• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 愛媛十全医療学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 山下 紗季さん(理学療法学科/理学療法士)

愛媛県認可/専修学校/愛媛

エヒメジュウゼンイリョウガクイン

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

理学療法士  として働く  山下 紗季さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

弟のケガがキッカケで理学療法士に。患者様と喜びが共有できる素敵な仕事です。

この仕事の魅力・やりがい

手術前後の検査、リハビリテーションを担当。患者様一人ひとりの筋力や体力に合わせてプログラムを構成します。リハビリテーションは長い時間行うことが多いため、患者様があきずに取り組めるような工夫を行っています。その際に心がけていることは、「患者様の話や訴えをしっかり聞く」ことです。患者様と心を通わせることで、より効果的なリハビリテーションになると感じています。結果として、少しずつ歩けるようになったり、足が動かせるようになったときの患者様の喜びを共有できるのもこの仕事の魅力。患者様が退院するときの嬉しそうな笑顔や「ありがとう」の言葉が、「また頑張ろう」という励みになっています。

理学療法士として働く山下 紗季さん

常に相手の立場に立って考えるようにしています

理学療法士として働く山下 紗季さん
今の仕事との出会い・きっかけ

目標は患者様から信頼される理学療法士です

今の仕事との出会い・きっかけ

私が中学生のとき、弟がケガをして膝の半月板の手術をしました。その際、手術やリハビリテーションでお世話になったのが愛媛十全医療学院附属病院でした。理学療法士が弟の悩みをいろいろ聞いてくださり、心も体も元気になっていく弟の姿を目の当たりにして、「人の役に立つ素敵な仕事」だと興味を持ちました。愛媛十全医療学院は3年制なので短期間で卒業できること、弟が入院していた附属病院が併設されていることが入学の決め手に。臨床実習では運動器や内科疾患など多彩なリハビリテーションを経験でき、その経験は現在とても役立っています。理学療法士は子育てをしながら仕事に取り組めるので、女性にも適した一生の仕事だと思います。

後輩への応援&アドバイス

自分自身の経験を活かして指導しています

後輩への応援&アドバイス

愛媛十全医療学院附属病院に勤務する理学療法士全員が愛媛十全医療学院の卒業生。頼れる先輩が近くにいるので安心ですし、学校に隣接しているので、すぐ先生に相談でき心強い。就職1年目は何を質問していいかも分からずに悩んでいましたが、先輩から「最初は分からないことが当たり前だから、どんどん質問して吸収しなさい」とアドバイスをいただきました。とても心が軽くなり、今では自信を持って取り組めています。患者様の人生に関わる仕事なので、学生時代の実習での緊張感や一生懸命さはとても大切です。基礎医学などの基礎をしっかり身につけて、常に初心を忘れず、患者様の気持ちに寄り添える理学療法士をめざして頑張ってください。

プロフィール

山下 紗季さん のプロフィール

愛媛十全医療学院附属病院勤務/理学療法学科/2012年3月卒/「学生生活は勉強がとても大変でした」と山下さん。同じ目標を持った友だちに大いに刺激を受けたそう。「国家試験前は少人数制のグループに分かれて勉強。先生が個別にフォローしてくださり、モチベーションも上がりました」。頑張った結果、同じグループ全員が国家試験に見事合格。今でもその時の友だちとは、休日に会うなど仲良くしている。「学生時代の友だちは辛いときも、楽しいときもいつも一緒だったので絆も深く、特別な思いがありますね」。

この先輩が卒業したのは…

愛媛十全医療学院 理学療法学科

学校イメージ

理学療法士に必要な専門知識や技能習得のための豊富な実習はもちろん、医療人としての資質を養うために、他の医療職との関わりを重視したメンタルヘルスや救急救命、公衆衛生、医療・福祉法規など、年間数回の特別講義も実施しています。県内最大級の規模を誇るリハビリテーション・エリアを持つ、愛媛十全医療学院附属病院が隣接した実践的な教育環境を活用し、院内実習や検査実習、臨床実習など臨床の現場を体験する機会も豊富。患者様とのコミュニケーション能力やチーム医療の一員としての自覚を身につけることができます。また、全国でも数少ない人体解剖を経験できるリハビリテーション専門職養成校であることも特徴のひとつです。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

愛媛十全医療学院(専修学校/愛媛)