• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 浦和大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 若元 彩さん(こども学部 こども学科/保育士)

私立大学/埼玉

ウラワダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

保育士  として働く  若元 彩さん  にインタビュー!

  • 教育業界
  • 教育系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

こどもの成長を、間近に見られるのが喜びですね。

この仕事の魅力・やりがい

嬉しいことは、数えきれないほどあります。例えば、こどもの成長を間近に見られること。ここには3ヶ月の乳児からいます。小さな赤ちゃんだった子たちが、歩き始めたり、初めて名前を呼んでくれたり。もう手放しで喜んでしまいます。1歳児はだんだん活動的になって、走ったり、手をつないで散歩ができたり。何かをできるようになっただけでなく、まだできなくても、頑張っている姿がまた健気で可愛いんです。私が考えて設定した遊びの環境が、こどもたちに受け入れられて夢中になって遊んでくれた時も格別です。また、喜びが得られるのはこどもからだけでなく、保護者に信頼してもらえた時も嬉しいですね。

保育士として働く若元 彩さん

忙しいですが、こどもといると癒やされます

保育士として働く若元 彩さん
業界ココだけ話!

こどもたちの元気な笑顔で、私も元気に!

業界ココだけ話!

保育士の一日を紹介します。7時15分から園児が登園し、9時頃には揃います。9時半におやつで、その後は自由遊び。11時20分から給食で、その後はお昼寝。眠っている様子を見守りながら、発表会の準備をしたり、連絡ノートを書いたり、この時間しかできないことを済ませます。15時に園児が起きて、またおやつタイム。そしてお迎えが来るまで自由遊びです。最長で20時過ぎまでいます。保育園は長時間開いているので、私たちは早番、中番、遅番とローテーションを組んで仕事をします。息をつく時間もないくらい忙しいですが、こどもたちといると癒やされます。こどもが好きだから、続けられる仕事なんですね。

私の学生時代!

学生時代に制作したパネルシアターを現場で活用!

私の学生時代!

この仕事を目指したのは、親戚のこどもが生まれて、「可愛い!」と思ったのがきっかけ。それ以来、こども相手の仕事に就くことが夢になりました。浦和大学に初めて行った時、アニメに出てくる森を連想し、すぐに気に入りました。自然が豊富で、とても気持ちいい環境です。授業で印象に残っているのは、やはり幼稚園や保育園での実習ですね。こどもとの関係が構築されていない学生が、いきなり入ってくるわけですから、活動をリードするのは難しかったです。それでも先生の真似をしてみたり、授業で覚えた手遊びをやってみたり。一緒に遊んでくれた時は、本当に嬉しかった。「自分はやっぱりこどもが好きなんだ」って改めて確認できました。

プロフィール

若元 彩さん のプロフィール

太子堂なごみ保育園勤務/こども学部/2013年3月卒/埼玉県春日部市出身。小学生の頃、いとこが生まれ、可愛いと感じたのがきっかけで、こども相手の仕事を意識するように。環境の良さに惹かれ、浦和大学に進学。「思ったより勉強が忙しかったです。けど、高校とは違った楽しさがいっぱいありました。先生と学生の距離が近く、フレンドリーに話せるのが魅力ですね」。卒業後は、東京都世田谷区の太子堂なごみ保育園に保育士として勤務。「働いてみて分かったのは、大学の授業はすべてが役立っているということ。実習ばかりに力を注ぎがちですが、こどもの発達段階についてなどちゃんと勉強しておいた方がいいですよ」。

この先輩が卒業したのは…

浦和大学 こども学部 こども学科

学校イメージ

「こどもと育つ」を教育理念に、感性豊かな保育者をめざして音楽、造形・絵画表現、自然など芸術・文化の教育に力を注いでいます。保育や幼児教育だけでなく、心理や福祉分野も幅広く学びます。学内には、親子のひろば「ぽっけ」があり、近隣から幼児親子が訪れます。1年次から全員が授業で「ぽっけ」での学びを体験し、また空き時間を利用して学生スタッフとしての参加も可能。地域の親子と触れ合いながら、実践力を養えます。また、カナダ・ライアソン大学と学術提携を結び、国際的視野を育む環境も整備。経験豊かで熱意ある講師陣のもとで成長を実感できる学部です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

浦和大学(私立大学/埼玉)