• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • びわこ成蹊スポーツ大学
  • 学校の特長

私立大学/滋賀

ビワコセイケイスポーツダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

雄大にそびえる比良山系、美しい琵琶湖、視界すべてが学びのフィールド

本学は、比良山と琵琶湖に隣接し、恵まれた自然と歴史・文化の豊かな場所に立地しています。特に比良山から琵琶湖を活用した野外教育の価値は大きく、入学後すぐの4月に行われる「フレッシュマンキャンプ」、カヌーやボードセーリングなどの「水辺実習」など、湖畔の立地を活かした実習を通して心身を鍛え、自然や人々との共生感覚を養います。学校の特長1

クラブ・サークル活動が楽しめる

スポーツを「する」「ささえる」といった側面からアプローチできるクラブ・サークル

本学では、現在22種目(サッカー、硬式野球、陸上競技、バスケットボール、バレーボール、競泳、水球、アルティメット、ウエイトリフティング等)の公認クラブのほか、8種目(ハンドボール、トレーナーチーム等)の同好会・サークルが活躍中。将来につながる学びを実践する場として積極的にサポートしています。2016年度は、アルティメット部が「第27回全日本大学アルティメット選手権大会(メン部門)」において大学日本一に輝きました。また、サッカー部(男子)が「第40回総理大臣杯全日本大学サッカートーナメント」においてベスト8となりました。学校の特長2

先生・教授・講師が魅力的

人をどう育てるか?それだけではなく、どうすれば自発的に育っていくか?

本学サッカー部監督であり、ユニバーシアード女子日本代表監督である望月聡教授が、自身の経験を踏まえ大学で学生に身につけてほしい力があると語っています。「スポーツを学ぶ上で大切なことは、“自己決定力”。選手とコーチはいずれ離ればなれになる。学生も卒業後は各自で社会と向き合う。だから、自分で自分に問いかけ、自己決定していく能力が求められる」。言われたまま動く人ではなく、スポーツで学んだことを活かして自ら考え、行動できる人間を磨く。これが本学の学びです。学校の特長3
びわこ成蹊スポーツ大学(私立大学/滋賀)