• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 福島学院大学
  • 学校の特長

私立大学/福島

フクシマガクインダイガク

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

福祉や心理の理論と実践を「経験しながら学ぶ」

子どもからお年寄りまで、心理的・精神的ストレスを抱える人たちの「心の痛み」をケアすることができる「福祉・心理の専門家」が求められています。また、ソーシャルワークの視点からカウンセリング能力ならびに対話能力を身につけ、保護者に対する子育て支援が行える保育士が今まさに必要とされています。本人自身の本来持つ力を引き出し、その人らしい生活を送ることができるように、関係する様々な専門職や事業者、ボランティア等と連携を図り、住み慣れた町がお互いに暮らしやすいものになるようにネットワークを作るなど、「地域づくり」に貢献する方法を実践的な授業で学んでいきます。学校の特長1

遊びも通学も便利な都会の学校

福島市中心部にある「福島駅前キャンパス」は、福島駅から徒歩5分でアクセスも便利

福祉学部福祉心理学科は1年次から4年次まで、福島駅から徒歩5分の「福島駅前キャンパス」で学んでいます。石畳と街路樹で整備された商店街“パセオ470”に面したキャンパスの外観は、洒落た街並みに溶け込んだデザインに。カフェのような雰囲気の学生ラウンジや、卓球、ビリヤード、サッカーゲームを設置したスポーツルームなどのレクリエーション施設も充実。また、構内には勤労者の心の相談施設「メンタルヘルスセンター」や、子どもの精神保健相談施設「心理臨床相談センター」などの附属施設があり、地域の人々の健やかな心の健康もサポートしています。学校の特長2

キャンパスがきれい

緑美しい「宮代キャンパス」には、広大な敷地に充実した設備が整う

福祉学部こども学科は、福島市郊外にある四季折々に美しい緑豊かな「宮代キャンパス」で学びます。本館「カーサ・ビアンカ」や、主に食物栄養科(短期大学部)の授業が行われる「食栄館」をはじめ、「カーサ・フローラ」には、321名収容の多目的ホール「千葉記念ホール」や、スペイン風の街並みを模した憩いのスペース「スペイン広場」、食物栄養科の給食管理実習室「コシーナ」、エアロビクス等の授業に使用される「リハーサルルーム」など特色のある教室や施設があります。また、「図書館情報センター」には約8万冊の専門書等を蔵書する他、CDやビデオ、DVDなどの視聴覚教材を収蔵。インターネットコーナーやスタジオ設備などがあります。学校の特長3
福島学院大学(私立大学/福島)