• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • びわこ成蹊スポーツ大学

私立大学/滋賀

びわこ成蹊スポーツ大学

ビワコセイケイスポーツダイガク

新しい“スポーツ文化”を創造する!「スポーツ力」+4年間の成長実感!

スポーツを総合的な視野でとらえ、未来のスポーツのあり方と実践方法を学べる日本屈指の“スポーツ大学”。競技的側面はもとよりスポーツビジネス、スポーツメディア・情報、スポーツ科学まで学問として追求します。

びわこ成蹊スポーツ大学の特長

学校の特長1

雄大にそびえる比良山系、美しい琵琶湖、視界すべてが学びのフィールド

本学は、比良山と琵琶湖に隣接し、恵まれた自然と歴史・文化の豊かな場所に立地しています。特に比良山から琵琶湖を活用した野外教育の価値は大きく、入学後すぐの4月に行われる「フレッシュマンキャンプ」、カヌーやボードセーリングなどの「水辺実習」など、湖畔の立地を活かした実習を通して心身を鍛え、自然や人々との共生感覚を養います。

学校の特長2

スポーツを「する」「ささえる」といった側面からアプローチできるクラブ・サークル

本学では、現在22種目(サッカー、硬式野球、陸上競技、バスケットボール、バレーボール、競泳、水球、アルティメット、ウエイトリフティング等)の公認クラブのほか、8種目(ハンドボール、トレーナーチーム等)の同好会・サークルが活躍中。将来につながる学びを実践する場として積極的にサポートしています。2016年度は、アルティメット部が「第27回全日本大学アルティメット選手権大会(メン部門)」において大学日本一に輝きました。また、サッカー部(男子)が「第40回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント」においてベスト8となりました。

学校の特長3

人をどう育てるか?それだけではなく、どうすれば自発的に育っていくか?

本学サッカー部監督であり、ユニバーシアード女子日本代表監督である望月聡教授が、自身の経験を踏まえ大学で学生に身につけてほしい力があると語っています。「スポーツを学ぶ上で大切なことは、“自己決定力”。選手とコーチはいずれ離ればなれになる。学生も卒業後は各自で社会と向き合う。だから、自分で自分に問いかけ、自己決定していく能力が求められる」。言われたまま動く人ではなく、スポーツで学んだことを活かして自ら考え、行動できる人間を磨く。これが本学の学びです。

学校の特長1

雄大にそびえる比良山系、美しい琵琶湖、視界すべてが学びのフィールド

本学は、比良山と琵琶湖に隣接し、恵まれた自然と歴史・文化の豊かな場所に立地しています。特に比良山から琵琶湖を活用した野外教育の価値は大きく、入学後すぐの4月に行われる「フレッシュマンキャンプ」、カヌーやボードセーリングなどの「水辺実習」など、湖畔の立地を活かした実習を通して心身を鍛え、自然や人々との共生感覚を養います。

学校の特長2

スポーツを「する」「ささえる」といった側面からアプローチできるクラブ・サークル

本学では、現在22種目(サッカー、硬式野球、陸上競技、バスケットボール、バレーボール、競泳、水球、アルティメット、ウエイトリフティング等)の公認クラブのほか、8種目(ハンドボール、トレーナーチーム等)の同好会・サークルが活躍中。将来につながる学びを実践する場として積極的にサポートしています。2016年度は、アルティメット部が「第27回全日本大学アルティメット選手権大会(メン部門)」において大学日本一に輝きました。また、サッカー部(男子)が「第40回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント」においてベスト8となりました。

学校の特長3

人をどう育てるか?それだけではなく、どうすれば自発的に育っていくか?

本学サッカー部監督であり、ユニバーシアード女子日本代表監督である望月聡教授が、自身の経験を踏まえ大学で学生に身につけてほしい力があると語っています。「スポーツを学ぶ上で大切なことは、“自己決定力”。選手とコーチはいずれ離ればなれになる。学生も卒業後は各自で社会と向き合う。だから、自分で自分に問いかけ、自己決定していく能力が求められる」。言われたまま動く人ではなく、スポーツで学んだことを活かして自ら考え、行動できる人間を磨く。これが本学の学びです。

