• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 大学・短大を探す
  • 四條畷学園大学
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • リハビリテーション学部
  • 作業療法学専攻

私立大学/大阪

シジョウナワテガクエンダイガク

作業療法学専攻

募集人数:
40人

平成28年3月卒業生の国家試験合格率100%!(合格者数15名、全国平均87.6%) リハビリの専門家、作業療法士を目指す!

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

目指せる仕事
  • 作業療法士

    さまざまな作業を通して、高齢者や障がい者の社会適応力を育てる“リハビリの専門家”

    工芸、手芸、園芸、絵画、玩具操作などの作業技法を使って、病後や障害の機能回復や日常生活動作の維持や改善を図る仕事。生活場面での応用的な動作能力にとどまらず、精神的・心理的な安定を目的としているところが、理学療法士と違うところ。また、作業療法は職業準備訓練という目標をもつ。

初年度納入金:2017年度納入金(予定) 190万3100円  (入学金30万円、授業料134万円、実習関係費など24万円、その他2万3100円〈テキスト代除く〉)

学科の特長

学ぶ内容

自立を支援できる作業療法士をめざして、大学ならではの学びで広い視野を育み、人間性を磨く
心や身体に障害をもつ人々が「身辺動作・仕事・遊び」を(再)獲得できるよう、力強くサポートするための作業療法の知識と技術を修得。さらに大学ならではの豊かな学びを通して、医療人としての資質を育み、人間性を磨いて、「その人らしい生活の実現」まで手助けできる広い視野を備えた作業療法士をめざします

授業

人体の構造と多彩な機能との関係を解明する「解剖学」で、学びの専門性を深める!
本学部では作業療法学・理学療法学の各専攻ともに、専任教授の比率が高く、例えば人体の基本的構造を学ぶ「解剖学」でもトップクラスの教授陣が高度な授業を展開。運動に関与する骨、関節、筋、神経はもちろん、循環、呼吸、泌尿、生殖、感覚など、リハビリテーションの専門家に欠かせない知識をしっかり学びます

実習

「日常生活技術学実習」をはじめ、自らの体験を通じて実践的な援助技術を習得する
多様な生活に触れ、理解することで、さらに高い効果が見込める作業療法が行えます。そこで本専攻では様々な実習を用意。「日常生活技術学実習」では、日常生活に必要な動作の工夫や用具の使い方を体験的に学習。「福祉用具論演習」では立てない人が車椅子に乗る方法などを、介助される人・する人の双方から体験します

卒業生

自宅に帰った後の生活を見通してケアできる作業療法士に!(河北麻衣さん、2011年卒業)
リハビリテーションといえば「歩く練習」が頭に浮かび、理学療法をイメージしていました。進学を考えるうちに精神医療の分野にも関わり「自宅に帰った後の生活」を対象とする作業療法を知り、進路を決定!四條畷学園の魅力は1年時から実習を経験できること。私自身、実習に行くことで作業療法士になる意志が固まりました。

資格

集中講座や模擬試験で実力アップ!国家試験合格率100%(合格者15名、2016年3月卒業生実績)
4年次の5月から国家試験直前まで、80時間以上の集中講座を開講。本学オリジナルの講義で、基礎医学から臨床医学に至る国家試験の全ての範囲について教員が指導します。さらに、臨床実習が終了した10月以降、定期的に模擬試験を実施。早期に学生個人の能力を把握し、苦手分野の克服に努めることで合格へと導きます。

施設・設備

実習重視の学びを実現する最新設備を完備。全国トップレベルの充実した実習環境が実践力を養成
リハビリテーションの現場で即戦力となれる技能の習得をめざす本学部では、各実習室に最新設備を完備。筋力測定装置や3次元動作分析装置、筋電図や呼吸循環機能の計測装置を備えた評価実習室は、全国トップレベルの充実ぶり。義肢装具学実習室や運動療法学実習室、日常生活活動実習室、基礎医学実習室なども設置しています

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 障がい者スポーツ指導員 (初級)

受験資格が得られる資格

  • 作業療法士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    大阪大学医学部附属病院 、 大阪府立急性期・総合医療センター 、 星ヶ丘医療センター 、 奈良県立医科大学附属病院 、 和歌山県福祉事業団 、 愛仁会リハビリテーション病院 、 尼崎中央病院 、 協和会病院 、 角谷リハビリテーション病院 、 畷生会脳神経外科病院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒574-0011 大阪府大東市北条5丁目11番10号
フリーダイヤル:0120-86-7810(入試広報室)
nyushika@reha.shijonawate-gakuen.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
北条キャンパス(リハビリテーション学部) : 大阪府大東市北条5丁目11番10号 JR学研都市線「四条畷」駅から徒歩 13分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

四條畷学園大学(私立大学/大阪)