• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪バイオメディカル専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 上 祐士さん(医療福祉心理学科(昼間・3年制)/精神保健福祉士)

大阪府認可/専修学校/大阪

オオサカバイオメディカルセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

精神保健福祉士  として働く  上 祐士さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

病気、生活、家族…様々な面から利用者さんの就労や一人暮らしをサポートしていきたい

この仕事の魅力・やりがい

精神的な障害を持つ方が利用するデイケアと訪問看護のスタッフとして働いています。クリニックに併設されたデイケアにいらっしゃる利用者さんの作業プログラムを考えて一緒に行ったり、ご自宅を訪問して話を聞いたりすることで、利用者さんの自立をサポートしていきます。例えば、利用者さんは昼食を作る作業を通して、就労につながる集中力や協調性を身につけていきます。一人ひとりと向き合って、理解することで、それぞれに最適なプログラムを考えるようにしています。また、利用者さんから、病気の症状や家族のこと、年金のことなど様々な相談を受けることもあります。頼りにされるのはうれしいですし、全力で応えたいと思っています。

精神保健福祉士として働く上 祐士さん

利用者さんとのコミュニケーションを大事にしています

精神保健福祉士として働く上 祐士さん
今の仕事との出会い・きっかけ

訪問看護として利用者さんの家を車で回ります

今の仕事との出会い・きっかけ

高校の時は、野球部に所属していて、学生コーチをしていました。その経験から、誰かに教えたりサポートすることが楽しいと気づき、福祉の道に進むことを考えました。精神保健福祉士を本気でめざそうと思ったのは、在学中に行った施設での実習がきっかけです。精神障害者の施設で、実習を担当してくれた精神保健福祉士の人がとても生き生きと働いているのを見て、自分もこうなりたい、と思ったんです。学校卒業後、1年間は病院で看護補助をしながら、学校の資格対策講座に通い、勉強を続けました。資格取得後、学校の紹介のおかげでいまのクリニックに転職。目標だった精神保健福祉士になることができ、忙しい毎日ですが充実しています。

これからかなえたい夢・目標

役所への申請や、他病院との連携など業務は多彩です

これからかなえたい夢・目標

まだ、精神保健福祉士になって1年目なので、今は医師からの指示などに受け身になっている部分があります。これからはもっと、多くの知識を身につけ、利用者さんの自立に向けたプランにも積極的に関わり、自ら提案していけるようになりたいと思っています。また、利用者さんの就労や一人暮らしをサポートするためには、デイケアや訪問看護といった施設内でのプログラムだけでなく、役所への申請などの業務も必要となってきます。法律が変われば、制度も変わるので、常に最新の知識が求められます。利用者さんにとって必要で最適な制度を選択できるように勉強を怠らず、よりよいサポートができるようになりたいと考えています。

プロフィール

上 祐士さん のプロフィール

よこうちクリニック/医療福祉心理学科 精神保健福祉コース/2011年3月卒/obm卒業後、精神科のある病院に就職。実務経験を積みながら、精神保健福祉士の資格試験に向けて勉強を続けた。通勤時間を勉強にあてていたほか、obmで卒業生対象に無料で開講されている資格対策講座にも、ほぼ毎回通ったという。資格取得後、現在の職場に転職し、精神保健福祉士として活躍中。「精神保健福祉士と関係ないと思うような教養を身につける授業でも、今の仕事につながり役立つことが多いです。目の前にあることをなんでも頑張ることは、けっして無駄になりません!」と後輩にエールを送る。

この先輩が卒業したのは…

大阪バイオメディカル専門学校 医療福祉心理学科(昼間・3年制)

学校イメージ

医療・福祉の現場では、様々な要因から発生するストレスを取り除き、心の問題を解く専門家の存在が必要とされています。一流の専門家を目指すには、「福祉」と「心理学」の2つの分野を同時に学び、心と知識の両方を磨いていくことが必要。本学科では、将来必要な基礎知識に加え、福祉に関する専門知識、心理療法やカウンセリング技法など専門性の高い知識を幅広く学習します。医師や看護師とともにトータルサポートができるプロを目指します。精神保健福祉士(実務経験1年必要)資格の習得も可能です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

大阪バイオメディカル専門学校(専修学校/大阪)