• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪医療福祉専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 診療情報管理士学科
  • 医療情報技師コース

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定校/大阪

オオサカイリョウフクシセンモンガッコウ

医療情報技師コース(2018年4月設置予定)

診療情報管理士としての知識に加え、ITシステムの技術を身につけた医療情報技師を目指す!

学べる学問
  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

目指せる仕事
  • 社会福祉士(ソーシャルワーカー)

    保護や援助を必要とする人のアドバイザー

    児童相談所や福祉施設に勤め、心身の障害などから、日常生活に支障をきたしてしまっている人たちに対する、福祉に関するさまざまな相談に応じ、各種制度・施設の利用方法などをアドバイスしながら問題解決にあたる。さまざまな福祉サービスの中から利用者とその家族に最も適切な援助を選びだす難しい仕事だ。

  • ケースワーカー

    社会生活上、困っている人に相談・助言を行う

    障害者、児童、高齢者など、地域で福祉サービスを必要としている人の相談に乗り、保育所などの福祉施設の入所や生活保護を必要とする人への適用手続きをすることなどが主な仕事。各地方自治体の福祉事務所で相談・援助の第一線で勤務する公務員のことをケースワーカーと呼ぶ。

  • 医療ソーシャルワーカー

    患者が社会復帰するための援助・助言をする

    入院患者やその家族が直面するさまざまな問題解決のための援助を行う。例えば保健や治療費の減免制度活用の援助、患者とその家族の人間関係の調整、受診・受療を促進するための心理的・社会的援助、退院後の福祉施設の選定や在宅ケアサービスの調整など、患者やその家族の話に親身になったアドバイスを行う。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • 診療情報管理士

    病院の診療情報を管理する

    病院で保存される診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。記録の点検は十分行い、カルテや検査結果に不備がないかも確認する。このノウハウをもとに病院内の医療情報のデータベース化や診療統計を行うなどの役割も期待される。

  • 医療情報管理者

    医療情報を管理し、研究や広報にも活用

    カルテをはじめとする院内の診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。この情報を加工し、病気や診療統計をまとめ、研究や広報のために提供することもある。多くの患者が訪れる大規模な病院では専門職として勤務する場合もある。

  • 医療情報技師

    電子カルテなどの医療情報を扱うシステムを開発・管理する技術者

    病院などで、電子カルテなどの医療情報を管理するシステムを開発したり、日常的な運用やトラブルの解決を行ったりする技術者。医療機関ではITの導入は進んでいるものの、適切なデータの管理が行われていない場合も少なくない。そのため、医療・医学の基礎知識や病院の運営の知識をもっているITエンジニアである医療情報技師へのニーズが高まっている。病院経営の視点から、大量のデータを分析したり、分析結果を踏まえたさまざまな提案をしたりするのも大切な仕事だ。

初年度納入金:2018年度納入金(予定) 123万円  (大学併修制度は平成29年3月頃に決定 教科書代等別途必要)
年限:4年制(昼間3年+専攻科1年)

学科の特長

学ぶ内容

「医療の知識」+「ITシステムの技術」を身に付け、Wのスキルでより幅広く活躍できる!
医療のIT化が進む中で不可欠な電子カルテを扱う診療情報管理士としての知識や、基礎となる医療事務、秘書の知識を習得できることはもちろん、病院内のコンピュータシステムを扱う医療情報技師としての専門性を身に付けることができます。IT化が進む病院でWのスキルを活かしてより幅広く活躍することができます。

カリキュラム

「医療の知識」+「ITシステムの技術」の習得に加え、大学卒業資格が取れるカリキュラム
3年間で情報処理やレセプト、医学知識など診療情報管理士としての知識を身に付け、さらに1年間でIT知識や医療情報を扱うコンピュータシステムについて学びます。4年間を通じ、提携している通信制大学のカリキュラムを併修することで、大学卒業資格を取得できることも魅力です!(大学併修制度は平成29年3月頃に決定)

先生

「医療情報技師」の資格を持った本校の卒業生教員が指導!
「医療」と「ITシステム」の両分野を学び、電子カルテのデータから精度の高いデータ分析ができる医療情報技師を目指します。「患者様の力になりたい」という患者様一人ひとりへの気持ちを大切に、病院の運営にまで視野を広げ、大きな視点を持って病院の経営に携われる人材になれるよう、一緒にがんばりましょう!

資格

在学中に複数の医療系、情報処理系資格、大卒資格を取得し、将来の可能性を広げる!
大規模な病院で今求められている診療情報管理士資格をはじめ、医療秘書技能検定、診療報酬請求事務能力検定や、ITパスポート(国家資格)など、多くの資格を取得可能。さらに、病院内のコンピュータシステムを管理する医療情報技師も目指せます。併修修了で、大学卒業資格も取得できることは将来にとって大きなメリットに。

入試

6月から始まる「適性AO入試」で入学者の約7割が合格!まずはオープンキャンパスに参加しよう!
適性AO入試とは、コミュニケーション面談、課題授業を通してなりたいお仕事の「適性」を身に付ける入試制度です。「病院で働きたい!」というあなたの熱意が合格につながります。エントリー条件は「オープンキャンパスに参加すること」。6月から始まる適性AO入試にエントリーして成長しながら合格を勝ち取ろう!

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 診療情報管理士 、
    • 医療情報技師 (大学併修制度は平成29年3月頃に決定) 、
    • IT パスポート試験<国> 、
    • 医療秘書技能検定試験 (準1・2・3級) 、
    • 診療報酬請求事務能力認定試験

    ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者310名中310名就職決定 )

主な就職先/内定先

    大阪大学医学部附属病院 、 大阪医科大学附属病院 、 多根記念眼科病院 、 兵庫医科大学病院 、 淀川キリスト病院 、 医誠会病院 、 ツカザキ病院 、 日本赤十字社 和歌山医療センター 、 りんくう総合医療センター ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒532-0003 大阪市淀川区宮原1-2-14
フリーダイヤル0120-1298-59
info@ocmw.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市淀川区宮原1-2-14 地下鉄御堂筋線「新大阪」駅2番出口より徒歩 1分
JR「新大阪」駅西口から徒歩 3分

地図

 

路線案内


大阪医療福祉専門学校(専修学校/大阪)