• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原スポーツ医療保育福祉専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 保育士+幼稚園教諭Wライセンス スタンダードクラス こども遊び専攻コース

福井県認可/専修学校/福井

オオハラスポーツイリョウホイクフクシセンモンガッコウ

保育士+幼稚園教諭Wライセンス スタンダードクラス こども遊び専攻コース(2018年4月設置予定 近畿大学九州短期大学通信教育部保育科との通信課程との併修必修)

募集人数:
255人 (※定員は全体で255名)

“子どもの本質”を深く理解できる保育のプロを目指す3年間

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 人間科学

    「人間とは何か」について幅広い視点で研究する

    哲学、心理学、歴史学、文化人類学、社会学、法学、そして生命科学や人類学、人工知能など、文系・理系両分野を通して多角的に、あるいは総合的に人間について考える。

  • 教育学

    よりよい教育とは何かを様々な角度から研究する

    講義や教育実習を通して、人間が育っていくプロセスのさまざまな問題を研究していく。学校の他、家庭や社会、産業など多方面から人間教育を考え、理論や目的、指導方法などを学ぶ。

  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • スポーツ学

    広い視点からスポーツを捉え、社会との関わりを研究

    スポーツそのもの及び人間の心身の発達を科学的に分析し、そのメカニズムを探ることにより、トレーニングに役立てたり、健康管理などに応用する。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • スクールカウンセラー

    子供専門のカウンセラー。快適な学校生活と人格形成に大きな影響を与える

    スクールカウンセラーは、生徒や児童のカウンセリングを行う。子供が自ら相談に来る場合だけでなく、普段から子供の言動に注意し、潜在的な問題にも取り組む。そのために、教師や保護者との面談、コンサルテーションや家庭訪問も大切な仕事の一つだ。

  • 幼稚園教諭

    “子どもが好き”を原点に、一人ひとりの個性を育てる

    毎朝登園した幼児の健康状態をチェックし、音楽、絵画、運動や遊びなどの指導をする。幼児は体調を崩しやすいので、十分な目配りが必要な仕事だ。子どもたちへの直接の教育のほか教室の掃除、カリキュラムの作成、園児の行動記録など仕事の範囲は広い。

  • 児童指導員

    児童福祉施設での“親がわり”

    児童指導員は、養育放棄などのさまざまな事情で入所してきた子どもたちやしつけや学習指導、生活上のアドバイスを行う。また、児童相談所や子どもの通学する学校との連絡や、子どもの引き取りをめぐって親と連絡をとったり、面接をするなど、子どもの養育と社会関係の調節も必要な仕事。

  • 保育士

    乳幼児を保育し、成長をサポート。保護者への情報提供も

    食事、排泄、睡眠、遊びなど日常生活を通じて、健やかな心と身体を持った子どもに成長するように援助する仕事。保育所は仕事と育児を両立させる父母を支え、乳幼児を保育する児童福祉施設だが、特に最近では単に子どもを預かるだけでなく、保育情報の提供や相談などが重要な役割となっている。

  • ベビーシッター

    英語や音楽など学習指導をするシッターも

    単純な子守りと考えると勤まらない。母親の代役を果たすには、育児はもちろん保健・衛生・医学などの専門の知識や経験が必要。また、しつけや遊びを通しての英語や音楽など学習指導をするベビーシッター(ナニー)など、専門化の傾向もある。外国人宅へのニーズも多く、語学力が求められることも。

  • 生活指導員

    福祉施設に勤務し、施設利用者の生活全般を支援する

    老人福祉施設や身障者施設などに勤務し、施設利用者の入退手続きや生活プログラムの設計などを行い、施設利用者が快適に生活を送れるよう支援する。必須資格は特にないが、介護援助を行う場面もあるので、介護の現場経験者や介護系資格取得者が理想的だ。

