• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 羽衣国際大学

私立大学/大阪

ハゴロモコクサイダイガク

経済経営・英語・観光・スポーツ・メディア・衣食住・製菓栄養の多彩な分野が揃う大学

羽衣の学びの特長は、キャンパス内での専門知識、技能の習得に加え、キャンパス外の学びが充実していること。教職員との距離が近いアットホームな雰囲気の中で、‘本当のあなたらしさ’を発見してください。

羽衣国際大学の特長

学校の特長1

個別カウンセリングで自分の適性を発見、4年間通して一人ひとりの就職進路を徹底支援

本学の教育目標は、一人ひとりの学生が、自分の適性、「なりたい自分」を発見し、実現すること。そのため、1年次から個別カウンセリングを行い、ゼミ、演習を通して年度別の学習目標、学習計画を立て、将来、自分が本当にしたいこと、目指す分野、職業を明確にしていきます。また、各種学外プログラムを通して実社会を経験し、専門の学びを深め、将来の進路に関連した資格取得を徹底サポート。3年次には就職活動のための実践的な演習を通して、自信を持って自分をアピールできるようになります。一緒に頑張る仲間、身近な教職員のアドバイスがあなたを支え、あなたの「なりたい自分」を実現します。

学校の特長2

学生一人ひとりに向き合いきめ細かくフォローする少人数ゼミ、クラスアドバイザー制度

羽衣国際大学の特長は、「教職員との距離が近い」「アットホームな雰囲気」。これは在学生アンケートでいつも一番多い回答です。そのわけは、4年間通した少人数ゼミ制度(現代社会学部:1クラス10人以下)とクラスアドバイザー制度(人間生活学部:クラス担任制度)。担当教員は学生一人ひとりの個性を把握し、その時々に必要な学びをきめ細かくアドバイスします。長いようであっという間に過ぎてしまう4年間・・・。その中で、ゼミ担当教員・アドバイザーは時に優しく、時に厳しく、しかしいつもあなたに寄り添いながら、学習面・生活面でアドバイスします。4年後に「羽衣で学んでよかった」と言ってもらえることが私たちの最大の喜びです。

学校の特長3

各種実習、インターンシップ、海外研修など、学びの場はキャンパス外にも広がります

羽衣国際大学の学びはキャンパスの中だけではありません。すべての学部・学科でキャンパス外における学びが充実しています。例えば、新入生学外研修、ゼミ合宿、就業体験(インターンシップ)、海外研修プログラム、地域ボランティア活動、各種施設実習等、授業で学んだ知識や技能は、学外の実社会で試すことで初めて活きた知識や技能に変わります。羽衣の学外プログラムの特長は、学生一人ひとりの意欲や興味関心に応じてオーダーメイドにプログラムが開発されていることと、プログラム前後の事前学習、事後学習が充実していること。だから、学外プログラムへ参加することがきっかけで将来の方向性を決める学生がたくさんいます。

学校の特長1

個別カウンセリングで自分の適性を発見、4年間通して一人ひとりの就職進路を徹底支援

本学の教育目標は、一人ひとりの学生が、自分の適性、「なりたい自分」を発見し、実現すること。そのため、1年次から個別カウンセリングを行い、ゼミ、演習を通して年度別の学習目標、学習計画を立て、将来、自分が本当にしたいこと、目指す分野、職業を明確にしていきます。また、各種学外プログラムを通して実社会を経験し、専門の学びを深め、将来の進路に関連した資格取得を徹底サポート。3年次には就職活動のための実践的な演習を通して、自信を持って自分をアピールできるようになります。一緒に頑張る仲間、身近な教職員のアドバイスがあなたを支え、あなたの「なりたい自分」を実現します。

