• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 尚絅学院大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 総合人間科学部
  • 環境構想学科

私立大学/宮城

ショウケイガクインダイガク

環境構想学科

募集人数:
60人

「環境」は広く学ぶとおもしろい!アパレル・建築・エネルギーまで可能性を広げる3コースから学べます

学べる学問
  • 経済学

    さまざまな経済現象を統計によって分析する

    家計から国家、世界を対象にお金の流れを、統計、調査、分析を通して理論的、包括的、実践的に探る学問。経済学を武器に国際問題や環境問題へのアプローチも可能。

  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 服飾・被服学

    快適な衣服や、服飾に関する理論と技術を研究する

    快適な衣服とそれに付随する服飾に関する理論と製作について、素材、テキスタイル、デザイン、製造まで幅広く研究する。流通や販売も研究テーマとなる。

  • 住居学

    人が住みやすい空間、環境を研究する

    住居に生活面から視点をあて、人がより快適に暮らしやすい住空間を実習、調査、研修などで研究し、その創造をめざす。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 一般事務

    データ入力や書類作りなどデスクワーク系作業で職場をサポート

    パソコンなどを使ってのデータ入力、資料や書類作り、社内連絡の取次やファイリングなど、周囲の業務を効率的に運ぶためのサポート的な作業を行う。デスクワークが主であり、仕事には正確性や効率性が求められる。

  • インテリアコーディネーター

    住む人の立場に立って、快適な住空間を提案・提供する

    顧客の要望を聞いて、内装(住宅の照明や壁紙など)のプランニングアドバイスをしたり、具体的な商品の選択を行い、見積り、施工管理をする。住生活に対する価値観・ライフスタイルなどをきちんと把握し、住む人の立場に立って、快適な住空間を提供する仕事だ。

  • 環境教育指導者

    学校教育現場で、自然に触れ合う機会を設けることによって環境について勉強できるよう指導する。

    小中学校などの総合的な学習の時間に、子どもたちに自然環境に触れさせ、「環境」について考えるきっかけを与える人が、環境教育指導者。年代に応じて、遊びながら自然と親しめるようなプログラムを考えたり、野遊びや川遊びなど、日頃最近の子どもたちがあまりしなくなった遊びを一緒になって楽しみ、自然を再発見してもらおうという狙い。教員を対象としたさまざまな環境教育指導者の研修やセミナーが実施されているが、必ずしも教師でなくても、総合的な学習の時間を一緒に指導する地域のボランティアなども数多く活躍している。

初年度納入金:2017年度納入金 129万7160円 

学科の特長

学ぶ内容

生活、都市、地域の3つの専門分野について、それぞれの興味関心に応じた「環境」を学びます
●生活環境コース:もっとも身近な生活環境である衣服について、生活者の視点で考えるコース
●都市環境コース:未来の住宅や都市環境をデザインするコース
●地域環境コース:自然と人の調和した地域環境づくりを考えるコース

カリキュラム

自然と人とまちをつなぎ東北の未来をつくるための知識と技術を身につける
1年次では環境と人間の共生関係について総合的に理解します。2年次以降は将来モデルにあわせて「生活環境」「都市環境」「地域環境」の3コースからひとつを選択し専門知識・技術を学びます。3年次ではフィールドでの実践が増え、4年次では応用力が身につき、持続可能な社会の形成に寄与する卒業研究に取り組みます。

授業

生活環境コース
「アパレル構成実習」では、人体と生活環境に合う衣服を作るのに必要な技術を学習します。体の採寸、型紙作図、縫製の全工程を実践します。「消費と環境」の授業では、自らの消費行動と環境との関連性を理解しグリーン購入やエシカル消費、環境配慮型製品の開発・供給などについて学びます。
都市環境コース
「都市計画論」では、都市史、都市計画の制度、まちづくりの方法などを学び、都市計画や住民参加のあり方について深く考え、未来の都市を構想する力を養います。「建築環境工学」では、快適な室内環境の整備に必要な基準や方法を理解します。
地域環境コース
「環境マネジメント論」では、環境負荷への配慮と経済発展との関係について、また、企業の環境経営の取り組みなどについて学びます。「自然環境調査法」では、自然豊かなキャンパス周辺で野外調査を行い、調査結果から得られる数値の扱い方や科学的な解析方法を学びます。

卒業後

身につけた知識と技術は様々な分野で活かせます
環境問題に取組む専門部署が自治体や企業で増えている現在、様々なステージでの活躍が期待できます。地方自治体の公務員など行政職・専門職、環境系の公益財団法人、水道・ガス・電力などライフライン関連、建築・住宅・不動産、農林・園芸分野、繊維・アパレル、一般流通・小売業など様々な分野での活躍が期待されます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

環境再生医(初級)(資格認定)

受験資格が得られる資格

  • 一級建築士<国> (要実務経験2年) 、
  • 二級建築士<国> 、
  • 木造建築士<国>

目標とする資格

    • 建築CAD検定試験 、
    • 色彩検定(R) 、
    • 繊維製品品質管理士【TES】 、
    • インテリアコーディネーター

    eco検定(環境社会検定試験)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)仙台銀行 、 (株)北日本銀行 、 宮城県警察官 、 クリナップ(株) 、 (株)オンワード樫山 、 カネボウ化粧品東北販売(株) 、 渡辺パイプ(株) 、 フルテック(株) 、 ユアサ商事(株) 、 菊水化学工業(株) ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒981-1295 宮城県名取市ゆりが丘4-10-1
TEL 022-381-3311 入試広報課
E-mail : koho@shokei.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
宮城県名取市ゆりが丘4―10―1 JR「仙台」駅からバス40分 「尚絅学院大前」バス停下車後すぐ
地下鉄「長町南」駅からバス15分 「尚絅学院大前」バス停下車後すぐ
JR「南仙台」駅からバス15分 「尚絅学院大前」バス停下車後すぐ 

地図

 

路線案内


尚絅学院大学(私立大学/宮城)