• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 仙台接骨医療専門学校
  • 他の卒業後のキャリア一覧
  • トレーナーには多くのポジションと役割が柔道整復師はトレーナーの現場に則しています

宮城県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/宮城

センダイセッコツイリョウセンモンガッコウ

トレーナーには多くのポジションと役割が柔道整復師はトレーナーの現場に則しています

矢板東高校
君嶋秀幸さん
 トレーナーには多くのポジションと役割がありますが、柔道整復師はスポーツの現場に則していると思います。
 選手がケガをした時にケガの部位を修復し、アクシデントによって弱った筋肉を鍛え直し、身体のバランスを整え、リハビリをすることができる。そして選手に、何故身体が壊れたかを教える。これらは柔道整復師の技術資格を持って初めてできることです。
 選手のケガの状態を診て、現場で直ちに判断し、自分の知識と手技一つで骨折・脱臼・捻挫・打撲の応急処置を施こせるのが柔道整復師です。
 学校で解剖学や生理学、柔道整復学などの基礎学習をよく学び、次に治療の技術を覚え、臨床を通して症例を数多く経験すれば、自ずとトレーナーの技術も身に付きます。学校の実技で学んだ包帯巻きの技術は、今も私にとって大切な技術になっています。
 私はプロ選手やオリンピック選手など、様々な種目の多くのアスリートのトレーナーとして活動していますが、トレーナーを目指している皆さんに伝えたいことは、「柔道整復師の資格があれば、トレーナーの活動はバリバリできる」ということです。
 多くの患者さんはレントゲンの画像上では問題が無くとも、生活上は問題を抱えています。その問題を感じ取り、患者さんと一緒になって治療して行くのが柔道整復師です。私はスタッフに「患者さんにとってオラが先生になれ」と教えています。これから柔道整復師を目指す皆さんは柔道整復師を好きになってください。そして治療することを好きになってください。「ケガを治してあげたい」という気持ちがあれば自信も付きます。
 仙台接骨医療専門学校は人に温かな校風を持った学校です。皆さんも高い価値観を持って学んでください。
仙台接骨医療専門学校(専修学校/宮城)