• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • JAPANサッカーカレッジ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • マネージャー・トレーナー科

新潟県認可/専修学校/新潟

ジャパンサッカーカレッジ

マネージャー・トレーナー科

募集人数:
15人

マネージャーとトレーナーの二本柱で、ホペイロ、エキップメントなど、選手・チーム管理のプロを目指す

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

目指せる仕事
  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • 宣伝

    自社製品の広告制作窓口

    自社製品を広く告知するための広告制作、ポスター・CM制作、カタログ制作、イベント、一般問い合わせ対策などの企画・実施を行う。また、社内報の編集、社史編纂、CI統括、会社案内制作などの仕事をするケースもある。自社製品や業界情報に精通するための勉強は欠かせない。

  • スポーツトレーナー

    一般の人からプロ選手まで、トレーニング指導の専門家

    プロ野球選手の専属トレーナーが注目されて話題になるなど、スポーツトレーナーの仕事は奥が深い。トレーニングする相手の体質や、健康上の課題をつかみ、その人にあったアドバイスや指導をしなければならない。体のしくみや栄養知識など、高度な専門知識がもとめられる。

  • メディカルトレーナー・リハビリトレーナー

    ケガをした人の運動機能の回復やスポーツ選手の健康管理をサポート

    病気やケガをした人や高齢者の運動機能の回復、スポーツ選手のコンディションの管理やケガの治療・リハビリなどをサポートする専門職。マッサージやストレッチなどの施術のほか、効果的なトレーニング方法のアドバイスなども行う。病院や治療院、スポーツクラブなどで働くほか、特定のスポーツチームや選手の専属として活躍する人も多い。メディカルトレーナー・リハビリトレーナーを名乗るのに国家資格は必須ではないが、理学療法士、柔道整復師、はり師・きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師なども持っていると有利。

  • スポーツインストラクター

    各種スポーツの技術指導を行う

    スポーツクラブやトレーニングジムに勤務し、各種スポーツの技術指導を行う。スポーツによって指導のポイントが異なり、ゴルフ、テニスなど技術の習得が目的の場合は実技指導、アスレチック、エアロビクスなどの健康維持が目的のものは実技指導のほか日常生活や食事のアドバイスも行う。

  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

  • スポーツプロモーター

    観客が喜ぶ企画を実現するスポーツイベントの仕掛け人

    さまざまなスポーツの国際試合や、ボクシングのタイトルマッチなど、観客が喜ぶ大きなスポーツイベントを企画し、実現にむけて活動する。団体や選手との交渉から、開催場所、日時設定、宣伝方法など、成功させるためにやらなければならないことはたくさんある。

  • 監督・コーチ

    スポーツ選手の強みや弱みを把握し、勝てる選手になるよう鍛え、試合を導く

    野球やサッカー、バレーボールなど、プロおよびアマチュアスポーツの監督・コーチとして、選手の育成や試合の指導を行う。医学やスポーツ科学など科学的なアプローチのし方から、メンタル面の支援など、幅広い知識と経験も問われる。個々の選手の強み・弱みを把握し、より強くなるよう指導したり、「勝てる」試合運びを指導したりする。Jリーグでは日本サッカー協会が認定する指導者資格(コーチライセンス)のS級を取得していないと監督になれないなど、競技によって、コーチ育成のための研修・資格認定を受ける必要があることも。

初年度納入金:2016年度納入金(参考) 99万円 
年限:2年制

学科の特長

授業

日本代表・Jクラブマネージャーなどの多彩な外部講師より学び、チームを支えるプロを目指す
用具管理、スケジュール作成、ロッカールームの作り方など、マネージャーとしての基礎を学ぶとともに、日本代表やJクラブなどの経験豊富な外部講師を定期的にお招きし、業界の裏側やスキルを習得することができます。

実習

幅広い知識とスキルの習得が可能
JAPANサッカーカレッジは競技レベルに合わせたチーム体制をとっており、その一つひとつが独立したチームとして活動しています。そのチームの一員として所属し、スケジュール管理や体調管理などを経験することで、チームのマネジメントから個別のサポートまで幅広く学び、現場での実践力を身につけます。

卒業後

Jクラブのホペイロ・エキップメントマネージャーを目指す
現場から幅広い知識と経験を得ることで、Jクラブのホペイロ・エキップメントマネージャーやトレーナーとして活躍することが期待できます。サッカーの総合専門学校・JAPANサッカーカレッジと業界とのネットワークを活かしたインターンシップ制度などを利用することで、Jクラブやサッカー業界への就職を目指します。

資格

ケガの予防・対処法などのトレーナー系からビジネススキルまで幅広い資格取得が可能
日本SAQ協会認定レベル1インストラクターをはじめとしたトレーナー関係の資格から、ホペイロに直結するシューズ・スパイク関係のJFA認定スポーツシューフィッターなどの資格取得が可能。またExcel(R)、Wordといったパソコン関係の授業もあり、ビジネスに関わる上で役立つ資格を目指すことができます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    日本サッカー協会公認C級コーチ
    日本サッカー協会公認キッズリーダー
    日本サッカー協会公認3級審判
    日本フットウェア技術協会認定スポーツシューフィッター
    日本SAQインストラクター
    日本赤十字社認定救急法救急員

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    アルビレックス新潟 、 鹿島アントラーズ 、 浦和レッドダイヤモンズ 、 川崎フロンターレ 、 FC東京 、 アビスパ福岡 、 ベガルタ仙台 、 グルージャ盛岡 、 ブラウブリッツ秋田 、 水戸ホーリーホック ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

※既存学科の実績です

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒957-0103 新潟県北蒲原郡聖籠町網代浜925-1
TEL:0120-731-211 (フリーダイヤル・携帯&PHSもOK)
E-mail:cups@nsg.gr.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
JAPANサッカーカレッジ : 新潟県北蒲原郡聖籠町網代浜925番地1 「佐々木」駅から無料送迎シャトルバス 15分
「新潟」駅から車 30分

地図

 

路線案内


JAPANサッカーカレッジ(専修学校/新潟)