• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪医療福祉専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 診療情報管理士学科
  • 視能訓練士学科[1年制]内部進学コース

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定校/大阪

オオサカイリョウフクシセンモンガッコウ

視能訓練士学科[1年制]内部進学コース

「視能訓練士」「診療情報管理士」「短大卒業資格」の取得で、将来活躍できるフィールドを広げる!

学べる学問
  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • 診療情報管理士

    病院の診療情報を管理する

    病院で保存される診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。記録の点検は十分行い、カルテや検査結果に不備がないかも確認する。このノウハウをもとに病院内の医療情報のデータベース化や診療統計を行うなどの役割も期待される。

  • 医療情報管理者

    医療情報を管理し、研究や広報にも活用

    カルテをはじめとする院内の診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。この情報を加工し、病気や診療統計をまとめ、研究や広報のために提供することもある。多くの患者が訪れる大規模な病院では専門職として勤務する場合もある。

  • 視能訓練士

    視機能の障害に対して、必要な訓練と検査を行う

    病気や事故などによって視機能に障害が生じた患者に対し、検査や矯正訓練を行って視機能の回復をはかる。高齢者社会を迎え、視能障害をもつ人が増加する中、視能訓練士の数は圧倒的に不足していると言われる。病院などからのニーズは今後広がっていくだろう。

初年度納入金:2017年度納入金 123万円  (短期大学併修費用含む、教科書代等別途必要)
年限:4年制(昼間3年+昼間1年)

学科の特長

学ぶ内容

電子カルテの知識と操作技術を身につけた、未来の眼科医療を支える新しい視能訓練士へ!
カルテの電子化・IT化が進む医療業界では、視能訓練士にも電子カルテの知識とそれを操作する技術が当たり前のように求められるようになりました。「視能訓練士」と「診療情報管理士」の2つの資格を取得し、未来を切り拓く眼科医療のスペシャリストを目指します。

カリキュラム

4年間で「視能訓練士」「診療情報管理士」「短大卒業資格」を取得する、充実したカリキュラム!
入学後3年間は、診療情報管理士コースのカリキュラムを中心に、視能訓練士学科[昼間部1年制]への入学条件となる科目を取得するための短期大学(自由が丘産能短期大学通信教育課程)併修科目の対策や、視能訓練士に関連する科目の講義も組み込み、一人ひとりの習熟度に合わせた勉強ができます。

授業

「視能訓練士」「診療情報管理士」の2つの資格取得を目指して、両方の知識と技術を確実に習得!
入学後3年間は診療情報管理士に関する勉強はもちろん、1年次から視能訓練士になるための知識や技術を学びます。専門の勉強や現場で働く上で必要となる洞察力など、必要なことはすべて身につきます。医療業界で働きたいという強い意志があれば十分!

学生

“電子カルテが扱える視能訓練士”の夢へ向けて充実した学生生活
「将来は医療の現場で、診療情報管理士と視能訓練士の資格それぞれを最大限に活かして活躍したい」と、夢や目標を持った学生達が毎日勉強しています。幅広い知識と技術を兼ね備え、様々な分野で活躍できる人材を育成します。

資格

「視能訓練士」「診療情報管理士」「短期大学卒業資格」を取得!
診療情報管理士コースの3年課程を修業後に、視能訓練士学科【昼間部1年制】へ内部進学し、眼科医療の専門職である視能訓練士を目指します。視能訓練士として大病院の眼科への就職はもちろん、病院の受付や事務など様々なフィールドで活躍でき、結婚・出産後も自分のライフワークに合わせた働き方を選ぶことができます。
学校概要

大阪医療福祉だからこそ!専門分野+αで幅広いフィールドで活躍できる存在に!

1つの専門性を極めるのはもちろんのこと、入学前から一貫して続く教育や「社会貢献活動」を通し、進歩し続ける医療業界を担っていく存在に。卒業後も勉強会を実施し、常に最先端で活躍し続ける医療人を目指します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 視能訓練士<国>

目標とする資格

    • 診療情報管理士 、
    • 診療報酬請求事務能力認定試験

    ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者310名中310名就職決定 )

主な就職先/内定先

    大阪大学医学部附属病院 、 大阪医科大学附属病院 、 多根記念眼科病院 、 兵庫医科大学病院 、 淀川キリスト病院 、 医誠会病院 、 ツカザキ病院 、 日本赤十字社 和歌山医療センター 、 りんくう総合医療センター ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒532-0003 大阪市淀川区宮原1-2-14
フリーダイヤル0120-1298-59
info@ocmw.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市淀川区宮原1-2-14 地下鉄御堂筋線「新大阪」駅2番出口より徒歩 1分
JR「新大阪」駅西口から徒歩 3分

地図

 

路線案内


大阪医療福祉専門学校(専修学校/大阪)