学校の特長2

学生一人ひとりに向き合いきめ細かくフォローする少人数ゼミ、クラスアドバイザー制度

羽衣国際大学の特長は、「教職員との距離が近い」「アットホームな雰囲気」。これは在学生アンケートでいつも一番多い回答です。そのわけは、4年間通した少人数ゼミ制度(現代社会学部:1クラス10人以下)とクラスアドバイザー制度(人間生活学部:クラス担任制度)。担当教員は学生一人ひとりの個性を把握し、その時々に必要な学びをきめ細かくアドバイスします。長いようであっという間に過ぎてしまう4年間・・・。その中で、ゼミ担当教員・アドバイザーは時に優しく、時に厳しく、しかしいつもあなたに寄り添いながら、学習面・生活面でアドバイスします。4年後に「羽衣で学んでよかった」と言ってもらえることが私たちの最大の喜びです。

学校の特長3

各種実習、インターンシップ、海外研修など、学びの場はキャンパス外にも広がります

羽衣国際大学の学びはキャンパスの中だけではありません。すべての学部・学科でキャンパス外における学びが充実しています。例えば、新入生学外研修、ゼミ合宿、就業体験(インターンシップ)、海外研修プログラム、地域ボランティア活動、各種施設実習等、授業で学んだ知識や技能は、学外の実社会で試すことで初めて活きた知識や技能に変わります。羽衣の学外プログラムの特長は、学生一人ひとりの意欲や興味関心に応じてオーダーメイドにプログラムが開発されていることと、プログラム前後の事前学習、事後学習が充実していること。だから、学外プログラムへ参加することがきっかけで将来の方向性を決める学生がたくさんいます。

学校の特長1

個別カウンセリングで自分の適性を発見、4年間通して一人ひとりの就職進路を徹底支援

本学の教育目標は、一人ひとりの学生が、自分の適性、「なりたい自分」を発見し、実現すること。そのため、1年次から個別カウンセリングを行い、ゼミ、演習を通して年度別の学習目標、学習計画を立て、将来、自分が本当にしたいこと、目指す分野、職業を明確にしていきます。また、各種学外プログラムを通して実社会を経験し、専門の学びを深め、将来の進路に関連した資格取得を徹底サポート。3年次には就職活動のための実践的な演習を通して、自信を持って自分をアピールできるようになります。一緒に頑張る仲間、身近な教職員のアドバイスがあなたを支え、あなたの「なりたい自分」を実現します。

学校の特長2

学生一人ひとりに向き合いきめ細かくフォローする少人数ゼミ、クラスアドバイザー制度

羽衣国際大学の特長は、「教職員との距離が近い」「アットホームな雰囲気」。これは在学生アンケートでいつも一番多い回答です。そのわけは、4年間通した少人数ゼミ制度(現代社会学部:1クラス10人以下)とクラスアドバイザー制度(人間生活学部:クラス担任制度)。担当教員は学生一人ひとりの個性を把握し、その時々に必要な学びをきめ細かくアドバイスします。長いようであっという間に過ぎてしまう4年間・・・。その中で、ゼミ担当教員・アドバイザーは時に優しく、時に厳しく、しかしいつもあなたに寄り添いながら、学習面・生活面でアドバイスします。4年後に「羽衣で学んでよかった」と言ってもらえることが私たちの最大の喜びです。

学校の特長3

各種実習、インターンシップ、海外研修など、学びの場はキャンパス外にも広がります

羽衣国際大学の学びはキャンパスの中だけではありません。すべての学部・学科でキャンパス外における学びが充実しています。例えば、新入生学外研修、ゼミ合宿、就業体験(インターンシップ)、海外研修プログラム、地域ボランティア活動、各種施設実習等、授業で学んだ知識や技能は、学外の実社会で試すことで初めて活きた知識や技能に変わります。羽衣の学外プログラムの特長は、学生一人ひとりの意欲や興味関心に応じてオーダーメイドにプログラムが開発されていることと、プログラム前後の事前学習、事後学習が充実していること。だから、学外プログラムへ参加することがきっかけで将来の方向性を決める学生がたくさんいます。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

