• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 愛知調理専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 調理専攻科

愛知県認可/専修学校/愛知

アイチチョウリセンモンガッコウ

調理専攻科

募集人数:
120人

1年次は4つのコースすべてを学び、2年次から1つにしぼって深く追究することで、それぞれの分野のプロを目指せます!

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

目指せる仕事
  • 調理師

    自分の作った料理でお客さまを笑顔にする

    味が良く、見た目に美しく、衛生的にも営業的にも優れた料理を作る職人。和、洋、中、イタリアン、すし、日本そば等、その分野は幅広い。技術だけでなく、盛り付けのセンス、新しい味を生み出す研究心も要求される。将来独立するなら経営的センスも必要。

  • シェフ

    料理人のトップにたって、厨房をしきる最高責任者

    ホテルやレストランなどの厨房は、さまざまな料理人が自分の持ち場をしっかりこなして料理を仕上げていく。そのすべてをしきり、段取りから最終の味覚チェックまでお客様に出すすべての料理に責任をもつ。シェフと呼ばれるまでには、さまざまな現場の経験と実績を積まなければならず、真の実力がないとなれない。

  • ソムリエ

    ワインと料理をコーディネートする

    生産地や、つくられた年代により変化するワインの味を熟知し、料理に合うワインを選ぶ手助けをする仕事。客の要望をよく聞き、保管する温度と湿度にも細心の注意を払い、一番おいしい状態になったワインをサービスするのがプロの技だ。ソムリエと名乗るためには試験が必要。

  • フードコーディネーター

    食まわりビジネスすべてに関わる仕事

    出版や広告の料理作りおよびスタイリング、店舗のメニュー開発、料理教室の運営、食器スタイリングなど仕事は幅広い。料理研究家とフードコーディネーターを兼ねるケースもあれば、食器の選択や盛付け、テーブルまわりのセットだけを行うケースもある。料理研究家やスタイリスト、カメラマン、編集者を手配し、ひとつのチームとして売り込むコーディネートの仕事もある。

  • クッキングアドバイザー

    製品のPRを兼ねた調理アドバイザー

    調理器具メーカーや食品メーカーに勤める営業の一種。製品の販売促進を目的として、調理方法のアドバイスや新製品の情報提供をする。デパートやスーパーなどで実演したり、実際にユーザーの家庭やグループを訪問して行う場合がある。経験を積んで、メーカー主催の料理教室の講師となったり、PR用のハンドブックの編集をするケースもある。

  • 料理研究家

    料理の解説をしたり、新しいレシピを考案する

    「健康によい」「短時間で作れる」「季節の食材を使って」など雑誌やTVで企画される料理のテーマに合わせたメニューを考案し、栄養面だけでない、料理のレシピや楽しみ方を提供する仕事。実際にお皿に盛り付けるまでやる場合もあるので、仕事範囲はその時々で微妙に変化する。また、スクールや講習会での講師や料理番組の解説をする場合もある。

  • テーブルコーディネーター

    食卓イメージの演出家

    レストランやホテルなどで使う食器のスタイリングやデザインを担当したり、料理ページなど、雑誌や広告で紹介する食器や関連雑誌などのスタイリングをする。フードコーディネーターが兼ねている場合も多い。さまざまな食様式を知った上で、オリジナルなスタイリングができる人材が求められている。

  • 和菓子職人

    見せるための技が求められる和菓子専門の職人

    和菓子を専門につくるお菓子職人。弟子入りからはじめるケースが多いので、一人前になるまで時間と努力が必要。和菓子は、なま物である上、細工が細かいものが多いので、デリケートに扱わなければならない。粉の練り方から、細い箸を使った飾りつけまで、職人の技が光る仕事。

  • パン職人

    おいしくて喜ばれるパンを作るために工夫する毎日

    ベーカリーやホテルなどで、パン作り専門のシェフとして活躍する。一般的にベーカリーの場合は、朝4時に仕込み、夕方6時くらいまで営業するケースが多く、一日の勤務時間は長い。また、お客様に喜んでもらえる、売れるパンをつくるためには、日々、研究を重ね、おいしくて、オリジナリティのあるパンを開発しなければならない。

