• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原簿記法律専門学校福井校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 税理士スタンダードコース

福井県認可/専修学校/福井

オオハラボキホウリツセンモンガッコウフクイコウ

税理士スタンダードコース

募集人数:
120人 (※定員は全体で120名)

税理士を目指し、ゼロから学習をスタートして5科目合格へと導く

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 法学

    法律の解釈や運用のしかたを学ぶ

    国家と国家、個人と個人の利害の対立や意見の不一致を調整するためのルールである法の精神を体系的に学び、法の役立て方を追求する。

  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    経済学をベースに、現実の経済の動きや、ビジネスの実践的な業務に必要な方法論や仕組みを、調査・分析などを通して学ぶ。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

目指せる仕事
  • 法務

    企業内の法律のスペシャリスト

    企業の法務部などで、法律の専門知識を活かして働く。たとえば商標などの知的所有権を守る、訴訟など法的トラブルが起こった場合の対処などを担当。また、海外との取り引きでは、国際法や、取り引き相手の国の法律の知識を生かして、必要な書類を作ったりする。

  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 経営コンサルタント

    経営の専門アドバイザー

    企業の経営に関するトータルコンサルティングを行う。主に、賃借対照表・損益計算書などの財務諸表を材料として、会社の収益や資産内容などの経営状態を判断し、アドバイスをする仕事。経営者の心強いパートナーともいうべき存在だ。

  • 営業

    商品や企画を売るため、企業の最前線で活躍する

    取引先の開拓と、営業活動を行う。取り扱う商品により営業方法も異なり、店舗営業型、ルート営業型、窓口営業型、新規開拓型営業などさまざま。どちらにしても会社の利益をあげるための重要な仕事。売り上げを伸ばすためには、自分の提案内容や、お客様との人間関係が大きなポイントとなる。

  • 経理

    売上げや利益などの数字によって、経営活動を把握する

    いろいろな経営活動の状況や結果を金銭的な数字によって表し、正しく測定する仕事。数字を通じて経営上の欠点を見つけ、各部門の活動の方向付けに直接つながる重要な業務。仕事の範囲は広く、多岐にわたるが、資金の計画・運用を手がける財務、固定資産の金銭的管理(管財)なども経理の仕事。

  • 人事

    企業の採用や人材育成などのマネージメント役

    人事の仕事は大きくわけて4つ。(1)人事、(2)教育、(3)採用、(4)労務、だ。人事部は企業内の異動や配属などのマネージメントを行う。これは企業の活性化にかかわる重要なポイント。社員一人一人のパーソナル・データバンクとも言われるところで、それだけに責任重大。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • 財務

    企業の経営資金に関する戦略を経営者に提案する

    会社が経営を進めていく上で必要な資金を正しく算定し、最も有利な調達方法を経営者に提案する。株式の発行、銀行との折衝、M&Aなどを担当することもある。

  • 税理士

    納税の手助けをする仕事

    個人や企業の依頼に応じて、所得税、法人税、消費税、事業税、固定資産税など税務署に申告したり納税手続きを取る際の代行。また、会計帳簿の記帳や決算書の作成、その他の会計関係の指導や相談にも携わる。最近では、各社業務の合理化が図られているため、仕事の範囲や経営や財務の相談など税務処理以外にも広がってきている。

  • 広報

    企業の報道担当者

    対象は社内・社外・宣伝広報に分けられるが、基本的には対外的に企業の理解を深めるのが目的の企業の報道担当者。マスコミへの取材協力、PR誌の作成、その他あらゆる企業情報を管理する。企業イメージを管理する大事な仕事で、最近では商品の売れゆきや人材獲得にも大きな影響を与えている。

初年度納入金:2017年度納入金 110万円  (教材費含む)
年限:2年制

学科の特長

カリキュラム

ゼロから簿記を始めても安心。簿記検定から税理士試験を科目毎に段階的にクリアする独自の方式
税理士スタンダードコースは、ゼロから簿記の学習を開始する学生が多く、じっくり焦らず勉強したいという人にオススメ。入学後2カ月間の授業で日商簿記検定の2級をクリアする学生も少なくありません。段階的に次の資格に向けた学習が始まるステップアップ方式を採用しており、着実に目標へと近づいていくことができます。

先生

専任の一流教員の熱血指導ととてもわかりやすいオリジナル教材が魅力
大原では、一人ひとりの学生が授業を理解できるまで、専任の一流教員が熱血指導。資格試験を熟知する教員だから、試験のポイントや出題範囲の予測などもしっかりアドバイスしてくれます。また、教材はすべて大原のオリジナル。試験の傾向や過去問題も繰り返し学習を進めるのでとてもわかりやすい。

卒業後

税理士として会計事務所勤務や独立開業。卒業生には、24歳の若さで独立を果たした人もいる
税理士には主に会計事務所や企業の一員として働く場合と、独立して活動する場合があります。大原の卒業生は資格取得後、独立する人が多く、中には24歳という若さで独立を果たし、1人で30社以上と顧問契約を結ぶ活躍を見せている卒業生もいます。能力次第で仕事の幅を広げられる「やりがい」と「ステータス」の高さが魅力。

資格

日商簿記1級や税理士試験に高い実績を残す。税理士試験の全科目に合格する学生も(平成17年度)
税理士試験は大原伝統の分野であり、非常に高い合格実績を誇っています。「全国最少学年合格者(平成20年度実績)」まで輩出しているのです。

イベント

毎週オープンキャンパスを開催!大原学園の学びを実感してほしい
実際に自分で確認することが、学校選びには大切。大原学園では、オープンキャンパスを毎週開催しています。学校見学は毎日実施!(土日祝日は事前にご連絡ください)。本校HP、各種申込ハガキ、お電話やメールで簡単に予約ができます。
1年中、ワクワクできるイベントが盛りだくさん
本校には授業だけでなく、年間を通してイベントも盛りだくさん。ワクワクできるキャンパスライフが広がっています。【主なイベント】入学式、新入生オリエンテーション(以上4月)、学外研修(5月)、スポーツフェスティバル(10月)、スポーツチャンピオンズカップ(11月)、合格祝賀会(1月)など。
学校概要

高い実績を誇る大原!公務員としてのエキスパートや各業界のプロを目指そう!

試験内容に対応したカリキュラム、教材や設備も充実。実績と歴史のある大原学園なら憧れの公務員採用試験合格を目指せます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 税理士<国> (日商簿記1級または全経簿記上級に合格すれば在学中に受験可能)

目標とする資格

    • 日商簿記検定試験 (1・2級)

    全経簿記検定(上級) ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 99.5 %

( 就職希望者198名中就職者197名 )

※ 2016年3月卒業生実績

福井県専門課程大原学園グループ全体  ※グループ実績のため、各学校の詳細はお問い合わせください。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒910-0005 福井県福井市大手2-9-1 入学総合事務局
フリーダイヤル0120-117-447
info_fukui@mail.o-hara.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
福井県福井市大手2丁目9-1 JR「福井(福井県)」駅西口から徒歩 2分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

大原簿記法律専門学校福井校(専修学校/福井)