オープンキャンパス2017

■ 学科・コース説明会 ■ 入試説明会&個別入試相談 ■ 体験授業 ■ 保護者向け説明会 ■ 学食ラ…

続きを見る

羽衣国際大学からのメッセージ

羽衣国際大学 オープンキャンパス2017

5/14(日)・6/4(日)・6/18(日)・7/22(土)・7/23(日)・8//11(金/祝)・8/27(日)
9/16(土)※・10/7(土)※
開催時間 10:30~16:00 ただし※印の日程は、13:00~16:00

■予約不要■

主な内容
●学科・コース説明
●体験授業
●入試説明
●個別相談コーナー
●保護者向け説明会 など

オープンキャンパス参加型AO入試にエントリーできます。

(4/12更新)

羽衣国際大学の学部・学科・コース

入試情報

実施している入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 【現代社会学部】放送・メディア映像学科/139万円、現代社会学科/129万円【人間生活学部】食物栄養学科/149万円、人間生活学科/134万円 (諸会費・実習費等は別途必要となります。)※各学科とも入学金24万円を含む

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

卒業者数212名
就職希望者数153名
就職者数149名
就職率97.4%(就職者数/就職希望者数)
進学者数11名

就職支援

1年次からのキャリア教育と3年次からの「キャリアプランニング」開講

本学の就職・進路支援は1年次からスタート。多種多様な提携受入先があるインターンシップ(就業体験)も1年次より参加できます。3年次からは、正課科目の「キャリアプランニング」を開講し、就職活動のノウハウや多様な就活に応えるべく実践指導を展開。業界研究セミナーや学内合同企業セミナー、学内採用選考会などの開催により、内定獲得を強力にバックアップします。また、キャリアカウンセラーによる個別相談は随時行っており、適宜アドバイスを受けることができます。4年間を通じ、小規模大学ならではの一人ひとりの顔と成長が見える支援体制が整っています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試センター

〒592-8344 大阪府堺市西区浜寺南町1-89-1
TEL:072-265-7200

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府堺市西区浜寺南町1-89-1 「羽衣」駅から徒歩 7分
「東羽衣」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内

ブログ・インフォ

  • 2017年07月04日 09:13 BLOG

     2017年6月30日(金)〜7月2日(日)に広島県広域公園陸上競技場(エディオンスタジアム)で開催された「第70回西日本学生陸上競技対校選手権大会」に、羽衣国際大学女子駅伝部から大会標準記録を突破した4選手が出場しました。第70回西日本学生陸上競技対校選手権大会●女子1500m 予選(6月30日)岡 奈津美(食物栄養学科1年生) 【予選3組】 6位 タイム4分43秒02 ※予選落ち●3000mSC 決勝(6月30日)福田 明里(人間生活学科3年生) 23位 タイム11分43秒99●女子10000m 決勝(6月30日)宇田川 里奈(現代社会学科1年生) 26位 タイム39分39秒03●女子800m 予選(7月1日)畑中 涼芳(現代社会学科1年生) 【予選10組】 6位 タイム2分26秒44 ※予選落ち●女子5000m 決勝(7月2日)岡 奈津美(食物栄養学科1年生) 23位 タイム17分41秒92 ご声援ありがとうございました。これからもよろしくお願いします。教学センター 学生・学習支援グループ

