• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 熊本保健科学大学

私立大学/熊本

熊本保健科学大学

クマモトホケンカガクダイガク

高度な専門知識と実践力を備えた医療人を育成します

本学は、医療の多様化と変化に対応しながら患者さんの生活と人生の質QOL(Quality of Life)にも配慮できる、優れた医療技術者の育成を通じて、社会への貢献を目指します。

熊本保健科学大学の特長

学校の特長1

学生生活を多方面からサポートする「スモールグループ」

スモールグループとは、学生と担当教員で構成される少人数グループです。各学年5~8名の学生と担当教員1~2名で構成。学業支援、国家試験対策、学生生活支援、健康サポート、就職支援など、どこに相談したらよいかわからないことなどは、スモールグループ担当教員に尋ねられる環境が整っています。大学に設置されている窓口の総合案内役として、必要なサポートを親身に行います。また、グループ内での学生同士の交流や学年を超えた交流も生まれ、学生生活の支えとなります。

学校の特長2

机上だけでは得られない“現場で使える力”を養います

本学では、4年間で数多くの現場を体験できます。医学検査学科では希望に応じた実習先を選択可能。主に九州一円の病院や検査センターのバックアップで、熊本県外から入学した学生も地元で実習することができます。看護学科では、熊本県内の多彩な病院や医療センターで、様々な症状や環境におかれた患者さんとの関わり方を実体験を通して学習。リハビリテーション学科では、通常の学外実習のほかに、希望する学生は在沖縄米海軍病院を訪問し、米国のスポーツリハや障害児療育の現状を学習。こうした現場での体験は、教室で学んだ力を試すとともに、社会へ出た時に役立つ即戦力を身につける絶好のチャンスです。

学校の特長3

すべての人に優しいユニバーサルデザイン仕様の校舎に、即戦力を培う設備がずらり

学外実習前に学内でしっかりシミュレーションできるよう、精密機器室やMRI室、基礎看護実習室、作業療法学実習室、物理療法学実習室など、様々な最新設備を導入。また、自慢の図書館には、保健や医療に関する専門書をメインに、図書や雑誌を収蔵しています。他、ビデオやDVDといった視聴覚資料、医療データベースなども豊富に揃えています。館内には170席の閲覧席にAVブース、グループ学習室があり、学生は自由に利用できるので、自主学習やグループ研究にも便利です。

学校の特長1

学生生活を多方面からサポートする「スモールグループ」

スモールグループとは、学生と担当教員で構成される少人数グループです。各学年5~8名の学生と担当教員1~2名で構成。学業支援、国家試験対策、学生生活支援、健康サポート、就職支援など、どこに相談したらよいかわからないことなどは、スモールグループ担当教員に尋ねられる環境が整っています。大学に設置されている窓口の総合案内役として、必要なサポートを親身に行います。また、グループ内での学生同士の交流や学年を超えた交流も生まれ、学生生活の支えとなります。

学校の特長2

机上だけでは得られない“現場で使える力”を養います

本学では、4年間で数多くの現場を体験できます。医学検査学科では希望に応じた実習先を選択可能。主に九州一円の病院や検査センターのバックアップで、熊本県外から入学した学生も地元で実習することができます。看護学科では、熊本県内の多彩な病院や医療センターで、様々な症状や環境におかれた患者さんとの関わり方を実体験を通して学習。リハビリテーション学科では、通常の学外実習のほかに、希望する学生は在沖縄米海軍病院を訪問し、米国のスポーツリハや障害児療育の現状を学習。こうした現場での体験は、教室で学んだ力を試すとともに、社会へ出た時に役立つ即戦力を身につける絶好のチャンスです。

学校の特長3

すべての人に優しいユニバーサルデザイン仕様の校舎に、即戦力を培う設備がずらり

学外実習前に学内でしっかりシミュレーションできるよう、精密機器室やMRI室、基礎看護実習室、作業療法学実習室、物理療法学実習室など、様々な最新設備を導入。また、自慢の図書館には、保健や医療に関する専門書をメインに、図書や雑誌を収蔵しています。他、ビデオやDVDといった視聴覚資料、医療データベースなども豊富に揃えています。館内には170席の閲覧席にAVブース、グループ学習室があり、学生は自由に利用できるので、自主学習やグループ研究にも便利です。

