• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 岡山学院大学
  • 先生・教授一覧
  • 藤澤 克彦先生(栄養・食物学)

私立大学/岡山

オカヤマガクインダイガク

先生・教授

摂食障害を追究し人々の健康を支える管理栄養士を育む 先生

藤澤 克彦先生

人間生活学部  食物栄養学科

【栄養・食物学】
栄養教育 ・摂食障害 ・栄養学

「摂食障害の予防」を目標に、研究や教育に取り組んでいます。拒食症などの摂食障害は、当人が置かれた環境による精神的な問題が大きく影響し、完治も難しいものです。学生時代、摂食障害の方と身近に関わる機会があり、そのつらさ、悲しみを実感したことがきっかけで、摂食障害の人の役にたつ研究をしたいと考えるようになりました。このため、修士課程では代謝に関連するアプローチから、体内での酢酸の働きを研究。現在は摂食障害の要因のひとつである「親子関係」に着目し、当人とご家族同時に栄養指導を行える、産婦人科などで活躍できる管理栄養士の育成に取り組んでいます。いずれは博士課程でさらに学びを深め、調査などに取り組んで摂食障害の予防に効果的な方法を追究したいと考えています。

近い将来、私の熱い思いを世にもって出る管理栄養士の誕生を期待して、食と栄養の知識を伝えています

授業・ゼミの雰囲気

“コミュニケーション力の向上”を重視した授業で、学生の「自ら調べ、考え、伝える姿勢」を育む

管理栄養士が栄養指導を行う上で、藤澤先生が最も大切だと考えているのは「コミュニケーション力」。どんなに良い内容の指導も、コミュニケーションが円滑に図れなければ対象者の心に伝わりません。藤澤先生の授業では、学生の「自分なりに事前に調べ、考え、伝えようとする姿勢」を育むため、常に学生一人ひとりに発表を課しています。そして、学生の発表以上の時間をかけて藤澤先生による質問を行い、また学生同士での討論も大切にしています。こうした訓練を在学中から反復して行うことで、管理栄養士としての実践力が身につくのです。

地域の農家さんのお手伝いを行うことも。学外の人と関わることで、学生のコミュニケーション力を伸ばします

キミへのメッセージ

「食」は人を救う。その専門家が管理栄養士です

栄養面に配慮された食事を摂ることで予防できる病気があります。偏食などによって身体の機能が低下することもあるでしょう。一人でも多くの管理栄養士が誕生し、「食」の観点から人々の健康を支えてほしいですね。

この先生・教授に出会えるのは…

岡山学院大学 人間生活学部 食物栄養学科

病院、小学校、食品メーカーの開発…。自分に合った管理栄養士を選んでめざします…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
岡山学院大学(私立大学/岡山)