  • 心理カウンセラー

    心のケアが必要な悩みを抱えた人の精神的自立を助ける

    ストレス社会の現代、さまざまな悩みを抱え、社会的適応不全を起こして苦しんでいる人たちが数多くいる。そんな人たちの心をいやすため、心理学的な知識や技能を用いて、その回復や解決の手助けをする。相談の内容や対象者によってもいろいろなカウンセリングの方法がある。

  • 社会福祉主事

    行政の中で福祉サービスに携わる

    公務員となって福祉関連部署で働く。地方自治体の福祉課の窓口で福祉サービスに関する相談を受け、福祉施設への入所や生活保護の適用手続などを行う他、福祉事務所や児童相談所で相談を受けたら、児童施設の児童指導員や老人福祉施設などの生活指導員として活躍する場合もあり、その仕事内容は多岐にわたる。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

初年度納入金:2017年度納入金 111万円  (近畿大学九州短期大学通信教育部保育科〈併修必修〉の履修学費、教材費含む)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

子どもの立場で考え、接することのできる豊かな心をはぐくむ
保育の現場で求められるのは、「子どもが好き」ということに加え、専門的な理論と技術に裏打ちされた実践的能力です。本コースでは、これらの要素はもちろん、子どもの立場で考え接することのできる豊かな心もはぐくみ、真のプロ意識を持った保育士・幼稚園教諭を育成します。
人間性を高めるために、学外でのさまざまな活動を実践
学外での実習だけでなく、本コースでは、数多くのボランティア活動や地域活動を通して、心も磨いていきます。さらに、3年間にわたって、これらの活動を学生が主体となって企画・運営していくことで、マネジメント能力やコミュニケーション力を自然と高めることができるほか、保育の現場や地域との連携も深められます。

実習

現場の先生の指導を受けながら、指導計画を考案
1年次に体験したボランティアや現場の見学実習をベースに、2年次・3年次には保育所や幼稚園での実習を行います。実習では、先生の指導を受けながら1日の指導計画を立てたりなど、実践の中でより専門性の高い体験が可能。また、子どもと接する中で、保育者として欠かすことのできない「子どもの視点」にも触れられます。

施設・設備

目的ごとのシミュレーションが可能!
本校を含め、多様な即戦力の育成に力を注ぐ大原学園には、充実した実習室が多くあります。保育所での活動を体験できる「保育実習室」やピアノレッスンの場となる「ピアノ実習室」など、目的ごとのシミュレーションができる実習室がそろっています。

教育目標

時代に即した医療・福祉分野の即戦力を育成する
日本は2005年を境に人口減少時代に突入しました。止まらない少子高齢化により、福祉や幼児教育に携わる人材の育成は急務だと言えます。また、少子化対策が求められる中、仕事と子育ての両立を支援することも重要な鍵。本校では、この両面で即戦力となり、かつ社会に貢献できる人材の育成を図っています。

イベント

1年中、ワクワクできるイベントが盛りだくさん
本校には授業だけでなく、年間を通してイベントも盛りだくさん。ワクワクできるキャンパスライフが広がっています。【主なイベント】入学式、新入生オリエンテーション(以上4月)、学外研修(5月)、スポーツフェスティバル(10月)、スポーツチャンピオンズカップ(11月)、合格祝賀会(1月)など。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 保育士<国> (※併修必修で修了と同時に取得) 、
  • 幼稚園教諭免許状<国> (二種)(※併修必修で修了と同時に取得) 、
  • 社会福祉主事任用資格 (※併修必修で修了と同時に取得)

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 99.5 %

( 就職希望者198名中就職者197名 )

※ 2016年3月卒業生実績

福井県専門課程大原学園グループ全体  ※グループ実績のため、各学校の詳細はお問い合わせください。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒910-0005 福井県福井市大手2-9-1 入学総合事務局
フリーダイヤル0120-117-447
info_fukui@mail.o-hara.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
福井県福井市大手2丁目9-1 JR「福井(福井県)」駅西口から徒歩 2分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

大原スポーツ医療保育福祉専門学校(専修学校/福井)