の場合もある。自作をレコード会社や音楽出版に売り込みデビューのチャンスをつかむ。クラッシックやオーケストラなどの曲づくりはさらに専門性が必要。

  • 編曲家

    アレンジの仕方によって曲が生きる

    同じ曲でもアレンジの仕方によってイメージがかなり変わるものだ。作曲家が編曲までを手がける場合も多いが、どんな楽器を使い、各パートごとにどんな演奏をするのかを考えるのは、編曲者(アレンジャー)の仕事となる。

  • 音楽教師

    音楽に親しむ喜びを教え、豊かな心を育てる

    児童・生徒に歌うこと、楽器を弾くこと、名曲を聴くことなどを通して、音楽に親しむ喜びを教える。学校教師の場合、音楽の時間だけでなく地域との交流、合唱の発表会、クラブ活動などで果たす役割も大きい。また個人で教室を開く場合もある。

  • 中学校教諭

    専門教科を教えるとともに心のケアも

    小学校と違い、免許のある単一教科を教えるので深い専門知識が必要となる。また、中学時代は、子供から大人にかわる過渡期で、不安定になる生徒も多いので、適切な指導をしていかなくてはならない。人間としての幅広い教養や対応力が求められる。

  • 高校教諭

    自分の専攻の知識を生かしてより専門分野を深く教える

    公立・私立の高等学校で、自分の持っている免許状の担当教科を教え、生徒の部活動や生活・進路指導を行う。また、学校運営の事務も行う。小学校・中学校よりも一般的に授業時間が少ないので、専門分野の勉強に打ち込める時間も取りやすい面もある。

初年度納入金:2017年度納入金 170万円  (入学金20万円、授業料100万円、施設費50万円)

学科の特長

学ぶ内容

<作曲コース><ミュージックパフォーマンスコース>幅広く音楽創りを学び、表現する力を培う
●作曲コース/芸術音楽から商業音楽まで幅広く対応できる作曲能力を養成。作曲活動に必要な基礎知識、和声学、コード進行、メロディーの作り方、楽曲の分析などを修得。●ミュージックパフォーマンスコース/音楽からの自由な発想を表現。コンサートなど、数多くのステージを経験しながら音楽を活かした夢を形にします。
<電子キーボードコース>40年以上の歴史に基づいた実績、教育法を実践する
本学の前身である「熊本音楽短期大学」からの、歴史を誇る本学の電子オルガン教育。その研究成果と実績は全国的にも高い評価を得ています。基本的な演奏方法の指導はもちろん、即興演奏をはじめ、編曲法を含む作曲法などを学び、演奏者としての実践的な能力と豊かな表現力を育成します。
<サウンドデザインコース>音楽とコンピュータの知識と技術を修得。マルチに音楽創りを学ぶ
今や音楽創りにおいて、とても重要な役割を果たすコンピュータを使った楽譜作りや、CD、DVDへのレコーディング、コード進行などを修得。また、演奏会企画や立案、予算、劇場の構造などあらゆる知識が身に付くアートマネージメントも学ぶことができます。進化し続ける音楽業界で、幅広く活躍できる人材を育成します。
<音楽療法コース>音楽家であり臨床家である人材を育成
本コースでは、音楽の専門技術はもちろん、医療従事者としての知識や考え方、技術までも修得。医療現場で活躍する音楽療法士が指導を行います。学生たちは、現場での実習を体験。早い時期から実践的なトレーニングを積むことができます。
<音楽教育コース>学校で音楽教育をする知識と、指導者としての資質を養う「学校音楽教育」
中学校、高等学校の音楽教諭および小学校の音楽専科教諭(中学校教諭免許で可)を目指します。実際に自分で指導案を作ったり、模擬授業などを通して、何より生徒を指導する立場である教員として、そして音楽の教師や部活動の指導者としての資質を養い、生徒が音楽を好きになり、成長するための支援のあり方を学びます。
<声楽・ピアノ・管弦打楽コース>個人指導を中心に、基礎から応用まで幅広く演奏を学ぶ
「声楽コース」では、まず自分の声や身体を理解し肉体を鍛え、発声や呼吸法などの基礎を身に付けます。「ピアノコース」では基礎から近・現代までの作品を研究、演奏技術の確立向上を目指し、幅広く能力を高めます。「管弦打楽コース」は、基礎から応用まで段階的な指導を行うと同時に、リペア(修理)の技術まで修得。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 中学校教諭免許状【音楽】<国> (一種) 、
  • 高等学校教諭免許状【音楽】<国> (一種)

音楽療法士(1種(音楽療法コース)全国音楽療法士養成協議会認定)
音楽療法士(2種(音楽療法コース他全コース)全国音楽療法士養成協議会認定) ほか

受験資格が得られる資格

  • 音楽療法士 (<補>(日本音楽療法学会認定)(音楽療法コース))

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    演奏家 、 学校教諭 、 音楽講師 、 コンサートステージスタッフ 、 音楽プロモーター 、 DAWインストラクター 、 ブライダル関係 、 介護老人保健福祉施設職員 、 病院デイケアサービス部門職員 、 知的障がい者更生施設職員 ほか

※ 想定される活躍分野・業界

(進学・留学の進路もあり)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒861-3295 熊本県上益城郡御船町滝川1658
096-282-0506
koho@heisei-music.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
御船キャンパス : 熊本県上益城郡御船町滝川1658 「辛島町」駅から降りてすぐ 交通バスセンターからバス40分(今城下車) 徒歩15分
「南熊本」駅からバス30分(今城下車) 徒歩15分
「熊本」駅から車 25分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

平成音楽大学(私立大学/熊本)