• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 神戸製菓専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 稲田 知慧さん(製菓衛生師科/バリスタ)

兵庫県認可/専修学校/兵庫

コウベセイカセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

バリスタ  として働く  稲田 知慧さん  にインタビュー!

  • フード業界
  • サービス業界
  • その他専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

カフェが人と人とを結びつける。交流の輪が広がっていく幸せを実感しています♪

この仕事の魅力・やりがい

姫路・飾磨にあるLatteArt-Bar Z.E.R.Oは、本格的なラテアートやエスプレッソが楽しめるカフェであり、雑貨販売やイベントなども行える場所です。私はここでドリンク作りや接客などをしながら、ケーキやフードメニューの仕込み、ケータリングサービス、さらにはメニュー作りやレシピの改善など幅広い仕事をしています。おいしいドリンクやフードを作るのはもちろんのこと、最近嬉しいのはカフェを舞台に人の輪が広がっていること。看板メニューであるラテアートに興味を持って下さるお客様や常連のお客様、ラテアートを勉強中だという方などが集い、そこからお客様同士の交流が広がる。そんな場を提供できていることが、とても嬉しいですね。

バリスタとして働く稲田 知慧さん

美味しいコーヒーやスイーツを届ける幸せを実感

バリスタとして働く稲田 知慧さん
私の学生時代!

お客様との会話の広がりも楽しみの一つ

私の学生時代!

神戸製菓専門学校では1年制を選択したので学生生活はあっという間でしたが、多くの種類のケーキやパンを作る中で技術を身につけることができました。学園祭や卒業制作展など大きなイベントも思い出ですが、友達と実習で作ったケーキを食べたり、ケーキ屋さんをハシゴししたことは、今振り返ってもかけがえのない時間でした。同じ夢を持っていてる者同士だからこそ分かり合える話で盛り上がったことが、些細なことですが今でも心に残っています。こうした学校生活で培ったものが、今自分でメニューを考える中でのアイデアにつながっていますね。当時のクラスメイトとは今でも連絡を取っていて、お店に遊びに来てくれるなど交流があります。

これからかなえたい夢・目標

ラテアートが思う通りにできたときはテンションアップ

これからかなえたい夢・目標

ドリンクもスイーツもそうですが、完成度の高い商品を提供するためには「前よりもおいしいものを、これまでよりもキレイなものを」という意識が大切だと思います。私は日ごろからケーキなら盛りつけやリースの組み合わせを変えてみるなど変化を入れるようにしたり、レシピを改善したり、トライ&エラーの中でより上を目指そうと考えています。特に慣れと集中力の必要なラテアートは、日々繰り返して練習することが大切。努力を積み重ねて、いずれラテアートの世界大会に挑戦するなど、世界を舞台に活躍してみたいです。それと並行し、今のお店も2店舗目へと広げていくことができたらいいなと考えています。

プロフィール

稲田 知慧さん のプロフィール

LatteArt-Bar Z.E.R.O勤務/製菓衛生師科/2006年3月卒/兵庫県立姫路飾西高等学校出身。小さい頃から趣味はお菓子づくり。人にプレゼントして喜んでもらえることが嬉しく、製菓の道を志す。製菓衛生師科では1年制ながら豊富な実習、演習で洋菓子、パン、和菓子を学んだという。現在は姫路・飾磨のLatteArt-Bar Z.E.R.Oにて、日本バリスタ協会認定バリスタであるオーナーとともに店頭で本格的なエスプレッソやカフェラテを提供している。

この先輩が卒業したのは…

神戸製菓専門学校 製菓衛生師科

学校イメージ

1年間で480時間という豊富な実習時間の中で、洋菓子・和菓子・パンの知識と技術を身につけます。現場で即戦力となれるよう、器具の使い方や材料の特性など、さまざまなスイーツやパン作りの基礎を1年間で確実に修得。「なぜこうしないといけないのか」という理論をふまえ、人気店や有名ホテルで活躍していた経験豊富な先生の指導のもと、技術だけではなくプロとしての心がまえもしっかり学びます。そして、卒業と同時に、国家資格『製菓衛生師』の受験資格を取得。国家資格取得にむけた学習はもちろん、対策講座や一人ひとりにあわせたきめ細やかなサポート体制も充実させ、全員合格を目指します。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

神戸製菓専門学校(専修学校/兵庫)