  • パティシエ(洋菓子職人)

    洋菓子店やレストランの洋菓子専門シェフ

    洋菓子だけを専門につくるシェフ。ケーキ、ムース、ババロア、クッキーなど洋菓子とひと言で片付けられないほど、幅広いメニューをつくり出す。店舗でお菓子作りをするだけでなく各種コンテストに出場したり、講習会の講師としても活躍するケースがある。

初年度納入金:2018年度納入金 133万円  (別途教材費約15万円~16万円必要)
年限:2年制

学科の特長

カリキュラム

1年次は基礎、2年次には、専攻別に1つの分野を選んで追究する「調理専攻科」
どの分野に進もうか悩んでいる人も少なくないはず。そこで1年次にはそれぞれの分野の基礎をしっかり学び感覚をつかんだ後、2年次に西洋料理・日本料理・中国料理・カフェスイーツのコースから選択し、専門的なスキルをつけていきます。
ワンランク上の調理師になるための特別講習も充実
夏期や冬期に、ウェディングケーキ、フルーツカービングをはじめ、すっぽんなど特殊な素材を使った料理、スペイン料理やベトナム料理などの各国料理、料理の盛りつけといった演出法などを学ぶ「特別講習」を行います。講師は第一線で活躍するプロのため、より幅広い知識を身につけることができます。

施設・設備

各分野によって調理環境が違う!それを知るための実習室を完備
西洋料理には西洋料理に適した実習室や、4万キロカロリーの中華レンジを設置し、現場に即した造りの中華実習室など、各分野に特化した専門実習室で、卒業後(就職先)の現場で活きる技術を身につけることができます。また、レストランを再現したレストラン実習室や120人が一度に学べる階段教室もあります。

雰囲気

「パティシエクラブ」や「愛★調理クラブ」などのクラブ活動も楽しい!
お菓子作りが大好きなメンバーが集まったサークル「パティシエクラブ」では、毎月様々なお菓子作りに挑戦しながら技を磨けます。また、「愛★調理クラブ」は、特別な調理実習や西洋料理・中国料理・日本料理など、各店での食事会を開催しています。授業以外でも好きなことにとことん打ち込める雰囲気が魅力です。

制度

就職は個人面談など、一人ひとりに合った就職先をアドバイス
進路や就職先を選ぶとき、たくさんの不安や迷いは誰にだってあります。そこで、業界・就職先の特徴などを知っている先生が学生一人ひとりに合った就職先をアドバイス。的確なアドバイスで、それぞれの個性を発揮できる就職先へと導きます。

研修制度

2年次には、学ぶコース別に海外での研修などを実施
2年次にはコース別に研修を実施。西洋料理コースは、イタリア、フランスの学校で本場の料理を勉強。材料は自分たちでマルシェ(市場)で買い出しをするなど、食材選びから体験。中国料理コースは上海で本格的な中国料理に触れ、日本料理コースは京都で高級懐石料理や、ゆば・和菓子作りを体験します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 調理師<国>

調理師養成施設助手任用資格
食品技術管理専門士登録資格

受験資格が得られる資格

  • レストランサービス技能士<国> (3級) 、
  • 専門調理師・調理技能士<国> (学科免除)

食育インストラクター

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    名古屋東急ホテル 、 ホテルグランコート名古屋 、 名古屋観光ホテル 、 ムッシュイトウ 、 壺中天 、 ベストプランニング 、 ひらまつ 、 京都 吉兆 、 なだ万 、 人形町今半 ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒462-0809 名古屋市北区上飯田西町3-46
TEL052-981-2773
acc@aichou.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県名古屋市北区上飯田西町3-46 「上飯田」駅から1番出口を出て徒歩 1分

地図

 

路線案内


愛知調理専門学校(専修学校/愛知)