• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 大阪女学院大学
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 橋内 かな子さん(国際・英語学部 国際・英語学科/カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク))

私立大学/大阪

オオサカジョガクインダイガク

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)  として働く  橋内 かな子さん  にインタビュー!

  • IT・コンピュータ業界
  • その他専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

入社1年目でプロジェクトの立ち上げを経験。これからもっと英語を使いたい!

この仕事の魅力・やりがい

DELLでクライアントテクニカルサポート担当として、PCの不具合からソフトウェアに関することまで、国内外問わずお客様のサポートをしています。人を助けられることがこの仕事の魅力のひとつです。大阪女学院大学で培った英語力と物怖じしないところを評価していただき、入社1年目にもかかわらず、英語対応チームのリーダーに抜擢されたり、イングリッシュプロジェクトの立ち上げや、HTMLを一から勉強して英語のイントラサイトを作るなど、様々な仕事を任せていただいています。チャレンジする場を豊富に与えていただけるこの職場で、日々やりがいを感じています。

カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)として働く橋内 かな子さん

成長につながるチャンスを存分に与えてくれる職場です

カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)として働く橋内 かな子さん
私の学生時代!

風通しの良い社風で上司とのコミュニケーションも円滑

私の学生時代!

やってみたいと思ったことは目標を決めてとにかく突っ走る!「特別派遣セメスタ留学」で奨学金を得て留学するために、審査基準のTOEIC(R)スコア800点をめざして猛勉強しました。留学中は想像以上にハイレベルな学習で毎日必死でしたが、帰国時には現地の先生からプレゼントとともにお褒めの言葉をいただき、充実した留学生活を締めくくることができました。また、2年次では大学のある玉造の商店街活性化をめざす、産官学連携プロジェクトに挑戦。各店舗とコラボしたカレンダー作りに参加しました。大学初の試みということもあって試行錯誤の連続でしたが、今もプロジェクトは続けられ、ドイツや日本で賞をいただけたことを嬉しく思います。

これからかなえたい夢・目標

どのような業務に就いてもスペシャリストをめざして!

これからかなえたい夢・目標

大企業なので、部署や職種もたくさんあります。いまはテクニカルサポートを担当していますが、さまざまなキャリアを積みたいと考えています。どんな仕事に就いても、「英語を使う」ということは譲れません!グローバル企業なので、現在も英語対応や上司とのコミュニケーションで英語を使っています。より良いものを作っていくために、他のチームの方とも関わりながら、英語でコミュニケーションを取る機会を増やし、さらに英語力を磨き続けていきたいです。また、後輩を指導する立場にもなり、配属チームが変わるなど、環境の変化もありますが、その中でも自分の強みをしっかりアピールしていくことが大切だと感じています。

プロフィール

橋内 かな子さん のプロフィール

デル株式会社 クライアントテクニカルサポート所属/国際・英語学部 国際・英語学科/2016年3月卒/高校時代にミスユニバースに出場する女性に魅了され、内面から滲み出る魅力に着目し、英語に興味を持つ。大学選びでは、大阪女学院大学学長の存在が大きかったという。地元・大阪に住みながら女子大で英語をしっかり学べるという条件を重視するなか、学長の経歴と人間性に憧れ、「この人の元で学びたいと思った」と当時を振り返る。また、「ハンサムな女性を育てる」という学長の言葉はとても印象に残っていると語ってくれた。現在は「自身の人生に対する満足度を上げることができるような仕事がしたい」と、スキルアップとともに現職に向き合う。

この先輩が卒業したのは…

大阪女学院大学 国際・英語学部 国際・英語学科

学校イメージ

「英語で」学ぶスタイル

国際社会の課題を題材にした授業で、「読む・聴く・話す・書く」という英語の4技能を養います。また、「日本語だけではなく英語でも「収集」→「分析」→「発表」という「PBL(Project-based Learning)」の手法を徹底した学びで、自ら考え、発信し、対話する力を身につけます。オリジナル教材をインストールしたタブレットPCを全面導入し、学生の個別学習もバックアップしています。英語科目の全授業は1クラス約25人の少人数制なので、先生と学生の距離が近く、気軽に質問できるほか、プレゼンテーションやディスカッションなど自分の考えを発信する機会が多いのも特長です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

大阪女学院大学(私立大学/大阪)