• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京スクールオブミュージック専門学校渋谷
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • コンサートワールド(2年制)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウスクールオブミュージックセンモンガッコウシブヤ

コンサートワールド(2年制)

募集人数:
320人 (全学科定員合計)

感動を生み出すコンサート現場で働きたい!PA・照明・舞台監督・コンサート企画を学び即戦力として就職する

目指せる仕事
  • 照明スタッフ

    場面や、構成に合わせてライティングする

    舞台やスタジオなどで照明を操る。たとえば、コンサートの照明スタッフは、プランナー、チーフオペレーター、オペレーター数名で構成される。プランナーは、曲やコンサートの構成に合わせて照明のプランニングを行い、オペレーターはピンスポットなどの使用する照明ごとのライティングを担当する。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

  • マニピュレーター

    求められるデジタルサウンドをつくり出す

    シンセサイザーやデジタルサンプラーを駆使してサウンドをつくり、コンピュータに音を打ち込んでいくのが仕事。音楽の素養が不可欠なので、ミュージシャンやアレンジャーがこの職種を兼ねている例も多い。デジタル音楽隆盛で需要は増加傾向。

  • ミキサー

    音を生み出すエンジニア

    レコーディングスタジオやコンサート会場などで楽器の音やアーティストの声をミックスするエンジニア。コンサートミキサーはPAとも呼ばれる。音響機器を操作して、音質や音量を調節するほか、スピーカーなどの機材のセッティングも仕事。知識や技術だけでなく、感性と理解力も重要。

  • コンサート・ステージスタッフ

    ステージセッティングや片づけを担当

    舞台監督の指示に従って、ステージで使うセットや各種の道具を管理する。まず、本番前にはステージの搬入経路、電気系統や配線設備をチェックし、音響、照明の機材や楽器などを手早く正確にセッティングする。本番では演出に従い、クレーン操作やスモークなどの仕掛けを担当する。終演後の片づけも仕事のひとつ。

  • コンサートプロモーター

    コンサートの宣伝、チケット販売等を担当

    芸能プロダクション等からコンサートの開催依頼を受け、その実施を請け負う。まず会場を予約し、日程や場所が決まり次第、各地域での宣伝や各種許可の申請、チケット販売と管理、集計などを担当する。制作、進行状況を随時チェックし、当日は観客の誘導や警備、出演者の送迎の手配なども行う。

  • ステージエンジニア

    音響、照明、映像などで舞台を効果的に演出

    音響、照明、映像などで、ステージを効果的に演出する技術スタッフ。台本、スケジュール表などをもとに、どんな機材をどう使うか決める。この際、舞台の大きさ、電気系統、公演の内容などによって機種を使い分ける。機材の操作だけでなく、出演するアーティスト、ディレクターの意図を理解し、求められるイメージを実現する力が必要。

  • イベントプランナー

    アイデアはもちろん折衝力も重要

    企業の販売促進のための催しやフェスティバルなど、さまざまなイベントの企画立案を行うのが仕事。イベントの趣旨や目的を考えて、内容にあった演出方法や構成を考える。アイデアや表現力は欠かせないが、主催者と内容をすり合わせていく手腕も必要。

初年度納入金:2017年度納入金 155万5000円~162万5000円  (教材費等別途必要)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

一からコンサート業界の仕事に関する知識や技術を学ぶ6コース
現場に対応する音の技術を学ぶ「PAエンジニアコース」。光の知識・技術を学ぶ「照明スタッフコース」。コンサート作りを学ぶ「コンサート企画制作コース」。舞台制作を学ぶ「舞台制作コース」。ライブハウス運営を学ぶ「ライブハウススタッフコース」。リペアと楽器テクニックを学ぶ「楽器リペア&テクニシャンコース」。

カリキュラム

実際の現場で必要となるPAや照明の基礎知識や技術を学びます
PA卓や照明卓の扱い方から、仕込みやバラシ時に必要なスキルを習得。また、企画・制作進行・宣伝・運営に分かれ、ゼロからイベントやライブを作り上げます。プロの現場と全く同じ流れを学びます。

授業

1年次から現場を経験しながら、即戦力が身につけられます
早期での内定獲得を目指すために2年次から始まるインターンシップ(企業研修)に向けて、1年次からそれぞれのコースに特化した専門的な授業を実施しています。1年次からプロの現場を繰り返し経験することで、体で覚えることができ、業界が求める「即戦力」を身につけられます。

実習

現場で学ぶ!プロから学ぶ!即戦力となるための現場実習「企業プロジェクト」
第一線の企業やプロフェッショナルと共に行う実践授業。アーティストのコンサートや野外フェスなど企業や業界の協力の元、ステージ設営・PA・照明・会場運営・アーティスト管理・チケット管理などコンサートやライブの制作スタッフとして現場に関わります。現場でのスピード感と緊張感の中でプロの技術を学びます。

卒業生

一人ひとりに合わせたきめ細やかな就職サポートで卒業生が業界で大活躍
インターンシップと呼ばれる企業研修で、将来働きたい職場で3週間~1ヶ月間仕事をするシステムを通じて就職した卒業生多数。就職先は、LDH、SONY、ユニバーサルミュージック、ソーゴー東京、ポニーキャニオン、ヤングコミュニケーション、四季株式会社、スターダストプロモーション系など多数(2016年3月卒業生実績)。

制度

自分の可能性を広げる!他コースの授業も自由に選択「Wメジャーカリキュラム」
PAの知識と企画制作の授業で、コンサートに幅広く関わっていきたい、照明の勉強をしながら大好きなダンスを踊りたいなど、夢はそれぞれ。あなたの目的に合わせ他コースの授業も選択可能。幅広い技術と知識を身につけ自分の可能性を広げてみよう。

募集コース・専攻一覧

  • PAエンジニアコース

  • コンサート企画制作コース

  • ライブハウススタッフコース

  • 楽器リペア&テクニシャンコース

  • 照明スタッフコース

  • 舞台制作コース

  • テーマパークスタッフコース

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数66名 )

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒150-0002東京都渋谷区渋谷1-24-6
フリーダイヤル0120-532-308(携帯・PHSから可)
info@shibuya.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都渋谷区渋谷1-24-6 「渋谷」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


東京スクールオブミュージック専門学校渋谷(専修学校/東京)