• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 横浜YMCA学院専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 作業療法科

神奈川県認可/専修学校/神奈川

ヨコハマワイエムシーエーガクインセンモンガッコウ

作業療法科

募集人数:
40人

真のホスピタリティ・マインドをもつ、リハビリテーションのプロ 作業療法士をめざします

学べる学問
  • 哲学・宗教学

    人間のあり方、心のよりどころについて理論的に研究する

    哲学は、「人間とは?」「社会とは?」という問いを追求するために、研究分析を通じて、人生・世界・事物の根本原理など、人間の真実を究めていく学問。宗教学は人間と人間社会を全体としてとらえるために、宗教の教義や背景となる歴史・文化等を調査しながら研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 福祉学

    人が安心して暮らせる社会の仕組みを考える

    講義、実習などを通して、児童、老人、障害者をはじめ、援助を必要としている人が安心して暮らせる社会制度や地域のあり方、援助法を考えていく学問。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

目指せる仕事
  • 生活指導員

    福祉施設に勤務し、施設利用者の生活全般を支援する

    老人福祉施設や身障者施設などに勤務し、施設利用者の入退手続きや生活プログラムの設計などを行い、施設利用者が快適に生活を送れるよう支援する。必須資格は特にないが、介護援助を行う場面もあるので、介護の現場経験者や介護系資格取得者が理想的だ。

  • 心理カウンセラー

    心のケアが必要な悩みを抱えた人の精神的自立を助ける

    ストレス社会の現代、さまざまな悩みを抱え、社会的適応不全を起こして苦しんでいる人たちが数多くいる。そんな人たちの心をいやすため、心理学的な知識や技能を用いて、その回復や解決の手助けをする。相談の内容や対象者によってもいろいろなカウンセリングの方法がある。

  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

  • レクリエーションインストラクター

    レクリエーション活動の提案や指導をする

    学校や職場、町内会などでスポーツ、ゲーム、イベントといったレクリエーション活動の指導をしていく。時には、レクリエーションの提案をしたり、イベント等の主催者の相談にのるなど、社会的にレクリエーションの大切さを啓蒙していくことも大切な仕事だ。

初年度納入金:2018年度納入金 180万円  (入学金30万円を含む)
年限:4年制

学科の特長

学ぶ内容

人間性豊かな作業療法士を育成します
作業療法士は、子どもから高齢者まで生活する上で困難を抱えている方々に、心と身体の両面から援助・指導を行うリハビリテーションの専門職です。本校では、知識や技術だけを重視するのではなく、人のココロに寄り添う気持ち・心遣いや相手を思いやる気持ち=ホスピタリティ・マインドを持った作業療法士を養成します。

カリキュラム

実践的なカリキュラムで、高い専門的知識と臨床での能力を養います
作業療法士に必要な知識や技術はもちろん、ホスピタリティ論など人間性の向上に関わるカリキュラムを重視しています。屋外での授業やYMCAが展開している高齢者施設・地域の作業所などでの演習、ボランティア活動も行われ、社会マナーも確実に身につき、就職後の現場での立ち居振る舞いもしっかり学ぶことができます。

先生

経験豊富な教員が、個々を大切に学生一人ひとりと向き合います
作業療法士が携わる4領域(身体・精神・発達・高齢)の経験豊富な教員がバランス良く揃っています。各領域の教員が関わり、一人の学生を複数の教員がサポートします。また、クラス担任が定期的に面談を実施し、学習状況や学校生活について把握し、1学年に担任・副担任の2人態勢で全面的にサポートします。

実習

4年間で1000時間を超える臨床実習
2年次の見学実習、3年次の評価実習、4年次のインターン実習(総合臨床実習)の他、YMCAが展開している、保育園や高齢者施設での実習・演習授業を行います。また、ボランティア活動も盛んに行われ、さまざまな経験を通して対象者理解やコミュニケーション能力の向上をめざし、即戦力として活躍できる実力を蓄えます。

卒業後

2002年作業療法科開講以来、国試合格者全員が作業療法士に
従来は医療機関が中心でしたが、障がいからの社会復帰や増加する高齢者に向けた作業療法の広がりから、福祉関連、教育・職業訓練関連などに活躍の場が広がっています。2015年度、本校には延べ773施設の求人票が届き、2002年に本科を開講以来ずっと、国家試験合格者全員が作業療法士として就職を果たしています。

資格

神奈川県で唯一!4年連続で現役生全員が国家試験に合格!
少人数ゼミ中心のグループ学習を行い、教員と学生間で徹底した反復学習を通してグループ全体の点数の引き上げを図ります。過去問題をポイントごとに学習し、個別課題の分析指導で個人の苦手分野のレベルアップに結びつけます。さらには事前合格対策合宿を実施し、テーマごとの講義で徹底的に学習し全員合格につなげます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 作業療法士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    医療法人社団 三喜会 横浜新緑総合病院 、 医療法人社団明芳会 イムス横浜狩場脳神経外科病院 、 医療法人恵生会 上白根病院 、 日本医療伝道会 衣笠病院 、 鶴川サナトリウム病院 、 介護老人保健施設 ナーシングプラザ港北 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒231-8458神奈川県横浜市中区常盤町1-7
TEL:045-641-5785  FAX:045-664-4018
ymgakuin@yokohamaymca.org

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県横浜市中区常盤町1-7 JR根岸線・横浜市営地下鉄線「関内」駅から徒歩 3分
みなとみらい線「日本大通り」駅から徒歩 6分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース
  • 国際情報ビジネス科

横浜YMCA学院専門学校(専修学校/神奈川)