• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • あいち福祉医療専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 伊藤 大輝さん(理学療法学科/理学療法士)

愛知県認可/専修学校/愛知

アイチフクシイリョウセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

理学療法士  として働く  伊藤 大輝さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

人の役に立てますし、生まれた街にも貢献できるこの仕事を通じ、成長していきたいです

この仕事の魅力・やりがい

私が働いているデイサービスでは、利用者様一人ひとりを理学療法士がサポートするケースや、小グループで体操や軽い運動に取り組むケースがあります。皆さんに「楽しくデイサービスに通い身体を良くしていきたい」と思っていただくためには、このような楽しく身体を動かしていただく工夫に加え、利用者様に対する私たちの心配りも大切だと考えています。また、デイサービスは病院と比べ、より利用者様の生活に近い関わりができる施設だと思います。利用者様から感謝された時はもちろん、送迎の際にご家族の方から「笑顔が増えてきたよ。いつもありがとう!」と言っていただける時も、「この仕事を選んで良かった!」と感じる瞬間です。

理学療法士として働く伊藤 大輝さん

楽しく利用していただけるよう、笑顔を心掛けています

理学療法士として働く伊藤 大輝さん
今の仕事との出会い・きっかけ

厳しくも楽しく学んだ3年間の経験が役立っています

今の仕事との出会い・きっかけ

くも膜下出血で倒れた父親がリハビリテーションを通じ、徐々に日常生活に復帰していくのを見て、「人の役に立てる仕事をしたい」と考えたのがこの仕事を志したきっかけです。私の自宅はこの職場から自転車で5分位の距離にあり、「生まれ育った地域で社会貢献したい」という気持ちもありました。理学療法士の仕事は主に基本動作や運動能力回復のためのリハビリテーションを行うことですが、業務全体を見渡すことでさらに人の役に立てる理学療法士をめざしています。この施設にいる理学療法士は私一人。看護師、介護士のほか、様々な職種のスタッフと連携し、利用者様に「さらに感謝される」施設の一員として成長していきたいです。

私の学生時代!

楽しく利用していただくには私たちの気配りが大切です

私の学生時代!

理学療法士として必要な知識や技術だけでなく、人と接するマナーなど、いろいろなことを教わった3年間だったと思います。思い出に残っているのは実習です。朝から夕方まで実習を受け、その夜にレポートをまとめるのですが、毎晩遅くまで掛かって必死で仕上げました。でもその甲斐あって自分になにが足りないのかが明確になり、次の実習で反復練習するきっかけになりました。学生の皆さんはまだご高齢の方と接する機会が少ないため、コミュニケーションに不安があるという人がほとんどだと思いますが、それもすぐに慣れます。私も最初はそうでしたが、今では「伊藤さんのおかげで楽になってきたよ!」と言っていただけるのが本当にうれしいです。

プロフィール

伊藤 大輝さん のプロフィール

社会福祉法人 不二福祉事業会 蒲郡市三谷デイサービスセンター勤務/理学療法学科/2015年3月卒/2015年4月より三谷デイサービスセンターに勤務し、この施設で唯一の理学療法士として毎日奮闘中。看護師、介護士のほか、いろいろな職種のスタッフと連携しながら、施設を利用する皆さんにさらに感謝されるよう頑張っている。いつも笑顔を絶やさないムードメーカー的存在。この笑顔が利用する皆さんにも安心感を与えている。

この先輩が卒業したのは…

あいち福祉医療専門学校 理学療法学科

学校イメージ

解剖学の授業風景

愛知医科大学医学部名誉教授をはじめ、講師の半数が現役ドクター。そのため、日々進歩する医療業界について、具体的かつ実践的な講義を受けることができます。2013年からは学習の習慣付けを目的とするカリキュラム「総合学習論」を展開。段階的に予習・復習を繰り返すことで学んだことを着実に身につけていきます。また東海地区に100カ所以上の実習施設を用意。理学療法士の仕事内容を理解してから身体機能の検査や分析を学び、本格的な療法を体験し、ここでも段階的に学ぶことを重視しています。実習を通じて様々な人と触れ合うことで、教科書では知ることのできない経験を得ることができ、医療現場でのチームワークに対する理解も深まります。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

あいち福祉医療専門学校(専修学校/愛知)