• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 高知医療学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山崎 啓太さん(理学療法学科/理学療法士)

高知県認可/専修学校/高知

コウチイリョウガクイン

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

理学療法士  として働く  山崎 啓太さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

学び続けていくことで、患者様一人ひとりの社会復帰の形をサポートしたい!

この仕事の魅力・やりがい

病気やケガの症状は、患者様一人ひとり異なりますし、年代も異なります。症状の重い患者様ほど、完全に回復することは難しいのですが、残った身体の機能を十分に活かして、できるだけ快適に生活できるようにサポートしています。患者様と関わるうえで大切にしているのは、“患者様の人生を共有すること”。心に寄り添いながら、退院後の人生を一緒に作っていけることが、理学療法士の魅力だと感じています。祖母が入院して寝たきりになったとき、リハビリテーションを通して次第に歩けるようになりました。元気を取り戻していく姿を直接見て、“自分もこんな仕事をしたい”と考えるようになりました。今はその一歩を踏み出して、頑張っています。

理学療法士として働く山崎 啓太さん

常にスキルアップすることを心がけています

理学療法士として働く山崎 啓太さん
私の学生時代!

社会人経験者も働く環境だから刺激になります

私の学生時代!

理学療法士をめざそうと考えたとき、やはり4年制の学校も視野に入れていました。でも、高知医療学院は3年制なので、経済的に夢に向かっていけること、そして理学療法士育成の実績があることが決め手になり進学しました。3年間だから大変だと思いますか?実は私もそう考えていましたが、先生方にしっかり、分かりやすく指導していただけたので、学ぶことに意欲的に取り組めたと思います。夢に向かっている実感があり、充実していたことで、楽しく過ごせたのだと思います。また勉強はもちろんですが、イベントなどを通して、同じ目標を持つ仲間と過ごした時間があったから、実は大変なことも苦にならなかったのかもしれません。

これからかなえたい夢・目標

歓迎会やスポーツ大会などのイベントも充実しています

これからかなえたい夢・目標

より多くの患者様と関わり、一人ひとりの笑顔をもっとたくさん作りだしていきたいです。時には自分で解決できない症例の患者様もいらっしゃいますが、先輩に質問したり、高知医療学院の恩師に相談して、解決策を考えています。どんな患者様にも的確に対応できるようになりたい!だから学び続け、成長し続けなければいけないと思っています。ひとつの段階として理学療法士の国家試験に合格しましたが、これはゴールではありません。次の目標として考えているのは、さらに上位の“認定療法士”の資格を取得すること。これからも、学ぶこと、成長することに貪欲になっていきたいと思います。

プロフィール

山崎 啓太さん のプロフィール

医療法人新松田会 愛宕病院勤務/理学療法学科/2015年3月卒/目標の理学療法士をめざして高知医療学院に入学。1年次からすぐに実習がはじまる実践的なカリキュラム、業界経験豊富な講師陣による指導、支え合える仲間がいる環境で3年間を過ごし、愛宕病院に就職した山崎さん。「愛宕病院は学生時代の実習先でした。先輩方もたくさん活躍されていますし、その姿は刺激になります。これからは後輩たちの刺激になる先輩として頑張っていきたい」と意欲いっぱいに語る。「高知医療学院は先生だけでなく、事務の方も、そして実習先の病院の方も密に関わっていただけるので、積極的に学ぶことで必ず成長につながる学校です。この学校で夢を掴んでください」。

この先輩が卒業したのは…

高知医療学院 理学療法学科

学校イメージ

病気やケガで身体が不自由となった方を、身体と心の両面からケアし、機能維持と改善を助けるリハビリテーションのプロ「理学療法士」を養成。4年制もある理学療法士の専門学校のなかで、3年間で理学療法士の国家資格取得をめざします。そのため、イタリアやフランスでの研修を通して高度な知識と技術を習得した専任講師が、最新のノウハウを踏まえて徹底指導。1学年1クラス制という環境だから安心して学び、理学療法士としての専門知識や技術を着実に習得できます。また同校の母体である愛宕病院の分院で、1年次から実習を実施。豊富な演習と臨床実習を通して、積極的に学び続ける姿勢と、社会に対応できる優れた人間性を養います。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

高知医療学院(専修学校/高知)