• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 四国医療専門学校

香川県認可/専修学校/香川

シコクイリョウセンモンガッコウ

創立61年の伝統と実績を誇る伝統医学と現代医学の学科を備えた総合医療専門学校

「医療は手当て」。優しい心と、手の温もりを持ち、安らぎや安心感を与えられる医療人に。伝統医学と現代医学の両分野の学科を併せ持つ総合医療専門学校として、時代の求める人材育成をめざしています。

四国医療専門学校の特長

学校の特長1

「あん摩マッサージ指圧師」や「アスレティックトレーナー」の資格取得が可能!

鍼灸マッサージ学科は全国でも数少ない「あん摩マッサージ指圧師」の受験資格が得られ、スポーツ医療学科は四国唯一の「日本体育協会公認アスレティックトレーナー」の免除適応コース認定校です。全学科、将来の目標にリンクした資格取得はもちろん、現場で活躍できる知識・技術を修得するため、充実した学習環境を用意。「職業実践専門課程」に認定された学科をはじめ、各業界団体や就職先となる医療機関と連携して実践的な授業を行い、医療・福祉・スポーツのあらゆるシーンで活躍できる能力を育成します。さらに学科の枠を超えて行われている「学びの交流」など、専門性を高めながら幅広い知識が身につけられるよう、総合的に学習を進めます。

学校の特長2

教職員が連携して就職・開業をサポート

単に就職先を斡旋するだけでなく、全国各地から寄せられる求人の中からより良い医療機関へ就職できるよう、教職員が連携して全力でサポート!教育理念である『自律・信頼・貢献』を実践できるよう、基礎の段階から最高の学びを伝授するとともに、就職を希望する学生には面談指導や履歴書の書き方をはじめ、個人の希望に沿った就職支援も行っています。施術所への就職が多い鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科・柔道整復学科の学生には、施術所採用担当者を学校に招き、職場説明会も実施しています。

学校の特長3

寮・駐車場・食堂・コンビニ完備!在校生・卒業生の別学科進学は、最大67万5000円免除

本校は駅から徒歩約5分とアクセス良好なうえ、校舎に隣接した約250台収容可能な駐車場も完備しており、自動車通学も可能。学生生活をサポートする3つの学生寮(ワンルームタイプ147室)も学校近くにあり、バス・トイレ・キッチンはもちろん、家具や家電製品も備え付けられ家賃もリーズナブル!遠方からの入学者も安心して一人暮らしを始めることができます。また、学校内には食堂やコンビニを備えた学生ホールも設置し、学生生活をサポート。さらに、本校在校生や卒業生が別の学科へ進学の場合に必要な費用が最大で67万5000円免除されるなど学生の学ぶ意欲を学費面からもサポートしています。

学校の特長1

「あん摩マッサージ指圧師」や「アスレティックトレーナー」の資格取得が可能!

鍼灸マッサージ学科は全国でも数少ない「あん摩マッサージ指圧師」の受験資格が得られ、スポーツ医療学科は四国唯一の「日本体育協会公認アスレティックトレーナー」の免除適応コース認定校です。全学科、将来の目標にリンクした資格取得はもちろん、現場で活躍できる知識・技術を修得するため、充実した学習環境を用意。「職業実践専門課程」に認定された学科をはじめ、各業界団体や就職先となる医療機関と連携して実践的な授業を行い、医療・福祉・スポーツのあらゆるシーンで活躍できる能力を育成します。さらに学科の枠を超えて行われている「学びの交流」など、専門性を高めながら幅広い知識が身につけられるよう、総合的に学習を進めます。

学校の特長2

教職員が連携して就職・開業をサポート

単に就職先を斡旋するだけでなく、全国各地から寄せられる求人の中からより良い医療機関へ就職できるよう、教職員が連携して全力でサポート!教育理念である『自律・信頼・貢献』を実践できるよう、基礎の段階から最高の学びを伝授するとともに、就職を希望する学生には面談指導や履歴書の書き方をはじめ、個人の希望に沿った就職支援も行っています。施術所への就職が多い鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科・柔道整復学科の学生には、施術所採用担当者を学校に招き、職場説明会も実施しています。

学校の特長3

寮・駐車場・食堂・コンビニ完備!在校生・卒業生の別学科進学は、最大67万5000円免除

本校は駅から徒歩約5分とアクセス良好なうえ、校舎に隣接した約250台収容可能な駐車場も完備しており、自動車通学も可能。学生生活をサポートする3つの学生寮(ワンルームタイプ147室)も学校近くにあり、バス・トイレ・キッチンはもちろん、家具や家電製品も備え付けられ家賃もリーズナブル!遠方からの入学者も安心して一人暮らしを始めることができます。また、学校内には食堂やコンビニを備えた学生ホールも設置し、学生生活をサポート。さらに、本校在校生や卒業生が別の学科へ進学の場合に必要な費用が最大で67万5000円免除されるなど学生の学ぶ意欲を学費面からもサポートしています。

学校の特長1

「あん摩マッサージ指圧師」や「アスレティックトレーナー」の資格取得が可能!