学校の特長1

学生生活を多方面からサポートする「スモールグループ」

スモールグループとは、学生と担当教員で構成される少人数グループです。各学年5~8名の学生と担当教員1~2名で構成。学業支援、国家試験対策、学生生活支援、健康サポート、就職支援など、どこに相談したらよいかわからないことなどは、スモールグループ担当教員に尋ねられる環境が整っています。大学に設置されている窓口の総合案内役として、必要なサポートを親身に行います。また、グループ内での学生同士の交流や学年を超えた交流も生まれ、学生生活の支えとなります。

学校の特長2

机上だけでは得られない“現場で使える力”を養います

本学では、4年間で数多くの現場を体験できます。医学検査学科では希望に応じた実習先を選択可能。主に九州一円の病院や検査センターのバックアップで、熊本県外から入学した学生も地元で実習することができます。看護学科では、熊本県内の多彩な病院や医療センターで、様々な症状や環境におかれた患者さんとの関わり方を実体験を通して学習。リハビリテーション学科では、通常の学外実習のほかに、希望する学生は在沖縄米海軍病院を訪問し、米国のスポーツリハや障害児療育の現状を学習。こうした現場での体験は、教室で学んだ力を試すとともに、社会へ出た時に役立つ即戦力を身につける絶好のチャンスです。

学校の特長3

すべての人に優しいユニバーサルデザイン仕様の校舎に、即戦力を培う設備がずらり

学外実習前に学内でしっかりシミュレーションできるよう、精密機器室やMRI室、基礎看護実習室、作業療法学実習室、物理療法学実習室など、様々な最新設備を導入。また、自慢の図書館には、保健や医療に関する専門書をメインに、図書や雑誌を収蔵しています。他、ビデオやDVDといった視聴覚資料、医療データベースなども豊富に揃えています。館内には170席の閲覧席にAVブース、グループ学習室があり、学生は自由に利用できるので、自主学習やグループ研究にも便利です。

熊本保健科学大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

臨床検査技師

大渕 一葉さん

病気の発見や治療の起点となる検査を通して、患者様の負担を少しでも軽くしたい

他の卒業生一覧を見る

キャンパスライフレポート

詳細を見る

保健科学部 医学検査学科

佐喜眞 容子さん

命とからだの不思議をとことん探求。そんな臨床検査技師が目標です

他の先輩一覧を見る

入試情報

実施している前年度入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

<2017年度納入金>医学検査学科/150万円、看護学科/140万円、リハビリテーション学科/150万円 ※入学金20万円を含む

就職・資格

卒業後の進路データ (2016年3月卒業生実績)

就職希望者数341名
就職者数341名
就職率100%(就職者数/就職希望者数)

就職支援

キャリアデザインの考えを基盤に5つのサポートシステムで、憧れを実現へとつなげます

「キャリアデザイン」とは“現在の自分”から“未来の自分”になるまでのシナリオを具体的に描くこと。本学では、この考え方を多くの医療系大学に先駆けて導入し、一人ひとりのシナリオ実現を強力にバックアップしています。憧れを実現へとつなげるために用意した多角的な支援体制は、「情報サポート」「学力サポート」「就職スキルサポート」「ナビゲーションサポート」「国家試験対策サポート」の5つ。これらのサポートシステムにより、目標がより明確となった学生たちは、医学検査学科115名、看護学科104名、リハビリテーション学科122名、すべてで就職率100%を達成することができました。(2016年3月卒業・就職希望者実績)

保護者の方へ

熊本保健科学大学の教育理念

高度な知識と技術を有し、 保健医療分野に貢献できる人材の育成

熊本保健科学大学の教育理念を見る

問い合わせ先・所在地・アクセス

広報課

〒861-5598 熊本県熊本市北区和泉町325
TEL:096-275-2215

所在地 アクセス 地図・路線案内
熊本県熊本市北区和泉町325 「西里」駅下車すぐ

地図

 

路線案内

請求できるパンフはこちら

無料
2018年度版大学案内+入試ガイド
熊本保健科学大学(私立大学/熊本)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