• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大原情報デザインアート専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • コミックイラストコース

大阪府認可/専修学校/大阪

オオハラジョウホウデザインアートセンモンガッコウ

コミックイラストコース

募集人数:
280人 (総定員)

自由に好きなイラストを描く。それが将来の仕事になる!そんな将来を目指せるコースです。

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 児童文学

    日本や外国の児童文学を研究し、創作する

    童話や昔話など、児童を対象にした文学と、児童文学の読み手である児童の心理や言葉の発達などについて研究する。児童文学を創作することもある。

  • 文芸学

    作品や作家を研究したり。自らの創作能力を磨く

    文学を芸術の一分野、言語芸術としてとらえ、小説、詩、評論などの作品を通して考察し、自ら創作していく学問。

目指せる仕事
  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • 絵本作家

    子どもから大人までに愛される絵本を作る

    絵本作家にも絵だけを描く人、ストーリーだけを考える人、ストーリーと絵の両方を手がける人などいろいろなタイプがいる。またイラストレーターが作品を発表する場合も。子ども向けから大人向けまで作品もさまざま。独自の手法や豊かなイメージが要求される。

  • ブックデザイナー(装丁家)

    作品にあわせて本の表紙をデザイン

    本のデザインをするのが仕事。装丁家とも言う。作家によっては装丁家を指名する場合もある。需要は増えているが、デザイナーや画家が兼ねるケースも多く、ブックデザインだけで生活できる人はまだ少ない。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 漫画家

    自分の作風やタッチで、人気作品を創り出す

    現在発行されているまんが誌(週刊誌・隔週刊誌・月刊誌)にまんがを描く仕事。最初から単行本に書き下ろすこともあるが、4コマまんがやストーリーものなどで、連載をもつことで収入を得る。自分の作風やタッチを確立して、作品を出版社の編集者等に認めてもらうことが必要。ヒット作品が出れば、時代のブームを巻きおこすことも。

  • パッケージデザイナー

    買いたくなるパッケージをデザイン

    お菓子や化粧品など商品の内容や魅力が消費者によく分かるよう、容器・包装などのパッケージデザインをする。商品内容やターゲット、会社のイメージ、使用する素材と商品の相性などを考慮し、思わず手が伸びるようなデザインを生み出す。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • DTPオペレーター

    DTPに必要な印刷用のデータを作る

    編集者やデザイナーの指示に基づき、ページごとのレイアウト、体裁の調整などをパソコンの画面上で行い、DTPによる出版物の印刷用データを作る。DTP用ソフトの操作や画像処理などの知識・技術が必要。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • ゲームCGデザイナー

    ゲームの世界を臨場感あふれるものにするCGを操る

    最近のゲームの多くは3DCG。立体感が出るからこそ、しっかりしたデッサン力や構成力が求められる。ただし、デザイン性とともに、データの重さなどの操作性もあわせて考える必要がある。新しいソフトや技術が出てくるので、それらを使いこなしていける柔軟性と吸収力も必要。

初年度納入金:2018年度納入金 112万円  (実習・演習費、学外研修費等別途必要)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

「コミックアート」の基礎から応用までの技術を習得
本の表紙や挿絵に登場するコミックイラスト(マンガ的なイラスト)を学ぶコース。マンガ表現やキャラクター制作なども学び、小説などの登場人物をいきいきと描き出せる力を習得し、プロとしての活躍を目指します。

先生

有名マンガ誌の受賞者やデビュー目前の若手マンガ家が講師として指導!
大原の講師は若手マンガ家。マンガ誌の受賞経験者やデビュー間近な期待のマンガ家が、基本から丁寧に指導を行う。これからのマンガ界で活躍を目指す講師が指導を行うことで、『今』世の中で受け入れられるマンガの専門技術を習得。初心者でも「マンガを描きたい!」といったヤル気があれば一から学べるのが大きな魅力だ。

施設・設備

アドビ(R)フォトショップ(R)やイラストレーター(R)を使って作品作りに没頭できる空間
校内には、最先端のハードとソフトを備えたコンピューター実習室が。情報システム、マンガ、広告、Web、ゲームなど多彩なコースが揃う大原だけに、コンピューター環境は充実。本コースでは、この環境を利用し、アドビ(R)フォトショップ(R)やイラストレーター(R)などのソフトウエアを活用した作品作りに取り組む。

奨学金

【デザインコンクール&マンガコンクール特別奨学生制度】など、独自の学費援助制度に注目!
大原主催の高校生向けコンクール入賞者を対象とした【デザインコンクール&マンガコンクール特別奨学生制度】を設置。ほかにも、【試験による特別奨学生制度】や【取得資格による特別奨学生制度】、高校のクラブ活動成績によって認定される【クラブ特別奨学生制度】など。詳しくはお問い合せ下さい。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • マルチメディア検定 (3級) 、
    • カラーコーディネーター検定試験(R) (3級)

    ほか

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

プロ漫画家、イラストレーター、キャラクターデザイナー、Webデザイナー、アニメーター、マンガ雑誌編集者

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒556-0011 大阪府大阪市浪速区難波中1-6-2
TEL 06-4397-2450
kansai.ev@mail.o-hara.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市浪速区難波中1-6-2 南海「難波」駅から徒歩 1分
近鉄「大阪難波」駅から徒歩 3分
JR「難波」駅から徒歩 5分
地下鉄「なんば」駅から徒歩 1分
阪神なんば線「大阪難波」駅から徒歩3分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

大原情報デザインアート専門学校(専修学校/大阪)