    http://www.hagoromo.ac.jp/hgnews/news_description.php?no=1627

  • 2017年07月03日 10:12 BLOG

     2017年6月29日、大阪医専救命救急学科の上久保 敦先生と学生5名にお越しいただき、本学学生対象で救命救急講習会を実施。クラブ・サークルに所属する学生中心に約50名の学生が参加しました。 前半はスライドと映像を用いて上久保先生から一次救命処置と心肺蘇生の重要性について解説いただきました。日本国内の教育現場では1年間で100件を超えるAED使用があること、心臓突然死の症例は年間で7万人以上であることなど、「誰もが」「いつでも」「どこでも」救命処置が必要となる場面に遭遇する可能性があることが紹介され、学生たちもその数の多さに驚いていました。 上久保先生からは、「意識のない人に遭遇した場合は周囲に助けを求め、10秒以内に呼吸を確認する」「迷ったなら胸骨圧迫を行う」など、とっさの判断が必要となる場面で活用できる心肺蘇生法の流れとポイントもご紹介いただきました。 後半はスポーツホールにて心肺蘇生法の訓練とAED使用方法の確認を実践。4グループに分かれ、大阪医専の学生たちに指導いただきながら、まずはテニスボールを使って胸骨圧迫の強さとテンポを確認。その後、訓練用人形を使って、各自が心肺蘇生法とAEDの使用方法を体験しました。 最後に、確認テストとして代表学生がシミュレーションを行い、実際に学内のAED設置場所まで取りに行き、どれくらいの時間で一次救命処置が完了できるかを測りました。学内の設置場所をしっかりと把握していなかったために、思った以上に時間がかかってしまい、普段からの確認の重要性を感じることができました。 上久保先生からは、これからの季節に向けて熱中症の予防と対策についてもお話しいただき、学生たちも改めて活動時の備えについて考える時間を持つことができました。 参加した学生のみなさん、「まさか」の現場に遭遇した際には今日の体験を思い出して落ち着いて対処してください。参加できなかった学生のみなさんは、自治体などの講習に参加するなどして一次救命処置ができるようになっておきましょう。教学センター 学生・学修支援グループ

    http://www.hagoromo.ac.jp/hgnews/news_description.php?no=1626

  • 2017年06月30日 10:11 BLOG

     2017年6月28日、学友会主催の「スポーツ大会」が日本研修中のSPSCCの学生たちも含め約100名の学生たちが参加して開催されました。 「スポーツ大会」では参加学生を「赤」「青」「桃」「紫」の4チームに分け、「玉入れ」「台風の目」「ドッチボール」「障害物競争」の4種目がチーム対抗で争われ、学生たちは優勝目指してチーム一丸となって汗を流しました。 SPSCCの学生たちも各チームに分かれて参加し、「玉入れ」や「台風の目」など日本独自の競技のルールややり方を同じチームの日本人学生たちが説明したり、障害物競走では日本人学生と一緒に二人三脚をしたりと、たくさん交流が生まれていました。 最終競技の「障害物競争」では、1位のチームが得点3倍となり逆転の可能性も。スポーツホール中に応援と歓声が鳴り響き、総合得点で「桃」チームが見事優勝しました。 学科やコースだけでなく国を超えて交流が生まれた「スポーツ大会」を企画・実行した学友会執行部のみなさん、お疲れ様でした。教学センター 学生・学修支援グループ

    http://www.hagoromo.ac.jp/hgnews/news_description.php?no=1625

  • 2017年06月29日 12:12 BLOG

     羽衣国際大学わかやまサテライトでの「第12回市民講座」が終了いたしました。本学の4学科4教員による全5講座が開講され、和歌山市を中心にたくさんの方にご参加いただきました。<第4講座>開催日:2017年6月19日(月)テーマ:「伸びる中小企業の秘密と戦略」講 師:永岡 俊哉准教授(現代社会学部放送・メディア映像学科) 「羽ばたけ関西中小企業」社長インタビューから得た伸びる中小企業の傾向について、言葉の定義から始まり、競争戦略、実現のための方策、論点、事例紹介・分析、考察および限界と課題までを詳細に解説しました。事例紹介では、大手企業が参入しないビジネス分野で成功した企業が紹介され、受講者アンケートからは「ニッチ企業」に対する興味と関心の高まりがうかがえました。<第5講座>開催日:2017年6月26日(月)テーマ:「消費者のための旅行業務約款を学ぶ」講 師:数井 敏男准教授(現代社会学部現代社会学科) 第12回市民講座の最終講座として、多くの方が利用する「募集型企画旅行(パッケージツアー)」の旅行業務約款(契約解除・旅程管理責任・旅程保証など)の開設を行いました。受講者のほとんどが、パンフレットを見て申込みをし、契約後は細かいところまで見ていないのが現状でした。約款解説後、講座終盤には「確認テスト」を受講生のみなさんと一緒に考え、今後の旅行申込時の正しい知識の習得を確認しました。第13回市民講座は、2017年11月〜12月で開催予定です。講座内容等詳細が決まり次第、ホームページ等でお知らせいたします。羽衣国際大学 わかやまサテライト

