• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 国際自然環境アウトドア専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 自然ガイド・環境保全学科(3年制)

新潟県認可/専修学校/新潟

コクサイシゼンカンキョウアウトドアセンモンガッコウ

自然ガイド・環境保全学科(3年制)

募集人数:
10人

地球規模で考えながら、自然を守り、魅力を伝え、地域の発展に貢献できる自然ガイドを養成します

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

  • 森林科学・水産学

    森林や水産生物資源の保護・育成、有効な利用法を研究する

    森林科学は、森林のさまざまな機能を保護・再生することで森林資源、及び地球環境の保全を図り、これを継続的に生産・利用する技術や理論を学んでいく学問。水産学は、実験や実習を通して、魚や藻類など海や河川の生物資源の育て方や獲り方、加工の仕方を科学的に探っていく学問。

  • 地球・宇宙科学

    理論と観測を通して宇宙の成り立ちや現象を解明する

    誕生から45億年と言われている地球についてあらゆる角度から研究したり、宇宙そのものを対象として実験や観測を通してその謎を解明したりする。また、宇宙ステーションやロケットの研究など工学的な研究をする。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

  • 環境工学

    環境問題の原因究明と解決を目指す

    地球温暖化や酸性雨、熱帯林の減少などの地球環境問題や、大気汚染など環境汚染の原因を究明し、地球と地球上の生命を守りながら人間社会の発展を実現するための研究を行う。

目指せる仕事
  • 森林インストラクター

    自然とのつきあい方を教える

    樹木や草花、動物の生態に通じ、森に遊びに来る人と大自然との橋渡しをする。自然の中で行われるイベント、キャンプ、シンポジウムなどで活躍する。現状ではボランティアとしてやる人たちが多い。

  • 環境アセスメント調査員

    地域開発が自然に与える影響を事前に調査する

    道路開発や、工場建設など大規模事業を行う前に、環境への影響を調査・予測・評価する。現地の川や雑木林などの利用状況、またそこにいる生物の生息状況などを調査する。事業計画が環境に著しく影響を及ぼすと判断した場合、それを回避するための提案も行う。

  • 環境コンサルタント

    環境保全活動などへの助言・指導を行う

    環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を持ち、その知識や経験に基づき市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対する助言や指導を行う。また、自治体の環境政策、企業の環境アセスメントなどをどうすすめればいいか考え、企画、調査、事業の管理を行うこともある。

  • ビオトープ管理士

    地域の生態系を守り、復元・創出

    ビオトープとは「地域の野生生物が生息・育成する空間」の意味。ビオトープ事業は、地域の自然生態系を守り、本来その地域にあった多様な自然を復元・創出する事業のこと。この考えに基づき行政、環境コンサルタントや土木、造園会社等で、知識、評価能力、技術を持って活躍する人をビオトープ管理士という。

  • 環境教育指導者

    学校教育現場で、自然に触れ合う機会を設けることによって環境について勉強できるよう指導する。

    小中学校などの総合的な学習の時間に、子どもたちに自然環境に触れさせ、「環境」について考えるきっかけを与える人が、環境教育指導者。年代に応じて、遊びながら自然と親しめるようなプログラムを考えたり、野遊びや川遊びなど、日頃最近の子どもたちがあまりしなくなった遊びを一緒になって楽しみ、自然を再発見してもらおうという狙い。教員を対象としたさまざまな環境教育指導者の研修やセミナーが実施されているが、必ずしも教師でなくても、総合的な学習の時間を一緒に指導する地域のボランティアなども数多く活躍している。

  • インタープリター

    自然公園施設やエコツアー、教育現場などで自然に触れ合う直接体験プログラムを行い自然環境教育を行う。

    インタープリターとは、もともとアメリカ国立公園局が行っている自然を理解し感じるための「インタープリテーション手法」を、日本の自然公園拠点などでの実践経験から日本の環境に合うようにして、自然環境への理解を深めてもらう人のこと。自然公園などのビジターセンターで情報提供やガイドをしたり、エコツアーなどの企画やネイチャーガイドをしたり、学校での総合的な学習の時間に、自然環境を体験する学習プログラムを提供したりする。

  • ネイチャーガイド

    トレッキングやカヌー体験、秘境ツアーなど、アウトドアフィールドで自然と親しむためのガイドをする。

    日本の全国各地で、その地域の自然環境を活かしながら、トレッキングやカヌー体験、秘境ツアーなどのアウトドア体験を企画し、ガイドする。旅行会社などと協力してツアーを組んだりもしている。個人ではなかなか入ることのできない場所へも、ガイドが安全を確保しながら自然や環境の説明もすることで、より自然の素晴らしさを体感してもらうというもの。ただし、まだガイドの質に大きなばらつきがあり、よりプロフェッショナルであるための研修制度や資格制度などを作るという動きもある。

初年度納入金:2017年度納入金 120万円 
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

自然を伝えるガイドとしての知識・技術はもちろん、環境を守るために必要な能力も身につけます
「自然ガイド」として自然の魅力を伝える知識・技術を身につけるのはもちろんのこと、自然環境を守り、次の世代に残していく保全の手法について学びます。また、地域の自然・文化・観光など特徴的な資源を新たな視点で見つけ出し、地域の発展につなげて環境保全に活かす方策について学びます。

カリキュラム

妙高の豊かな自然が学びのフィールド。自然から学び、自然を伝える野外授業重視のカリキュラム
机上で学ぶのはもちろんのこと、四季の変化に富んだ妙高だからこそ可能なフィールドでの授業が自然ガイドとしての実践力を確かなものにします。ガイド自身も自然に敏感であることが必要です。日々の生活の中でもわずかな自然の変化を肌で感じることができる妙高という地域自体が大きな学びの場です。

実習

自然について調べ、守り、管理し、伝えるプロセスをバランスよく学び、実践力を育みます
人と野生動物の共存を考えるための調査・保全活動や、森林管理のための技術習得、さらに地域の自然ガイドを養成する民間団体の事業などを実習として実施するなど、本校では仕事としての視点を持って経験できる実習機会が豊富にあります。卒業してからすぐに仕事ができるようになる幅広い実践力が身につきます。

卒業生

身につけた専門知識や資格を活かし、自然解説・環境保全・地域発展の各分野で活躍中
2013年卒業のSくんはトヨタ白川郷自然學校の職員として自然解説・体験プログラムの企画運営を通じ、地域発展にも貢献しています。2014年卒業のYくんは(株)エス・アイ・エイの自然環境調査員として、GIS(地理情報システム)を活用して野生動植物の調査を実施し、それを管理や保全のために活かしています。

資格

全国唯一の日本山岳ガイド協会の養成校だから、確実に資格が取得できる
「自然ガイド」は(公社)日本山岳ガイド協会が認定する業界標準の資格です。本校は自然ガイドになるために必要な知識・技術を身につけるカリキュラムで集中的に学び、卒業と同時に資格取得ができる養成校に認められています。

研修制度

日本・アメリカ・マレーシアで自然ガイド・エコツーリズムの実例を学び、国際感覚も身につける
国内では世界自然遺産等で展開されるエコツーリズムの実例を長期インターンシップ研修で学ぶほか、アメリカ・イエローストーン国立公園とマレーシア・ボルネオ島にて実施される海外研修において、自然ガイドやエコツーリズム、自然公園や野生動物保護管理の仕組みについて最先端の事例を学んで国際感覚も身につけます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • ネイチャーゲームリーダー

自然ガイド(日本山岳ガイド協会認定)
ウィルダネス・ファーストエイド(野外救急法)
プロジェクトワイルドエデュケーター
自然体験活動リーダー

目標とする資格

    • ビオトープ管理士 (2級計画管理士)

    生物分類技能検定3級 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    環境調査会社・教育団体 、 自然学校 、 各種ビジターセンター 、 ネイチャーセンター 、 環境NGO・NPO 、 旅行会社 ほか

※ 想定される活躍分野・業界

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒949-2219 新潟県妙高市原通70
TEL:0120-537-010(フリーコール)
E-mail:i-nac@nsg.gr.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
新潟県妙高市原通70 「関山」駅からタクシー4分

地図

 

路線案内


国際自然環境アウトドア専門学校(専修学校/新潟)