• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 札幌ベルエポック製菓調理専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 製菓・製パン・ショコラ科

北海道認可/専修学校/厚生労働大臣指定/北海道

サッポロベルエポックセイカチョウリセンモンガッコウ

製菓・製パン・ショコラ科(2018年4月名称変更予定)

募集人数:
40人

洋菓子・製パン・ショコラを中心に和菓子や細工菓子まで幅広い実習が魅力。在学中に「製菓衛生師<国>」も取得可能。

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • ホテルレストランスタッフ

    ホテルのレストランや宴会場でウェイターやウェイトレスとして働く

    ホテルのレストランや宴会場などでウェイター・ウェイトレスとして働く。ホテルの場合、結婚式やパーティなどの改まった場や、外国からのお客様なども多く、多様かつレベルの高いサービスが求められる。

  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

  • 和菓子職人

    見せるための技が求められる和菓子専門の職人

    和菓子を専門につくるお菓子職人。弟子入りからはじめるケースが多いので、一人前になるまで時間と努力が必要。和菓子は、なま物である上、細工が細かいものが多いので、デリケートに扱わなければならない。粉の練り方から、細い箸を使った飾りつけまで、職人の技が光る仕事。

  • パン職人

    おいしくて喜ばれるパンを作るために工夫する毎日

    ベーカリーやホテルなどで、パン作り専門のシェフとして活躍する。一般的にベーカリーの場合は、朝4時に仕込み、夕方6時くらいまで営業するケースが多く、一日の勤務時間は長い。また、お客様に喜んでもらえる、売れるパンをつくるためには、日々、研究を重ね、おいしくて、オリジナリティのあるパンを開発しなければならない。

  • パティシエ(洋菓子職人)

    洋菓子店やレストランの洋菓子専門シェフ

    洋菓子だけを専門につくるシェフ。ケーキ、ムース、ババロア、クッキーなど洋菓子とひと言で片付けられないほど、幅広いメニューをつくり出す。店舗でお菓子作りをするだけでなく各種コンテストに出場したり、講習会の講師としても活躍するケースがある。

  • ショコラティエ

    チョコレートの加工技術を生かしてお菓子やケーキを作る職人

    主にチョコレートを使ったお菓子やケーキを作る菓子職人。チョコレートを柔らかくしてからきれいな形に固めるといった加工を施して、チョコレートの風味や見た目を生かしたお菓子やケーキを作りだしていく。チョコレートは温度や湿度などの影響を受けやすいデリケートな食べ物なので、高度な専門技術が必要とされるため、ケーキ類全般を扱うパティシエとは別にショコラティエが活躍している洋菓子店、洋菓子メーカーも多い。チョコレート菓子専門のお店もあり、そういったお店の職人もショコラティエと呼ばれる。

  • パン製菓店員・店長

    おいしいパンやケーキ、和菓子を製造し、販売する仕事

    ベーカリーショップや洋菓子店、和菓子店で働くスタッフや店長。接客や会計を担当するスタッフのほか、店舗内でパンやケーキ、和菓子を作っている場合は、製造を担当するパン職人やパティシエ、和菓子職人などのスタッフもいる。小規模な店舗ではその両方を担当するケースも多い。これらの店は、全国展開しているチェーン店も多いが、地元に愛されている個人経営の店も多く、職人としての腕を磨けば、独立開業することも十分可能な仕事だ。

  • 食品製造

    食品メーカーなどの工場で安全・衛生に配慮しながら食品を加工・製造

    食品メーカーなどの工場で食品の製造や加工を担当する仕事。大量生産する工場では生産ラインが設けられ、食材の洗浄、下処理、加工、調理、包装などの工程ごとに細かく分業されている。機械化が進んでいる工場では機器の操作が中心となることも多いが、食品の種類や工場の規模によっては手作業が大切になることも。そのため、工場で活躍している調理師やパン職人、パティシエなども少なくない。作業の正確さはもちろん、衛生面の配慮も求められる仕事だ。

初年度納入金:2017年度納入金(予定) 50万円  (入学金+授業料。施設維持費、総合演習費、諸費用などは別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

洋菓子・製パン・ショコラを中心に、和菓子や細工菓子まで幅広く学ぶ!
現役パティシエや専任講師から、最新や流行を取り入れたレシピから伝統のお菓子まで学びます。学ぶレシピは200種類以上!作れるものが増えていって、それが一人ひとりの自信につながります!製菓衛生師の国家試験に向けての筆記授業は、一人ひとりの「なぜ?」を解消し、出来ないことが出来るようになる実感があります。

卒業後

個別指導による万全の就職サポートで就職も安心
ベルエポックの就職指導の特長は「完全個別指導」。担任+就職専門スタッフが学生一人ひとりの将来を見据え希望する就職の実現に向け、サポートしてくれます。また、ホテルで行う「就職結団式」や企業の人事担当が「模擬面接会」を行ってくれるなど、洋菓子店、ホテルなど業界とのつながりが強いことも特長です。

資格

製菓衛生師国家資格は開校以来高い合格率!
パティシエとしての資格である『製菓衛生師国家資格』を2年次に受験可能。滋慶グループで培ったノウハウを国家試験対策室に集め、対策カリキュラムを独自につくり、一人ひとりのレベルに合わせた強力なバックアップにより毎年高い合格率を誇っています。【過去14年間の平均合格率98.7%(2016年度は98.7%・76名合格)】

クチコミ

「できない」「わからない」をなくしたい。だから、放課後は実習室を開放
大切な2年間でプロとしての技術を身につけるために放課後は実習室を開放。授業の空き時間や土日も実習室が使用可能です。定期試験前や学内コンテスト前、友だちと相談しながらの反復練習や、専任講師が指導してくれるなど、この積み重ねが2年後の大きな差となってきます。

施設・設備

2018年4月に「大通」へ校舎を移転します。実習室などの設備もパワーアップ!
札幌の中心「大通」へ2018年4月、校舎を移転!地下鉄の駅すぐ近く、JR札幌駅からも徒歩圏内という通学しやすい立地です。新校舎にはケーキや料理、コーヒーを楽しんでもらえる「販売」のための実習室もオープン。「実際にお客様に来ていただき、お客様から学ぶ」という、より実践的な学びの場にしていきます。

イベント

海外研修やコンテストなど多彩な学校行事で楽しく、しっかり学べる
2年間の学校生活は、洋菓子の本場フランスの世界的に有名なチョコレートメーカー「エコール・グランショコラ・ヴァローナ」の先生から教わる授業、学内コンテストや卒業制作発表会、更には体育祭など、楽しく学びながらしっかり実力が身につきます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 製菓衛生師<国>

目標とする資格

    • 食品衛生責任者

    ・サービス接遇検定(3級)
    ・おもてなし検定

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者数191名 )

主な就職先/内定先

    (株)きのとや 、 ジミーブラウン 、 (株)もりもと 、 (株)ケイシイシイ 、 (株)どんぐり 、 (株)ひらまつ 、 フィリア 、 パティスリーシイヤ 、 東京ドームホテル札幌 、 石屋製菓(株) ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒065-0026 北海道札幌市東区北26条東14-1-45
フリーダイヤル 0120-877-667
info@foods.belle.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
(平成30年4月 札幌「大通」に移転) : 北海道札幌市東区北26条東14丁目1番45号 「元町(北海道)」駅から2番出口を出て徒歩 5分

地図

 

路線案内


札幌ベルエポック製菓調理専門学校(専修学校/北海道)