    http://www.hagoromo.ac.jp/hgnews/news_description.php?no=1624

  • 2017年06月27日 09:14 BLOG

     2017年6月26日(月)、アメリカの協定校SPSCC(South Puget Sound Community College)から14名の学生と引率教員1名が羽衣国際大学に来学しました。これから約2週間、学内外で様々な研修を行います。 開講式では、岸本 幸臣学長による歓迎の言葉ののち、SPSCCの学生一人ひとりが日本語で自己紹介をしました。 ランチタイムの後には、放送・メディア映像学科の小田まり子教授ゼミナールの学生が指導する「オリジナルデザインのうちわづくり」に参加。それぞれが個性的なうちわを制作しました。 その後はスポーツホールで羽衣学園高等学校3年生の高大連携の授業に参加。途中からは、「入門英会話」の履修学生たちも加わり、伝言ゲームなどのアクティビティを一緒に楽しみました。 5時間目にはグループに分かれて「入門英会話」「基礎英語」の授業でアシスタントを務めてくれたSPSCCの学生たち。羽衣の学生たちはネイティブとのコミュニケーションという貴重な機会に緊張しながらも、おすすめの食べ物や行くべき場所などを一生懸命に教えていました。 初日から盛りだくさんな内容となったJAPAN STUDY。研修期間を通して、SPSCCの学生と羽衣の学生の交流がたくさん生まれることを期待しています。Welcome SPSCC(Tessa,Yulia,Mason,Akexandra,Elizabeth,Jovenzo,Sofia,Orion,Kyle,Courtney,Vanessa,Katherine Abernathy,Jaysun,Katherine Jones,and AKI sensei) to JAPAN STUDY 2017.We are looking forward to studing and enjoying together with you the next 2 weeks.教学センター 学生・学習支援グループ

    http://www.hagoromo.ac.jp/hgnews/news_description.php?no=1622

請求できるパンフ・願書はこちら

無料
2018年度大学案内+募集要項+願書
羽衣国際大学(私立大学/大阪)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    ◆学科等を新設構想中◆定員120名増予定◆グローバル教育がグレードUP◆就職率98.2%

  • Photo

    長い歴史と伝統が、新たな可能性を生み出す学びの場。豊かな知性と輝く個性を育みます

  • Photo

    Growin' Shoin!…大阪樟蔭には、「成長」を実感できる環境があります。

  • Photo

    「力の教育」と「自学自習教育」を実践する帝塚山学院大学」

  • Photo

    入学後専攻を決めるレイトスペシャライゼーション。幅広い教養と就職力が身につく

  • Photo

    学生のチャレンジ精神を全力でサポート!さまざまな経験を通じて大きく成長できる大学

  • Photo

    キャンパスは関空の近く!世界で活躍できる人材の育成をめざす

  • Photo

    美しく、梅花女子!めざすは仕事力あるオシャレな女性

  • Photo

    2017年4月、大きく産まれかわります。国際・スポーツ・環境の新学部・学科を新設

  • Photo

    実学の帝塚山。5,000円で最大5講座を受講できる資格制度で実学を身につけ、社会に貢献

次へ

この学校に興味を持ちましたか?
らくらく資料請求で学校を詳しく知ろう!

閉じる