• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪医療福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山中 琴葉さん(視能訓練士学科 3年制/視能訓練士)

大阪府認可/専修学校/厚生労働大臣指定校/大阪

オオサカイリョウフクシセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

視能訓練士  として働く  山中 琴葉さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

患者様からの「見える」や「ありがとう」をやりがいにがんばっています!

この仕事の魅力・やりがい

私は今、社会医療法人 愛仁会 高槻病院で視能訓練士として日々多くの患者様と向き合っています。主な仕事は、眼科外来の一般検査や白内障などの手術前検査、病棟患者様の検査など様々です。この仕事でうれしいのは、患者様から「ありがとう」と言われた時や眼鏡を合わせていた時に「良く見える!」と言ってもらえる時。それまで視力が落ちて見えづらいと不自由な思いをされていた人の“見える”をサポートでき、喜んでいただけるこの視能訓練士の仕事は、とても充実感がありますね。もちろんまだまだ私自身学ぶことはたくさんありますが、人に喜ばれる仕事ということをバネにもっと技術を磨いていきたいと考えています。

視能訓練士として働く山中 琴葉さん

「患者様のために」をモットーに丁寧な検査を意識

視能訓練士として働く山中 琴葉さん
今の仕事との出会い・きっかけ

他職種の方との連携もしやすい環境で毎日楽しく働く

今の仕事との出会い・きっかけ

私が視能訓練士を目指すようになったのは、私自身眼が悪く、眼科に通院している時に視能訓練士という職業の存在を知り、魅力的に感じたから。大阪医療福祉専門学校で就職活動をしている時は、自分の求めている働き方と病院が求める働き方が一致しているかを大切に就職先を選び、私の考えとピッタリだったのが今の職場です。実際の職場の雰囲気は、医師と私たち視能訓練士、看護師など他の職種のスタッフとの連携がとりやすく、まさにチーム医療を患者様に提供できていると実感しています。また眼科以外の他の診療科とも交流があり、眼疾患はもちろん、全身疾患についても関わっていける環境があるのは大きな魅力です。

私の学生時代!

学生時代に学んだことは職場でも役に立ちます

私の学生時代!

学生時代に学んだことで仕事でも役に立っているのは、何と言っても豊富な実習で身につけた検査技術です。病院と同様の最新の検査機器が多数あり、実際にそれらを使って検査を繰り返すという実践的な授業で、身体に覚え込ませることができたことは良かったですね。医療分野や眼に関する専門分野を学ぶことは非常に難しかったのですが、クラスメイトや先生が一緒になってがんばろうと言ってくれ、支えてくれたことは今もずっと残る思い出です。医療人をめざす大変さはもちろんですが、人とのふれ合いの大切さ、ありがたさも学んだ学生生活でした。大阪医療福祉専門学校なら安心して学べるのでみなさんにもぜひ目指してほしいです!

プロフィール

山中 琴葉さん のプロフィール

社会医療法人 愛仁会 高槻病院勤務/視能訓練士学科/2016年3月卒/眼科で眼の検査を受けた際に視能訓練士という職業の存在とその魅力を知り、目指すようになった山中さん。資格取得対策が充実し、医療機関と同様の検査機器を使った実践的な授業が受けられることから、迷うことなく大阪医療福祉専門学校に入学。医療分野や機器の操作知識、検査スキルを身につけた後は、社会医療法人愛仁会 高槻病院で視能訓練士として活躍。現在は眼科外来での検査や手術前検査、病棟患者様の検査など、幅広い業務を任されている。

この先輩が卒業したのは…

大阪医療福祉専門学校 視能訓練士学科 3年制

学校イメージ

眼科医のパートナーへ

視能訓練士とは眼科医のパートナーとして活躍する眼の専門技術者のこと。パソコンやテレビゲームなどの使用により、現代人ならではの眼の病気も増加しており、視能訓練士のニーズはますます高まってきています。本学科のカリキュラムは基礎教養科目・専門基礎科目・専門科目と無理なく段階的にステップアップできる構成となっています。また、少人数での「検影法」実技マイスター教育システムで特殊技能を習得するほか、患者様に対して的確に向き合える説明力を身につけるため、充実した実習時間を設けています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
大阪医療福祉専門学校(専修学校/大阪)