鍼灸マッサージ学科は全国でも数少ない「あん摩マッサージ指圧師」の受験資格が得られ、スポーツ医療学科は四国唯一の「日本体育協会公認アスレティックトレーナー」の免除適応コース認定校です。全学科、将来の目標にリンクした資格取得はもちろん、現場で活躍できる知識・技術を修得するため、充実した学習環境を用意。「職業実践専門課程」に認定された学科をはじめ、各業界団体や就職先となる医療機関と連携して実践的な授業を行い、医療・福祉・スポーツのあらゆるシーンで活躍できる能力を育成します。さらに学科の枠を超えて行われている「学びの交流」など、専門性を高めながら幅広い知識が身につけられるよう、総合的に学習を進めます。

学校の特長2

教職員が連携して就職・開業をサポート

単に就職先を斡旋するだけでなく、全国各地から寄せられる求人の中からより良い医療機関へ就職できるよう、教職員が連携して全力でサポート!教育理念である『自律・信頼・貢献』を実践できるよう、基礎の段階から最高の学びを伝授するとともに、就職を希望する学生には面談指導や履歴書の書き方をはじめ、個人の希望に沿った就職支援も行っています。施術所への就職が多い鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科・柔道整復学科の学生には、施術所採用担当者を学校に招き、職場説明会も実施しています。

学校の特長3

寮・駐車場・食堂・コンビニ完備!在校生・卒業生の別学科進学は、最大67万5000円免除

本校は駅から徒歩約5分とアクセス良好なうえ、校舎に隣接した約250台収容可能な駐車場も完備しており、自動車通学も可能。学生生活をサポートする3つの学生寮(ワンルームタイプ147室)も学校近くにあり、バス・トイレ・キッチンはもちろん、家具や家電製品も備え付けられ家賃もリーズナブル!遠方からの入学者も安心して一人暮らしを始めることができます。また、学校内には食堂やコンビニを備えた学生ホールも設置し、学生生活をサポート。さらに、本校在校生や卒業生が別の学科へ進学の場合に必要な費用が最大で67万5000円免除されるなど学生の学ぶ意欲を学費面からもサポートしています。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

夜間オープンキャンパス2017

日曜日のオープンキャンパスに日程が合わない方や、部活動で忙しい方にぴったり!専門のスタッフが相談会形…

続きを見る

詳細を見る

スポーツ医療学科 オープンキャンパス2017

オープンキャンパスは、あなたの「もっと知りたい」を叶えるチャンス! 希望の日時を選んで参加しよう! …

続きを見る

オープンキャンパス一覧を見る

四国医療専門学校からのメッセージ

夜間部授業料の1/3を減額!W資格取得を目指す方への支援を拡充しました。


四国医療専門学校では2018年度入学生より、夜間部との併修や卒業生の夜間部入学の場合、夜間部授業料の1/3を軽減する『夜間部併修者優遇制度』を設けました。
在校生・卒業生優遇制度と合わせ、最大1,152,000円の学費負担を軽減できます。

詳しくは、本校までお問い合わせください。

(6/15更新)

四国医療専門学校の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

【2017年度納入金】■鍼灸マッサージ学科/合計208万円(入学金75万円含む) ■鍼灸学科・柔道整復学科/(1部)合計127万円(入学金30万円含む)/(2部)合計115万円(入学金30万円含む) ■理学療法学科・作業療法学科/合計149万円(入学金30万円含む) ■看護学科/合計100万円(入学金15万円含む) ※別途、九州保健福祉大学通信教育部との併修費用約19万円 ■スポーツ医療学科/合計95万円(入学金15万円含む)

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数204名
就職希望者数167名
就職者数159名
就職率95.2%(就職者数/就職希望者数)
進学者数18名

就職支援

高い就職率は即戦力の証!就職・開業のサポート体制も充実

文部科学大臣より「職業実践専門課程」に認定(鍼灸マッサージ学科、鍼灸学科1部・2部、理学療法学科、作業療法学科、看護学科)されており、それぞれの業界団体や就職先となる医療機関と連携し、業界のニーズを反映したカリキュラムを構築しています。そして、教職員が一丸となって就職・開業をサポートします。就職を希望する学生には面談指導や履歴書の書き方など、個人の希望に沿った就職支援を行っています。鍼灸マッサージ学科・鍼灸学科・柔道整復学科は施術所への就職が多いため、施術所の採用担当者を学校に招き、職場説明会も開催しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試係

〒769-0205 香川県綾歌郡宇多津町浜五番丁62-1
TEL:0877-41-2323

所在地 アクセス 地図・路線案内
香川県綾歌郡宇多津町浜五番丁62-1 「宇多津」駅から徒歩 約5分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年09月22日 17:13 BLOG