学校の特長1

雄大にそびえる比良山系、美しい琵琶湖、視界すべてが学びのフィールド

本学は、比良山と琵琶湖に隣接し、恵まれた自然と歴史・文化の豊かな場所に立地しています。特に比良山から琵琶湖を活用した野外教育の価値は大きく、入学後すぐの4月に行われる「フレッシュマンキャンプ」、カヌーやボードセーリングなどの「水辺実習」など、湖畔の立地を活かした実習を通して心身を鍛え、自然や人々との共生感覚を養います。

学校の特長2

スポーツを「する」「ささえる」といった側面からアプローチできるクラブ・サークル

本学では、現在22種目(サッカー、硬式野球、陸上競技、バスケットボール、バレーボール、競泳、水球、アルティメット、ウエイトリフティング等)の公認クラブのほか、8種目(ハンドボール、トレーナーチーム等)の同好会・サークルが活躍中。将来につながる学びを実践する場として積極的にサポートしています。2016年度は、アルティメット部が「第27回全日本大学アルティメット選手権大会(メン部門)」において大学日本一に輝きました。また、サッカー部(男子)が「第40回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント」においてベスト8となりました。

学校の特長3

人をどう育てるか?それだけではなく、どうすれば自発的に育っていくか?

本学サッカー部監督であり、ユニバーシアード女子日本代表監督である望月聡教授が、自身の経験を踏まえ大学で学生に身につけてほしい力があると語っています。「スポーツを学ぶ上で大切なことは、“自己決定力”。選手とコーチはいずれ離ればなれになる。学生も卒業後は各自で社会と向き合う。だから、自分で自分に問いかけ、自己決定していく能力が求められる」。言われたまま動く人ではなく、スポーツで学んだことを活かして自ら考え、行動できる人間を磨く。これが本学の学びです。

オープンキャンパスに行ってみよう!

詳細を見る

就職率が5年平均99%を越えるスポーツ大学の就職力とは?

★スポーツビジネスと保健体育教員を目指す方におススメ★ 2017年度第3回オープンキャンパス 今回…

続きを見る

びわこ成蹊スポーツ大学からのメッセージ

2017年度第3回オープンキャンパスを開催!!

2017年5月28日(日)
11:00~15:00(受付10:30~)

【主なプログラム】
○スポーツビジネスを専門とする吉倉先生の講演
○学校教育現場での経験がある川合先生の講演
○学生や教員と話せる「フリートークカフェ」
○クラブ見学
○受付時には昼食無料券をお渡しします!
○各種相談コーナー など

※当日のプログラムは変更の可能性があります。

ご来校お待ちしております!

(4/18更新)

びわこ成蹊スポーツ大学の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

経理

橘 朱音さん

日本サッカーのトップリーグにふさわしいクラブ運営ができる力を身につけたい

入試情報

実施している前年度入試一覧

合格難易度

学費(初年度納入金)

2017年度納入金 入学金25万円、授業料95万円、教育充実費25万円、諸費4万5660円 合計149万5660円

問い合わせ先・所在地・アクセス

入試課

〒520-0503 滋賀県大津市北比良1204
TEL:077-596-8425

所在地 アクセス 地図・路線案内
滋賀県大津市北比良1204番地 「比良(滋賀県)」駅からシャトルバス 約5分
「比良(滋賀県)」駅から徒歩 約15分

地図

 

路線案内

びわこ成蹊スポーツ大学(私立大学/滋賀)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

  • Photo

    2017年4月、大きく産まれかわります。国際・スポーツ・環境の新学部・学科を新設

  • Photo

    体育・スポーツ・教育における専門性と指導力を高め、学生生活を通して主体性を育む!!

  • Photo

    「考動」する関大人が世界を拓く。社会の変化に挑みつづけるために自ら考え、行動する

  • Photo

    2017年4月「現代社会学部」、2018年4月「情報理工学部」誕生!9学部を有する総合大学

  • Photo

    6つのキャンパスに医学から芸術分野までを集積した、西日本最大級の総合大学。

  • Photo

    徹底した少人数制教育と幅広い国際交流が魅力。“世界”を体験&学習しよう!

  • Photo

    教育理念「国際主義」を礎に、グローバル化が進むキャンパスで学ぶ!

  • Photo

    取得できる教員免許・福祉資格が充実!教育・保育・福祉・スポーツの専門家を育成

  • Photo

    多文化協働のリーディング大学。既存の枠を超えて、新たな未来を創造する。

  • Photo

    You,Unlimited! ~未来を想う。そこに無限の可能性はある~

次へ