• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 仙台接骨医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 佐藤 由奈さん(柔道整復科/柔道整復師)

宮城県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/宮城

センダイセッコツイリョウセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

柔道整復師  として働く  佐藤 由奈さん  にインタビュー!

  • スポーツ・健康業界
  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

体と心に寄り添える医療者を目指す日々。いずれは教員として母校に帰りたい

この仕事の魅力・やりがい

整形外科専門医院で柔道整復師として働いています。先生の診断をもとに、専門医療機器を使った物理療法で患者さんの治療に当たるのが私の仕事。通われる方は子供からお年寄りまで様々ですが、腰や膝の症状を訴える方が多く見られます。私自身、小学校から高校までバスケットボールをしていて、慢性的な膝のケガに悩まされました。当時頼りにしていた先生が仙台の接骨院にいらっしゃって、栗原から通ってくる私を時間外でも待っていてくださり本当に心強かった思い出があります。まだまだ勉強中の身ですが、患者さんの痛みを和らげることで、あの先生のように少しでも心から信頼される医療者に近づけたかな?と思える毎日がとても充実しています。

柔道整復師として働く佐藤 由奈さん

患部に微弱電流をあてる干渉波治療で痛みを和らげる

柔道整復師として働く佐藤 由奈さん
私の学生時代!

トレーニングの指導・補佐を通して適切な運動療法を

私の学生時代!

3年間の学生時代は、テスト前にお互いに苦手な問題を出し合ったり遊んだり、良き仲間に恵まれて勉強のかたわら楽しい毎日! 柔道の授業があるのですが、私はとにかくこの授業が苦手で(笑)。あんなに下手だった私がなんとか初段を取れたのも、練習につきあってくれたみんなのおかげだと思います。2年次には京都へ2泊3日の修学旅行に行き、仲間との楽しい思い出もたくさん作れました。柔道整復師という共通の目標を目指す仲間として、勉強面でもお互いに励まし合って頑張れましたし、同じ職種に就いているので卒業後も仕事の悩みなどを打ち明けられる。そんな心強い仲間をつくれたことが、学生時代の一番の財産です。

これからかなえたい夢・目標

患者さんと対話をしながらカルテ作りを行うことも

これからかなえたい夢・目標

当面の目標は、経験を積んで多くの患者さんと接し、バスケ時代の私の支えになってくれた先生のような信頼される医療者になること。将来的には専科教員の試験を受けて、教師の立場で学ぶ楽しさを伝えながら柔道整復師を目指す生徒を支えていきたいと考えています。そう思ったのも仙台接骨医療専門学校で尊敬すべき先生方に出会えたから。試験対策やそれ以外で工夫して作ってくださった様々なプリント、生徒の興味を引きだす講義を通して、体の仕組みを知る面白さを知ることができました。自分から興味関心を持って知識を吸収していく姿勢は、仕事をする上でも生きているんです。ゆくゆくは母校の教員となって恩返ししたいですね。

プロフィール

佐藤 由奈さん のプロフィール

おおはし整形外科勤務/柔道整復科/2016年3月卒/宮城県白石市出身。小学校から始めたバスケットボール選手時代に接骨院に通い始め、柔道整復師の仕事を知る。仙台接骨医療専門学校へ入学後は、東北大学での「解剖実習見学」など刺激的な体験を通して、体の仕組みを探求する楽しさを味わう。充実した毎日を過ごし、主席で卒業。「薬を使わずに人の手を通して痛みを取り除く。そんな柔道整復師の仕事に誇りを持っています。いつかは母校の教員にという目標を胸に、これからもっと経験を積んで医療者として成長していきたいです」。

この先輩が卒業したのは…

仙台接骨医療専門学校 柔道整復科

学校イメージ

1952年創立の歴史と伝統を誇る本校。丁寧な指導により思いやりの心を持った柔道整復師を育成します。基礎分野では生物学、心理学、社会学、英語、また専門基礎分野では解剖学、生理学、一般臨床医学、整形外科学、リハビリテーション医学など、骨折や脱臼等のセラピストとして必要な知識と技術を広く深く学習。また附属接骨院での臨床実習も行い、受付業務での患者さんとの接し方や最新の電気機器を使った物理療法、テーピングや包帯の巻き方など、実践を通して専門技術を養成します。また包帯巻きの技術を競う「包帯巻きコンテスト」や2年次に催される2泊3日の研修旅行など、様々なイベントを通して学生同士や教員との親睦を深めています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

仙台接骨医療専門学校(専修学校/宮城)