    作業療法学科3年生25名は、 9月22日から24日にかけて 研修旅行へ行ってきます   研修先は、 東京国際フォーラムで開催される 『第51回 日本作業療法学会』 です 高松空港へ7時前に集合 天候の影響で飛行機は揺れましたが、 無事羽田空港へ到着 会場の東京フォーラムへ 10時30分に到着しました これから学生は、班ごとで 興味のある会場の講演を 聴講します 本日は、 本校の水上保孝教員も 発表する予定です 学生にとって、 充実した研修旅行になると思います   詳細は、来週報告いたします

    http://www.459.ac.jp/news/year2017/entry-2768.html

  • 2017年09月21日 12:13 BLOG

    理学療法学科・作業療法学科では、 理学療法や作業療法を 追究していく姿勢を養うために 「基礎研究活動」 という授業を行っています   この授業では、 理学療法学科・作業療法学科2・3年生 合同のグループを作り、 1つのテーマについて 各グループで研究を行います   そして、その研究成果を発表する場として、 基礎研究活動発表会を開催します   今年度でなんと 25回目の開催となりました   大麻学校長より、 研究を継続する姿勢の重要性や 生涯学習の必要性に関するお言葉をいただき、 「第25回基礎研究活動発表会」 を開始しました 大麻学校長をはじめ、 参加者全員が真剣に 発表を聴講していました 発表者は、緊張しながらも、 落ち着いて自分たちの研究について 発表できていました   発表者にとって、 貴重な経験となったのではないでしょうか 質疑応答も活発におこなわれ、 実り多い研究発表会になりました 医療従事者に求められる資質は、 常に疑問を持ち、調べ、研究をおこない、 発表していく姿勢です。   その積み重ねが、 明日のリハビリテーションを 支えていくことになります   これからも、 理学療法士・作業療法士を目指し、 常に探求心を持って 勉強していってほしいと思います

    http://www.459.ac.jp/news/year2017/entry-2764.html

  • 2017年09月08日 13:13 BLOG

    第30回 教育研究大会・教員研修会が 新潟県で開かれ、本校から 理学療法学科・作業療法学科の 教員4名が参加しました 今回は、 『リハビリテーション関連職種の教育改革と 卒前卒後教育の充実』 というテーマで、 これからの 理学療法士や作業療法士の需給問題・ 臨床実習教育や卒後レジデント制度など、 社会のニーズに応えられる 優れた療法士の 養成教育システム構築について、 様々な視点から考えることができた 2日間でした 本校からは、 作業療法学科の磯谷教員が ポスター発表を行いました   磯谷教員は、 『臨床実習における MTDLP使用時の有益性と 今後の課題』 について発表しました 今回のテーマに 興味をもっておられる先生方と 行ったディスカッションの中で、 臨床実習でMTDLPを導入していく上での アドバイスをいただきました   また、これからMTDLP導入を 検討されている養成校の先生方には、 今までの経験を基に アドバイスをさせていただきました   今回の研修会で得た経験を 学生教育の一助にしたいと思います   来年は北海道で開催予定です   本校からも引き続き 研究活動の発表をしたいと思います

    http://www.459.ac.jp/news/year2017/entry-2755.html

  • 2017年08月31日 14:15 BLOG

    オープンキャンパスを開催しました 夏休み中とあって、 進学を真剣に考えている 高校3年生の他、 職業や医療分野の研究をしてい る高校1・2年生の方も、 たくさん参加いただきました   社会人の方も含め、 参加されたすべての方が 自身の未来が描けたのではないでしょうか   暑い中参加された皆様、 ありがとうございました 【8/6開催オープンキャンパスの様子】 【8/27開催オープンキャンパスの様子】

    http://www.459.ac.jp/news/year2017/entry-2753.html

  • 2017年08月25日 13:13 BLOG

    「あそび教室」を開催しました   からだの使い方、あそび方が気になっている 4歳から~小学1年生のお子様に 集まっていただき、 作業療法士、理学療法士 と一緒に遊びました まず、場と人に慣れるために 自由に遊び、その後 自己紹介をしました そして、親子あそびをしました   親子あそびでは、 親子でふれあいながら 楽しくからだを動かすことを目的に 『親子竹馬』や『パパのぼり』等を 行いました 次に課題遊びです   イヌやクマ、うさぎ、カンガルー等と 次々に動物になってもらい 『模倣遊び』をしたり、 お尻にヒモをつけシッポに見立て、 『シッポ取りゲーム』や 新聞を使って『バランスゲーム』 『シューティングゲーム』等をして 身体の各部位を コントロールする調整力 を促しました 全身の体を使った遊びを通じて、 子供たちに体の使い方を 楽しく経験できるよう 企画した教室でした   夏休みの企画で 2回だけで終了しましたが、 また時機等を考え 企画したいと思っています   今回ご参加いただいた 親子の皆様、 ありがとうございました   尚、個別で相談があれば 随時対応を考えております

    http://www.459.ac.jp/news/year2017/entry-2752.html

請求できるパンフはこちら

無料
パンフレット・募集要項等
四国医療専門学校(専修学校/香川)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる