• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京フィルムセンター映画・俳優専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 映画俳優科(3年制)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウフィルムセンターエイガ・ハイユウセンモンガッコウ

映画俳優科(3年制)

募集人数:
72人

3年間で、夢を追う側から与える側へ!圧倒的な講師陣が本物の役者へ導く!!

学べる学問
  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • タレント・モデル

    キャラクターやビジュアルを生かしてテレビや雑誌などで活躍

    自分自身のキャラクターやビジュアルを生かして、TV、ラジオ、雑誌、広告などのメディアや各種イベントなどに登場し、活躍する。モデルは雑誌や広告、ファッションショーなどで、商品である服を着て魅力的に見せたり、制作者の意図に沿ったポーズや表情を演じたりする仕事。スタイルの維持などの努力が欠かせない。タレントは、バラエティーやクイズ番組に出演している司会者、リポーター、コメディアンなど。卓越した話術や個性が欠かせない仕事だ。モデル兼タレントとして活動するケースも多い。

  • 役者・俳優

    人物像を創って他者を演じる

    映画やTVや舞台などで、監督や演出家の求める人物像を自分の中に創りあげて演技する。才能と個性、演技力、集中力などが要求される。入団試験を受けて劇団に入団するか、オーディションを受けて芸能プロダクションに所属する。

  • スタントマン

    計算済みで捨て身の演技をする

    断崖絶壁から飛び降りたり、高層ビルの谷間をひょいと飛び越えたり……。映画やTVのアクションシーンを主役俳優などに代わって演技する。危険と背中合わせなので、鍛えた体と、鋭い反射神経の持ち主であることは欠かせない。芝居心も求められる。

  • ダンサー

    踊りを通して創作的な表現活動を行う

    自分の肉体を使って、リズムに合わせて、創作的な表現活動を行う。クラッシック、モダン、前衛舞踏のほかに、国や地域別の舞踏もあり、種類、技法は多様。鍛え上げた体とテクニックで観客を魅了する。舞台やTVの音楽番組などに出演。

  • ミュージカル俳優

    歌や踊りで役を演じる

    広い舞台の上で、音楽に合わせて歌い、踊る。確かな発声やリズム感はもちろん、歌い踊りながらステージをこなしていく体力も不可欠。また、出演するメンバーとのチームワークも欠かせない。

  • 演出家

    舞台・ドラマづくりの総監督

    舞台やドラマをどのようにつくり表現していくか、すべてのスタッフ、役者などにその意図を伝え、芝居を完成させていくのが仕事。コミュニケーション能力も問われる。テレビ会社や劇団、制作会社などに所属して、演出家を目指して修業を積むのが一般的。

  • 映画監督

    役者やスタッフを統率し映像作品に仕上げる

    どんな映画をつくりたいか、自分のイメージをもち、企画構成、シナリオから、演技、撮影、照明にいたるまであらゆる面において指揮をとり映画制作を完成させる責任者。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • 美術スタッフ

    場面に合わせた道具やセットを用意する

    映画やTV、舞台などで美術を担当する。その場面に合わせた室内などを作り上げたり、そのなかに置かれているあらゆる道具を用意するのも仕事。映画などでは時代考証に合わせた古いものを集めてきたり、または、同じようなものを作り上げる技術も必要。

  • 歌手・ボーカリスト

    歌で人を感動させる。めざすジャンルは様々。

    歌の基礎を学び、オーディションに応募して合格し、本格的なボーカルトレーニングを受けて、デビューとなる。素質や実力に加えて、運や時代感覚も必要。また、クラッシック、ジャズ、ロックなどどんなジャンルを専門にするかによってもそのプロセスはちがってくる。

初年度納入金:2017年度納入金 149万800円  (教材費等別途必要)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

あらゆる演技分野や舞台が学べる、4つの専攻
「俳優・女優専攻」「舞台・ミュージカル俳優専攻」「アクション俳優・スタントマン専攻」「演劇・舞台制作専攻」の4専攻を用意しています。津川雅彦名誉学校長をはじめ、映画・TVドラマ業界に精通した講師のもと、映像制作など実践重視の授業で、プロの世界で通用する演技力を身につけます。

カリキュラム

とにかく出演機会が多く、映像や舞台出演で養う演技力と技術力!!
3年制学科の特徴として、業界の技術と知識、そこにプラスして実践経験を積むことが可能。映像制作や舞台制作などを通じて、“いま”業界が必要とする現場力を身につけられます。役者だけではなく、裏方として作品を支える制作系の専攻もあり、制作実習を通じてリアルな本番を経験し、作品を残すことができます。

実習

業界主催のワークショップやオーディションを行う「俳優科実習」
本校では映画・演劇業界と提携し業界主催のワークショップやオーディションを行っています。その数は250社以上。オスカープロモーションの独自オーディションや演劇集団キャラメルボックスの成井豊先生演出の舞台公演など、実習を通じてデビューのチャンスも。在学中から所属先が決まり、業界で活躍できる環境もあります。

制度

プロと一緒にプロの現場で学ぶ「産学協同プロジェクト」
「産学協同プロジェクト」では、映画・テレビ業界からいただく年間250を超える課題をもとに、映画・ドラマ・PV・CM・舞台などに出演や制作参加ができます。例えば、「海外映画タイアッププロジェクト」「アニメ・CG映画プロジェクト」「声優音声収録プロジェクト」「円谷プロ造形制作プロジェクト」など多数あります。
入学時に選択した専攻以外の科目も受けられる「Wメジャーカリキュラム」
映画やテレビの業界への憧れはあるけれど…。まだ将来の目標ははっきり決められない…。 「Wメジャーカリキュラム」は、夢や目標の変化に応じて、入学時に選択した専攻以外の科目も受講可能な制度です。幅広く学び、あなただけの個性を磨くことで、将来の就職・デビューにもプラスになります。学費の追加は一切ありません。

研修制度

映画の本場ハリウッドで学ぶ「海外実学研修」
1年次には、ロサンゼルスにある提携校で約8日間にわたって行われる実学研修に全員が参加。「ニューヨーク・フィルム・アカデミー ハリウッド校」と、「ステラ・アドラー・アカデミー・オブ・アクティング&シアターズ」で、映画制作や演技を学べます。また、海外からも頻繁に講師を招き講義を行っています。

学べる学問

目指せる仕事

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒134-0088 東京都江戸川区西葛西3-14-9
0120-233-557(フリーダイヤル)
info@movie.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都江戸川区西葛西3-14-9 東京メトロ東西線「西葛西」駅から徒歩 2分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東京フィルムセンター映画・俳優専門学校(専修学校/東京)